Gnee Steel Co., Ltd. は、中国の大手ステンレス鋼メーカーです。 ステンレス鋼管、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼板、ステンレス鋼管継手、ステンレス形鋼を製造します。
  1. ホーム >
  2. を検索

を検索

企業情報 109 結果
ステンレス鋼 ステンレス鋼

ステンレス鋼は、質量比で 10.5% 以上のクロムを含む合金鋼で、優れた耐食性と耐高温性で知られています。 ステンレス鋼のクロムは、空気中に薄い酸化クロムの層を形成して表面に付着し、腐食を防ぐ役割を果たし、錆びにくくするため、「ステンレス鋼」と呼ばれています。

ステンレススチールコイル ステンレススチールコイル

ステンレス鋼コイルは、さまざまな産業分野でのさまざまな金属製品や機械製品の工業生産のニーズを満たすために製造される、主に細長い鋼板であるステンレス鋼で作られたコイル状の製品です。 ジーニーは、ステンレス鉄の大手代理店として、300系ステンレス鋼コイル、400系ステンレス鋼コイル、二相ステンレス鋼コイルなどのステンレス鋼コイル製品を取り揃え、お客様の多様なニーズにお応えいたします。

300シリーズステンレス鋼コイル 300シリーズステンレス鋼コイル

当社は主に300シリーズのステンレス鋼コイルを取り扱っており、代表的な301、304、316、321などのステンレス鋼コイルは建築、化学工業、食品加工、航空宇宙などの分野で幅広く使用されております。 Gnee は、高品質の製品、信頼性の高い配送、優れた顧客サービスで知られる国内大手サプライヤーとして、顧客のニーズに応え、長期的な関係を構築することに尽力しています。 当社を選択してください。お客様のエンジニアリングおよびビジネスのニーズを満たす高品質のステンレス鋼コイルを提供します。

ステンレス鋼板 ステンレス鋼板

ステンレス鋼板は、さまざまな用途に使用される現代的で汎用性の高い金属材料です。 一般的な用途には、建設、製造プロジェクト、食品加工、造船、化学装置、海洋保護などが含まれます。また、優れた靭性、強化された耐食性、滑らかな表面、および長寿命という特徴もあります。 だからこそ、世界中の多くの顧客に人気があるのです。 当社のステンレス金属プレートの在庫には、304、316、430 などの一般的なサイズ、厚さ、仕上げ、グレードが用意されています。詳細については、今すぐお問い合わせください。

ステンレス鋼管 ステンレス鋼管

ステンレス鋼管は中空で長い丸い鋼片で、石油、化学、医療、食品、軽工業などの分野で広く使用されています。 国民経済においてさまざまな用途があり、鉄鋼業界でも重要な製品です。 このパイプの製造に使用される最も一般的な 201 つの材料は、304 と XNUMX です。

ステンレス鋼管継手 ステンレス鋼管継手

ステンレス鋼管 継手は耐食性、耐高温性に優れているためあらゆる業界で広く使用されています。

ステンレス鋼の四角い管 ステンレス鋼の四角い管

断面が四角いステンレス鋼の管状製品をステンレス角管といいます。 工業生産において多用される素材の一つで、通常はステンレス鋼板を切断、かしめ、溶接等により形成します。

ステンレス鋼シームレスパイプ ステンレス鋼シームレスパイプ

シームレスステンレス鋼で作られた鋼管は、酸、アルカリ、塩などの化学的に攻撃的な媒体や、空気、蒸気、水などの弱い腐食性媒体に対して耐性があります。 ステンレス耐酸鋼管とも呼ばれます。 これは、鋼中に存在する合金成分により腐食に耐える中空の長い丸い鋼です。

304ステンレスシームレスパイプ 304ステンレスシームレスパイプ

長尺鋼管の一種で、断面が中空で全周に接続部がないものをステンレス鋼継目無鋼管(シームレス鋼管、耐酸ステンレス鋼管ともいいます)といいます。 一般的なステンレス鋼 304 は、430 ステンレス鋼よりも耐食性が高く、316 ステンレス鋼よりも安価です。 そのため、原子力、一般化学装置、食品製造装置などに多く使用されています。 シームレス加工技術により製造された304ステンレス鋼継目無パイプは内外径が正確で、溶接部がありません。

ステンレス模様プレート ステンレス模様プレート

ステンレス鋼のパターンプレートは非常に魅力的で柔軟な素材であり、見た目も良く、非常に優れた性能を発揮します。 床、階段、壁紙、スプラッシュバック、店舗備品、キャビン、エレベーター、建物などに使用できます。その理由は、その隆起したデザインに滑り止め機能と美的魅力の両方が組み込まれており、プロジェクトに特別なスタイルを追加できるからです。 さらに、耐久性、耐腐食性があり、取り付けも簡単です。 Gnee Group では、さまざまなデザイン、仕様、および 304、304L、316、316L、321 などの人気グレードのステンレス模様プレートを豊富に取り揃えています。詳細については、お気軽にお問い合わせください。

301 ステンレス鋼パターン プレート 301 ステンレス鋼パターン プレート

301ステンレス鋼パターンプレートは、滑り止め性能と美観を高めるために表面に凹凸パターンを備えた金属の一種です。 これは、優れた装飾性と実用性を兼ね備えており、建設、家庭および園芸、輸送、鉄道交通、製造、機械などの多くの業界で使用できます。これまでに、301、304、316、および 321 などのさまざまなグレードのステンレス鋼パターン プレートが開発されています。グニー工場で製造された XNUMX は、顧客の多様なプロジェクトに対応するために多くの国に輸出されています。 高品質かつ手頃な価格で当社から購入することを歓迎します。

400シリーズステンレス鋼コイル 400シリーズステンレス鋼コイル

当社では、400シリーズのステンレス鋼コイルを中心に、409、410、420、430などの一般的なモデルを取り扱っております。これらのステンレス鋼コイルは、建築、厨房機器、化学工業、自動車、医療機器などの分野で幅広く使用されております。 Gnee は、高品質の製品、信頼性の高い配送、優れた顧客サービスで知られる国内大手サプライヤーとして、顧客のニーズに応え、長期的な関係を構築することに尽力しています。 この点に関してご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス鋼クラッドプレート ステンレス鋼クラッドプレート

ステンレス鋼クラッド板は、ステンレス鋼に炭素鋼や低合金鋼を接合した高効率でコストパフォーマンスの高いクラッド材です。 この接合はカーボンメタルの必要な強度を継承するだけでなく、ステンレス鋼の耐食性や耐熱性も継承しており、大きな経済的メリットをもたらします。 そのため、船舶、貯蔵タンク、橋梁、温水タンク、プロセスプラントなどの製造に広く使用されています。Gnee Steel では、高品質のステンレス鋼クラッドプレートを販売用に在庫しています。 詳細については、ぜひご相談ください。

309ステンレスシームレスパイプ 309ステンレスシームレスパイプ

長尺鋼管の一種で、断面が中空で全周に接続部がないものをステンレス鋼継目無鋼管(シームレス鋼管、耐酸ステンレス鋼管ともいいます)といいます。 309 ステンレス鋼シームレス パイプはクロムとニッケルの含有量が高く、優れた耐水腐食性を備えており、高温用途で頻繁に使用されます。

301ステンレス鋼コイル 301ステンレス鋼コイル

301 ステンレス鋼コイルは、高強度、耐食性のクロムニッケル基合金コイル製品で、冷間加工で硬化でき、優れた耐食性と溶接性能を備え、航空機部品などのさまざまな要求の厳しい用途に適しています。 、建築装飾、自動車装飾、その他の分野。

304 ステンレス鋼パターン プレート 304 ステンレス鋼パターン プレート

304 ステンレス鋼のパターン プレートは、トラクションを向上させるための隆起またはエンボス加工されたパターンを除き、標準の 304 ステンレス鋼シートと同じ特性を備えています。 この特徴により、摩擦を増加させ、保護を提供するために、工業、商業、装飾、個人の分野などで広く使用されています。 Gnee Steel は現在、顧客の特定の要件を満たすために、さまざまなグレード、サイズ、厚さの高品質 SS パターン プレートを在庫しています。 今すぐお問い合わせください。

304ステンレス鋼コイル 304ステンレス鋼コイル

304 ステンレス鋼コイル は、低炭素、モリブデン含有オーステナイト系ステンレス鋼コイル製品です。高温耐性、優れた加工性能、優れた靭性などの利点があります。ステンレス鋼の中でも一般的な鋼材です。家庭装飾、食品、医療、産業業界で広く使用されています。

316 ステンレス鋼パターン プレート 316 ステンレス鋼パターン プレート

316ステンレス模様板とは、316等級のステンレス鋼板の一種で、表面に凹凸模様を施したものを指します。 これらの見事なパターンデザインは立体感を生み出し、芸術的価値を生み出し、さまざまな用途に広く使用されています。 これには、建築プロジェクト、住宅改修、展示品、家具、エレベーターの内装、キッチンキャビネット、壁パネルなどが含まれます。Gnee Steel では、3 および 316L ステンレス鋼の模様付きプレートを販売しており、一般的な模様、サイズ、厚さで入手できます。 詳細については、今すぐお電話ください。

316ステンレス鋼コイル 316ステンレス鋼コイル

316 ステンレス鋼コイル材は、オーステナイト系クロムニッケルステンレス鋼で、優れた溶接性と加工性により、さまざまな形状やサイズの製品に加工しやすく、高耐食用途のさまざまな要件に適した信頼性と耐久性のある材料です。 この分野でニーズがある場合は、お気軽にお問い合わせください。最も専門的なアドバイス、最適な製品、最高のサービスを提供します。

321 ステンレス鋼パターン プレート 321 ステンレス鋼パターン プレート

321 ステンレス鋼のパターン プレートは、強力な耐食性、エレガントな表面、優れた強度、優れた成形性、優れた滑り止め性能を備えています。したがって、石油とガスのパイプライン、石油化学と化学処理、航空宇宙、産業、さらには建築コンポーネントなどの幅広い用途に最適です。 321 はその多用途性により、 ステンレス鋼の模様のプレート 世界中で頼りになる素材になります。

321ステンレス鋼コイル 321ステンレス鋼コイル

321ステンレス鋼は、チタンを含有し、高温耐食性に優れた安定したオーステナイト系ステンレス鋼です。 これから製造される321ステンレス鋼コイルは、高温耐性、耐食性、溶接の容易さ、成形の容易さ、外観の美しさなど、多くの優れた特性を備えています。 航空宇宙、化学、石油、食品加工、その他の産業で広く使用されています。 この分野で何かご要望がございましたら、お気軽にご相談ください!

304 ステンレス鋼角管 304 ステンレス鋼角管

「角パイプ」とは、辺の長さが等しい鋼管を指します。 プロセスによってストリップコイリングが行われます。 通常、ストリップは開梱され、平らにされ、コイル状に巻かれ、溶接されて丸管が製造され、丸管から角管に巻かれた後、必要な長さに切断されます。 304ステンレス鋼角パイプは角管の一種です。

316Lステンレス角管 316Lステンレス角管

「角パイプ」とは、辺の長さが等しい鋼管を指します。 プロセスによってストリップコイリングが行われます。 通常、ストリップは開梱され、平らにされ、コイル状に巻かれ、溶接されて丸管が製造され、丸管から角管に巻かれた後、必要な長さに切断されます。 316Lステンレス角管は角管の一種で、極低炭素鋼板316ステンレス鋼とも呼ばれます。

321 ステンレス鋼角管 321 ステンレス鋼角管

辺の長さが等しい鋼管を「角管」と呼びます。 321ステンレス角管とは何ですか? 321ステンレス鋼、チタンで安定化させた全体的な耐食性に優れたオーステナイト系ステンレス鋼で作られた角パイプです。

316Lステンレス鋼シームレスパイプ 316Lステンレス鋼シームレスパイプ

長尺鋼管の一種で、断面が中空で全周に接続部がないものをステンレス鋼継目無鋼管(シームレス鋼管、耐酸ステンレス鋼管ともいいます)といいます。 オーステナイト系ステンレス鋼は、316Lステンレス鋼継目無鋼管です。 周囲の継ぎ目のない、円形、正方形、または長方形の断面を持つ中空の鋼材です。 Moの存在により耐食性が向上します。

310ステンレスシームレスパイプ 310ステンレスシームレスパイプ

オーステナイト系ステンレス鋼 310/310S 合金は、ニッケルとクロムの含有量が非常に高く、耐熱性があるため、低温で頻繁に使用されます。 非常に堅牢で溶接可能です。 延性に優れているため、さまざまな用途に適しています。 グレード 310 ステンレス鋼パイプは、他の材質クラスに比べて腐食がほとんどなく、高温でも優れた性能を発揮します。

三方四方管継手 三方四方管継手

ステンレス鋼ティーおよびクロスパイプ継手は、ステンレス鋼管継手の一種です。 ステンレス鋼製の接続管継手は、耐食性、耐高温性、高強度の特性を備えています。 化学、石油などの分野で広く使用されています。

ステンレス製エルボ ステンレス製エルボ

ステンレス鋼エルボは、パイプシステム用のステンレス鋼で作られた一種のパイプ接続継手で、通常45度、90度、180度、およびその他の角度で、パイプの流れの方向または方向を変更するために使用されます。

ステンレス鋼製レデューシングティー ステンレス鋼製レデューシングティー

ステンレス鋼ティー管継手、ステンレス鋼ティーとも呼ばれます。 ステンレス鋼管 継手は、90 度で接続された 90 本のパイプまたはパイプを指します。 XNUMX本のパイプをXNUMX度に接続するパイプアセンブリで、横から見ると「T」の字に見えることから「Tシャツ」とも呼ばれます。

4方ボールバルブ ステンレス鋼 4方ボールバルブ ステンレス鋼

四方ボールバルブステンレス鋼とは、ステンレス鋼製の配管接続要素を指します。

ステンレス穴あきプレート ステンレス穴あきプレート

ステンレス鋼の穴あきプレートは、ステンレス鋼の丸穴プレートとも呼ばれ、機械的に打ち抜き、打ち抜き、または切断された板金です。 ステンレス鋼板s.この方法は、実用的または美的目的のために、さまざまな穴のサイズ、形状、またはパターンを作成するのに理想的です。そのため、HVAC プロジェクト (暖房、換気、空調)、内部および外部被覆、消音、遮蔽、構造支持、家具などに広く使用されています。 Gnee 穴あきステンレス鋼プレートは、さまざまな穴の形状、ピッチ、サイズ、グレードで入手できます。ご興味がございましたら、詳細についてお問い合わせください。

ステンレス波板 ステンレス波板

ステンレス鋼波形プレートは、ステンレス鋼プロファイルプレートとも呼ばれ、ステンレス鋼プレート上でさまざまな波形プロファイルに圧延および冷間曲げされた金属シートです。 優れた耐食性、優れた耐久性、ユニークなデザイン、柔軟な手頃な価格、軽量、迅速な設置、簡単なメンテナンスという特徴があります。 したがって、建設、商業、住宅、機械、化学、輸送、農業などで広く使用されています。詳細または注文については、すぐに Gnee ステンレス鋼供給社にお問い合わせください。

ステンレス中厚板 ステンレス中厚板

一般的にステンレス中厚板を指します。 ステンレス鋼板 厚さは4〜25mmです。熱間圧延または冷間圧延で製造されることが多く、靭性が高く、耐食性に優れ、加工性も良好です。これは、鉄鋼構造物、圧力容器、造船、自動車工学、海洋プロジェクトなどを含むさまざまな用途に対応する完璧なソリューションを提供します。Gnee Steel は、321、347、410、および 904L グレードの高級ステンレス鋼中厚板を提供しています。ご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください。

二相ステンレス鋼コイル 二相ステンレス鋼コイル

二相ステンレス鋼は、オーステナイト相とフェライト相からなる特殊な構造のステンレス鋼材料です。 石油化学、海水処理、化学処理などの分野で幅広く使用されています。 ステンレス鋼の大手サプライヤーとして、Gnee は高品質の製品、信頼性の高い納期、優れた顧客サービスで定評があります。 必要な場合は、お問い合わせください。

ステンレス鋼溶接管 ステンレス鋼溶接管

ステンレス鋼溶接管とは何ですか?ユニットと金型によってコイル状に巻かれて成形された後、溶接管としても知られるステンレス鋼溶接管は、鋼または鋼帯で作られた鋼管に溶接されることがよくあります。中空ストリップリングの一種です ステンレス鋼板 原油、化学プラント、医療診断と治療、食品、軽工業、家具製造、造園工学などのプロジェクトで頻繁に使用されます。

ステンレス伸線板 ステンレス伸線板

ステンレス伸線プレートは、表面に線のスタイルを追加するシートの一種です。 この加工により、ステンレス板の表面の傷が消えるだけでなく、鏡のような金属光沢がなく、高級感のあるマットな質感が得られます。 そのため、エレベーターのドアパネル、3C デジタル製品、ロゴの壁、家電製品などを含む装飾や軽工業での応用が多くなっています。Gnee Steel は現在、ブラックチタンブラッシュステンレス鋼プレートとステンレス鋼インク描画プレートの両方を在庫しており、販売を待っています。あなたからのお問い合わせを受け付けます!

異形ステンレス鋼管 異形ステンレス鋼管

異形ステンレス鋼管とは? 溶接異形管や継目無異形管など、従来のステンレス鋼管とは断面形状が異なるステンレス鋼管の総称をステンレス異形鋼管といいます。 ステンレス鋼の特殊形状チューブは、その組成上、通常 304、304L、316L などのステンレス鋼で作られています。 これは、さまざまな機械部品、工具部品、構造部品に頻繁に利用されます。

347 ステンレス鋼角管 347 ステンレス鋼角管

ステンレス347とは何ですか? コルタンとタンタルが含まれているため、347 ステンレス鋼は安定した合金です。 炭化クロム析出の分野では、粒界腐食に耐性があり、高温 (800 ~ 1500°F) での動作寿命が長くなります。 高いクリープ特性や応力破断特性などの優れた機械的特徴を備えています。

エルボシリーズ管継手 エルボシリーズ管継手

エルボシリーズ管継手は、配管の接続方向を変えるために使用される接続管継手で、通常はステンレス鋼製で、耐食性、耐高温性などに優れています。

ステンレスヘッド楕円形 ステンレスヘッド楕円形

本稿では、ステンレスヘッドオーバルの特徴と用途について詳しく説明し、ステンレスヘッドオーバルの優れた性能と用途を示します。

310 ステンレス鋼クラッド プレート 310 ステンレス鋼クラッド プレート

310 ステンレス鋼クラッド プレートは、炭素鋼とステンレス鋼の完璧な組み合わせです。 ステンレス鋼の耐食性を保持するだけでなく、炭素鋼の優れた機械的性質や加工性も併せ持ち、低コストかつ高性能の効果を実現します。 また、グレード310の優れた耐熱性と耐食性により、このプレートはエンジニアリング、建設、製造、石油・ガス、化学、食品加工業界などで広く使用されています。この材料をお探しの場合は、お気軽にお問い合わせください。さらなる議論。

316 ステンレス鋼クラッド プレート 316 ステンレス鋼クラッド プレート

316ステンレス鋼クラッド板は、炭素鋼とステンレス鋼の利点を最大限に発揮する新しいタイプの金属構造材料です。 炭素鋼の優れた強度、靱性、加工性を確保しつつ、ステンレス鋼のある程度の耐食性、耐酸化性、耐摩耗性も兼ね備えています。 そのため、建設、繊維、石油、自動車、エネルギー、製紙、3Dプリンティング、公共施設などのさまざまな分野に適しています。 必要な場合は、詳細についてお問い合わせください。

304 ステンレス鋼溶接パイプ 304 ステンレス鋼溶接パイプ

パイプの接合には、プラズマ溶接、アルゴンアーク溶接、サブマージアーク溶接、光速溶接、高周波溶接などが使用されます。 304ステンレス鋼は代表的なステンレス鋼であり、304ステンレス鋼溶接管は304ステンレス鋼で製造された溶接管の一種です。

347 ステンレス鋼クラッド プレート 347 ステンレス鋼クラッド プレート

347ステンレス鋼クラッド板は、炭素鋼ベースとステンレス鋼クラッドからなる複合板です。 ステンレス鋼の耐食性、耐摩耗性、装飾性と、炭素鋼の優れた機械的強度、加工性、低コストを兼ね備えています。 したがって、鉱業、製造、発電、建設、輸送、その他の高温用途で広く使用されています。 Gnee Steel は現在、さまざまなサイズ、寸法、厚さ、形状の 347 および 347H ステンレス鋼複合プレートを在庫しています。 必要な場合はご連絡ください。

409ステンレス鋼コイル 409ステンレス鋼コイル

409ステンレス鋼コイルは、鉄、クロム、チタンなどから構成される特殊なステンレス鋼材で、耐食性、機械的性質、成形性に優れています。 自動車製造、石油化学産業、環境保全設備など幅広い分野で使用されており、総合的な機能と高いコストパフォーマンスを備えたステンレス製品です。 Gnee は、鉄鋼のトップサプライヤーとして、高品質の製品と優れたサービスを提供します。お気軽にお問い合わせください。

ステンレスベンドパイプ ステンレスベンドパイプ

ステンレスベンドパイプは、耐食性、耐高温、耐高圧性に優れたステンレス鋼製の管です。

ステンレス製異形フランジ ステンレス製異形フランジ

ステンレス鋼プロファイルフランジチューブは、さまざまな産業用途で使用される特殊なタイプのパイプ継手です。 パイプのセクションを結合または結合して、安全で漏れのない接続を提供するように設計されています。

316L ステンレス鋼溶接パイプ 316L ステンレス鋼溶接パイプ

316L ステンレス鋼溶接管は 316L ステンレス鋼材料を使用して作られた溶接管であり、316L ステンレス鋼は 316 ステンレス鋼の低炭素バージョンです。

309Sステンレス鋼溶接管 309Sステンレス鋼溶接管

309Sステンレスとは何ですか? 309Sステンレス鋼溶接管は、クロム(Cr)、ニッケル(Ni)成分を多く含み、高温耐食性、耐酸化性に優れた高合金ステンレス鋼である309Sステンレス鋼材を使用した溶接管です。

310Sステンレス鋼溶接管 310Sステンレス鋼溶接管

310S ステンレス鋼管は、25Cr20Ni 系に属する高合金ステンレス鋼です。 310ステンレススチールバージョンです。 文字 S は特殊用途を表します。 国家規格は 0Cr25Ni20 ですが、アメリカ規格は 310S であり、どちらも高温耐性の炉管の製造に広く使用されています。

パイプエンドキャップ ステンレス鋼 パイプエンドキャップ ステンレス鋼

ステンレス製のパイプエンドキャップは丸みを帯びた形状でパイプの先端にフィットします。 パイプの端を確実に密閉し、水や漏れを防ぐために、パイプにねじ込み、溶接、または圧力ロックすることができます。

ステンレス楕円パイプ ステンレス楕円パイプ

ステンレス鋼管には一般的なものに加え、扇形、三角形、谷形、楕円形などの特殊な形状のステンレス鋼管が存在します。 ステンレス鋼の楕円管が最も普及しており、ステンレス鋼のプロジェクトでよく使用されます。 楕円形の断面を持つステンレス鋼のパイプで、多くの場合、ステンレス鋼のストリップを機械加工し、溶接して構成されています。

ステンレス鋼溝付管 ステンレス鋼溝付管

ステンレス鋼製溝管は、 ステンレス鋼管 溝の形状、通常は長方形、正方形、または楕円形の断面を持ち、その表面には溝またはくぼみの特徴があり、特定の用途環境では独特になります。ステンレス鋼溝管、溝付きステンレス鋼管、または溝付きステンレス鋼管としても知られ、装飾、構造、工業用途で広く使用されています。

304 ステンレス鋼楕円パイプ 304 ステンレス鋼楕円パイプ

304ステンレス鋼の楕円パイプは、 ステンレス鋼管 楕円形の断面を持つ。楕円管は、一般的な円管よりも独特の外観と絶妙なラインを備えているため、一部の装飾、構造、工業業界で頻繁に使用されています。

310 ステンレス鋼の溝付きチューブ 310 ステンレス鋼の溝付きチューブ

310ステンレス鋼とは一体何ですか?ステンレス鋼製溝管は、 ステンレス鋼管 通常、パイプの長さに沿って配置された方向に溝のある断面を備えているため、溝付きパイプという用語が付けられています。 310 ステンレス鋼溝管は、310 ステンレス鋼で作られた特殊な形状のステンレス鋼管です。

420ステンレス鋼コイル 420ステンレス鋼コイル

420 ステンレス鋼コイルは、優れた硬度、強度、耐摩耗性を備えた高炭素高クロムステンレス鋼です。 主な用途には、ナイフ、医療機器、装飾品、産業機器などの製造が含まれます。 Gnee Steel Groupはステンレス鋼の専門サプライヤーであり、高品質のステンレス鋼コイルやその他の鋼製品を提供しています。このようなご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

430ステンレス鋼コイル 430ステンレス鋼コイル

430 ステンレス鋼コイル 鉄クロム合金ステンレス鋼コイル材料の一種で、磁性があり、耐熱性が高く、表面が滑らかで、加工が簡単です。経済的で実用的なステンレス素材です。必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。Gnee はいつでもお手伝いいたします。

2205ステンレス鋼コイル 2205ステンレス鋼コイル

2205 ステンレス鋼コイルは、耐食性、強度、靱性に優れた二相ステンレス鋼材です。 化学工業、海洋、エネルギー、建設などの分野で広く使用されています。 ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Gnee はいつでもお手伝いいたします。

410ステンレス鋼コイル 410ステンレス鋼コイル

410ステンレス鋼コイルは、400シリーズステンレス鋼コイルの代表的なものの410つであり、工業製造、建築装飾、自動車産業、化学機器、医療機器などの分野で広く使用されています。 XNUMX ステンレス鋼コイルまたはその他のステンレス鋼製品が必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。Gnee は最も専門的なアドバイス、最適な製品、最高のサービスを提供します。

2507ステンレス鋼コイル 2507ステンレス鋼コイル

2507 ステンレス鋼コイルは、オーステナイト系ステンレス鋼とフェライト系ステンレス鋼の特性を組み合わせた鋼コイル製品です。 貨物倉、継手、熱交換器、温水タンク、油圧配管、昇降装置および滑車装置、プロペラ、シャフト、うず巻形ガスケット、貯蔵容器、給湯器など、さまざまな用途に使用できます。ご要望がございましたら、お問い合わせください。Gnee はいつでもご対応いたします。

ステンレス鋼箔 ステンレス鋼箔

ステンレス箔は、厚さ0.25mm未満のステンレス鋼の薄いストリップです。 電子部品、化学・医療機器、自動車部品の製造などの高精度用途でよく使用されています。 さらに、個々の顧客のニーズを満たすために、さまざまな厚さ、幅、長さに巻くことができます。

300シリーズステンレス鋼箔 300シリーズステンレス鋼箔

300 シリーズ ステンレス フォイルは、AISI 300 シリーズのステンレス鋼製のシート材料です。 このカテゴリのステンレス鋼ホイルは、主に 304、304L、316、316L、およびその他のタイプのステンレス鋼で構成されます。 高級ステンレス鋼板を基本素材とし、熱間圧延、冷間圧延、焼鈍、酸洗などのさまざまな方法で加工されます。

400シリーズステンレス鋼箔 400シリーズステンレス鋼箔

ステンレス箔シリーズ400とは? 300シリーズと400シリーズの両方を含む非常に薄いステンレス鋼シートです。 400 シリーズ ステンレス鋼フォイルはステンレス鋼フォイルの一種で、その中で最も一般的なのは 430 ステンレス鋼です。

ステンレス鋼プロファイル ステンレス鋼プロファイル

主にステンレス鋼アングル鋼、ステンレス鋼チャンネル鋼、ステンレス鋼平鋼、ステンレス鋼 I ビーム、ステンレス鋼ロッドが含まれます。ステンレス鋼プロファイルは多用途性と強度を提供します。耐久性、耐食性、美観に関して言えば、ステンレス鋼プロファイルは最も優れています。さまざまな業界で第一選択となります。 これらのプロファイルは幅広いオプションを提供し、それぞれに独自の特性と用途があります。

316 ステンレス鋼フォイル 316 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼ホイルはステンレス鋼の薄いシートであり、その独特の特性により通常さまざまな用途に使用されます。ステンレス鋼ホイルは、通常、厚さが 0.006 インチ (0.15 mm) 未満の平坦なステンレス鋼の薄いシートです。通常、ロールまたはシートで入手できます。ステンレス鋼箔は主に鉄でできており、クロムとニッケルやモリブデンなどの他の合金元素が添加されています。正確な組成は、ステンレス鋼の特定のグレードによって異なります。

321 ステンレス鋼中厚板 321 ステンレス鋼中厚板

321ステンレス中厚板とは、厚さ4~25mmのステンレス鋼板を指します。優れた耐食性、高強度、耐スケール性、良好な溶接性で知られています。これにより、プレートは、製造、建設、エンジニアリング、航空宇宙、化学処理、食品加工、自動車分野を含む無数の産業に確実に参入します。 321 ステンレス鋼の中厚プレートが必要な場合は、今すぐ Gnee まで詳細をお問い合わせください。

410 ステンレス鋼フォイル 410 ステンレス鋼フォイル

多くの異なる用途で使用される典型的なステンレス鋼材料は 410 ステンレス鋼フォイルです。 410 として知られるマルテンサイト系ステンレス鋼合金は、高度な強度、硬度、耐食性を備えています。少なくとも 11.5% のクロムが含まれているため、蒸気、多くの中程度の化学条件、穏やかな雰囲気での腐食に対して耐性があります。 410 ステンレス鋼ホイルは、ステンレス鋼製品を専門とするベンダーやメーカーによって提供されています。シート、ストリップ、ワイヤーの形状で提供されます。

347 ステンレス鋼中厚板 347 ステンレス鋼中厚板

347 ステンレス鋼の中厚プレートは、優れた強度と靭性を備え、長寿命と、かなりの負荷や衝撃に耐える能力を保証します。これにより、特に腐食性物質にさらされやすい環境でのさまざまな用途に非常に適しています。建築から重産業機械、食品加工から医療用途まで欠かせない存在です。鉄鋼プロジェクトをアップグレードするための 347 ステンレス鋼中厚板が必要な場合は、詳細についてお問い合わせください。

410 ステンレス鋼中厚板 410 ステンレス鋼中厚板

410ステンレス中厚板とは410~4mmの25ステンレス鋼板を指します。耐食性、耐熱性、機械的強度、磁気特性に優れています。そのため、航空宇宙、自動車、建設、食品加工など、さまざまな業界で広く使用されています。 Gnee Steel では、321、347、410、904L グレードの高品質ステンレス鋼中厚板を提供しています。詳細については、今すぐお問い合わせください。

904L ステンレス鋼中厚板 904L ステンレス鋼中厚板

904L ステンレス鋼中厚板は、希硫酸に対する優れた耐食性を備え、化学処理業界、石油・ガス業界、製薬業界、海洋環境で一般的に使用される過酷な腐食条件向けに設計されています。これは、904L ステンレス鋼が 316L ステンレス鋼と比較して耐食性に優れており、2205 二相ステンレス鋼や 304 ステンレス鋼と比較して独自の強度を備えているためです。高い引張強度、優れた成形性、良好な溶接性、耐熱性、低磁性を示します。

420 ステンレス鋼フォイル 420 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼ホイルは、ステンレス鋼の薄いシートまたはストリップであり、通常、産業および商業環境でさまざまな用途に使用されます。ステンレス鋼箔は主に、鉄、クロム、ニッケルやモリブデンなどの元素の合金であるステンレス鋼でできています。フォイルに使用される最も一般的なタイプのステンレス鋼は、304% のクロムと 18% のニッケルを含む 8 ステンレス鋼です。ステンレス鋼ホイルは、シートやロールなどのさまざまな形状で入手できます。ホイルは、特定の用途要件に合わせてさまざまな形状やサイズに簡単に成形できます。

304 ステンレス鋼の波板 304 ステンレス鋼の波板

304 ステンレス鋼波板は、304 ステンレス鋼で作られた鋼の一種です。耐食性、高強度、軽量、美しい外観の特徴を持ち、製造業、建設業、自動車、食品加工業、化学工業などで広く使用されています。これらの波形デザインは優れた強度と剛性を提供するため、プレートは耐久性と構造的完全性の両方を必要とする用途に最適です。 304 ステンレス鋼波板を購入するには、今すぐお問い合わせください。

430 ステンレス鋼フォイル 430 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼ホイルはステンレス鋼の薄いシートで、自動車や航空宇宙分野だけでなく、断熱や包装の目的でもよく使用されます。強度、耐久性、耐腐食性が高いことで知られています。特定の商業または産業のニーズを満たすために、ステンレス鋼ホイルはさまざまなグレードと厚さで入手できます。

316 ステンレス鋼の波板 316 ステンレス鋼の波板

316ステンレス波板は316製です。 ステンレス鋼板冷間曲げ加工により、さまざまな形の波形パターンに圧延されます。その波形は鋼の構造的完全性を高めるだけでなく、現代的な美学も示しています。これにより、非常に汎用性が高く、化学および食品加工、輸送、海洋環境、建築構造物などのさまざまな産業に適しています。 Gnee Steel は、316 グレードと 316L グレードの両方のステンレス鋼波形シートを提供しています。詳細については、今すぐお問い合わせください。

440 ステンレス鋼フォイル 440 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼箔として知られるステンレス鋼の薄いシートまたはストリップは、さまざまな商業および産業用途で頻繁に利用されています。成分:ステンレス箔の主成分はステンレス鋼であり、鉄、クロムなどからなる合金です。フォイルの製造に最も使用されるステンレス鋼グレードは 304 および 316L です。

304 ステンレス鋼フォイル 304 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼 304 で作られたホイルは、一般的なタイプのステンレス鋼です。錆びや1000度から1800度の高温に対する耐性は、タイプ201から作られたステンレス鋼ストリップよりも優れています。304ステンレス鋼箔は、良好な粒界腐食耐性と優れた耐食性を備えています。さらに、大部分の有機および無機耐食性と、アルカリ溶液に対する高い耐性を備えています。

ステンレス鋼の角度 ステンレス鋼の角度

形鋼の L 字型断面がステンレスアングルを定義します。これは、ニッケルおよびモリブデンとともに大量のクロムを含む合金であるステンレス鋼で構成されています。ステンレス鋼には優れた耐食性をもたらすクロムが含まれているため、ステンレス鋼アングルは、特に錆や腐食が問題となるさまざまな環境で使用できます。

309S ステンレス鋼箔 309S ステンレス鋼箔

309S として知られるクロムとニッケルを含むオーステナイト系ステンレス鋼は、高温用途でよく使用されます。クロムとニッケルの含有量が多いため耐食性に優れ、炭素濃度が低いため溶接時の炭化物の析出を防止します。このため、309S はさまざまな炉やボイラーの用途に最適なオプションです。

ステンレス鋼チャネル ステンレス鋼チャネル

断面溝を有する細長い鋼帯をステンレス鋼チャンネル鋼と呼びます。熱間圧延されたステンレス鋼の構造要素です。まっすぐな背面と上部と下部に 2 つの垂直延長部を備えたその断面は、正方形の C の形状をしています。チャネルの内側のコーナーにある特定の半径により、さまざまな用途に耐える強度と剛性が与えられます。

ステンレス平鋼 ステンレス平鋼

平らな形状を有する特定のタイプのステンレス鋼は、ステンレス鋼平鋼として知られています。通常、それはストリップまたはフラットバーの形で提供されます。長方形の断面、直線的なエッジ、滑らかな表面を備えたステンレス鋼のフラットバー。通常、冷間引抜加工や熱間圧延加工により製造されます。

ステンレス鋼製 I ビーム ステンレス鋼製 I ビーム

断面がI形またはH形の構造用梁をステンレス鋼I形鋼またはステンレス鋼H形鋼と呼びます。構造に使用されているステンレス鋼は、優れた耐久性と耐腐食性を備えています。ステンレス製のIビームは、その耐久性と見た目の美しさから、さまざまな分野や現場で幅広く活用されています。

ステンレス鋼棒 ステンレス鋼棒

固体の円筒形のステンレス鋼金属部品であるステンレス鋼の棒または棒は、この名前の変形です。さまざまな用途に対応できるよう、サイズ、形状、グレードを豊富に揃えています。

310S ステンレス鋼箔 310S ステンレス鋼箔

310S ステンレス鋼は、25Cr20Ni 系に属する高合金ステンレス鋼です。優れた高温酸化耐性を備えており、あらゆるタイプの炉コンポーネントの作成に適しています。限界温度は1200℃、連続使用温度は1150℃です。

ステンレス鋼 C チャネル鋼 ステンレス鋼 C チャネル鋼

ステンレス鋼で構成された構造要素は、ステンレス鋼チャネルまたは C チャネルと呼ばれます。 「C」字型の垂直ウェブと、ウェブから 90 度の上下のフランジがその形状を定義します。

熱間圧延鋼製 H ビーム 熱間圧延鋼製 H ビーム

断面形状が「H」の形をした構造梁を熱間圧延鋼製H形鋼といいます。その強度と耐荷重能力により、産業用途や建設用途でよく使用されます。熱間圧延鋼 H ビームを作成するには、鋼ビレットを加熱し、適切なサイズと形状にするために複数の圧延機に通します。特定のプロジェクトのニーズに合わせてカスタマイズでき、さまざまなサイズが用意されています。

420ステンレスH型鋼 420ステンレスH型鋼

化学組成: グレード 420 ステンレス鋼は、平均 12% のクロム含有量により、強力なレベルの耐食性を備えています。ガソリン、原油、蒸気、淡水、弱アルカリ、消毒液などの腐食性媒体に耐えることができます。それにもかかわらず、クロムやニッケルの含有量が高いステンレス鋼と比較すると、極度に腐食性の環境や過酷な環境にはあまり適していない可能性があります。

316ステンレス平鋼 316ステンレス平鋼

304 ステンレス鋼と比較して、316 ステンレス鋼は、ニッケルとモリブデンの含有量が多いオーステナイト系クロムニッケル合金です。その組成により、特に塩化物を含む環境での腐食に対する耐性が高まります。さらに、より高い引張強度と応力破断強度、孔食や隙間腐食に対する耐性が向上し、クリープに対する優れた耐性も備えています。

321 ステンレス鋼の波板 321 ステンレス鋼の波板

321 ステンレス鋼波形プレートは、さまざまな波形プロファイルに圧延および冷間曲げされた 321 ステンレス鋼プレートで作られています。特に酸性および塩化物環境において優れた耐食性を発揮します。さらに、強度と耐久性にも優れていることで知られています。最後に、軽量、簡単な設置、無料のメンテナンスを備えており、産業用および民間の建物、倉庫、特殊な建物、大スパンの鉄骨造住宅などで広く使用されています。プロジェクトに321ステンレス鋼の波板が必要な場合は、さらに詳しいお話がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

310Sステンレス平鋼 310Sステンレス平鋼

ステンレス平鋼は長方形の形状をした汎用性の高い鋼製品で、さまざまな産業および建設用途で頻繁に使用されます。 True Bar と Sheared and Edge Bar の 2 つのバリエーションが提供されています。せん断バーとエッジバーは、 ステンレス鋼コイル、真のバーは必要な厚さに圧延されます。

316ステンレス鋼パンチングプレート 316ステンレス鋼パンチングプレート

316 ステンレス鋼の多孔板は、最も人気があり多用途の金属メッシュ パネル製品の 316 つです。通常、XNUMX ステンレス鋼のシートまたはコイルから作られ、均一に打ち抜かれ、さまざまなサイズ、形状、構成の穴が開けられます。この穴の設計は、優れた通気性、遮蔽性、濾過性、保護性能を備えており、建築、装飾、エンジニアリング、石油化学、食品加工、その他の業界で広く使用できます。

410ステンレス鋼パンチングプレート 410ステンレス鋼パンチングプレート

410ステンレス鋼多孔板は、建設、産業、住宅、装飾分野で一般的に使用される金属板です。パンチング加工によりプレートにさまざまな形や大きさの穴をあけ、通気、濾過、遮音、美観などの多機能を実現します。これらにより、プレートは装飾的および機能的効果を必要とする用途での使用に最適になります。現在では、天井、壁、間仕切り、家具、キッチン用品などに広く使用されています。

ステンレス丸穴プレート ステンレス丸穴プレート

ステンレス鋼の丸穴プレートは、機械の修理や建設、構造物の構築、貯蔵タンク、階段の踏み面、歩道、フェンスなどの作成など、さまざまな用途に使用される金属シートの一種です。エキゾチックな外観とともに、優れた耐食性と長寿命を実現します。 Gnee Steel では、304、316、321、410 などのさまざまなグレードのステンレス鋼丸穴多孔板を在庫しています。ご希望の場合は、詳細についてお問い合わせください。

420ステンレス鋼丸穴プレート 420ステンレス鋼丸穴プレート

420ステンレス鋼丸穴プレートは、420ステンレス鋼から作られたパンチングメタルシートの一種です。 ステンレス鋼板。プレートには丸い穴が開けられており、特定の用途や要件に応じてサイズや間隔を変えることができます。さらに、平坦な表面、堅牢な強度、美しい外観という特徴を備えています。現在、420ステンレス鋼の丸穴プレートは、ディスプレイ、展示品、備品、機械修理、建設、建築構造物などのさまざまな用途に広く使用されています。

304ステンレス山形鋼 304ステンレス山形鋼

多くの用途と独特の品質を持つ一般的なタイプのステンレス鋼は 304 ステンレス鋼です。 304 ステンレス鋼は複数の異なる材料で構成されています。以下に一般的な素材をいくつか紹介します。

ブラックチタンブラッシュステンレススチールプレート ブラックチタンブラッシュステンレススチールプレート

ブラックチタンブラッシュステンレス鋼板は、ステンレス鋼板の一種にブラックチタン塗装を施し、表面にブラッシュ加工を施したものです。この仕上げにより、プレートはマットでファッショナブルな外観になります。近年、ブラックチタンブラッシュステンレス鋼板は、エレベーターの装飾、ホテル用品、建物の外壁装飾保護、電気シェル、屋内天井などに広く使用されています。

ステンレス製インク線引きプレート ステンレス製インク線引きプレート

ステンレス製インク線引きプレートは、金属の一種で、通常はステンレス鋼板で作られます。表面描画処理に金属乳剤を一定量添加し、表面の光沢を出します。スタイリッシュな見た目と優れた機能性から、近年人気が高まっています。エレベーター、家電製品、電子機器、工業部品、工芸品などに幅広く使用されています。

316 ステンレス山形鋼 316 ステンレス山形鋼

316 ステンレス鋼製のアングル 鋼とは、グレード 316 ステンレス鋼で構成されるアングル形状の構造構造を表す用語です。オーステナイト系ステンレス鋼の中で、グレード 316 はグレード 304 に次いで 316 番目に人気のあるグレードです。これはステンレス鋼の合金です。 316 ステンレス鋼と XNUMXL ステンレス鋼の価格差は通常、無視できるほどです。

ミラーステンレス鋼板 ミラーステンレス鋼板

鏡面ステンレス板とは、表面が鏡のように反射率の高いステンレス板のことです。この鏡面仕上げは空間全体の雰囲気を高めることができ、インテリアデザインに携わる人々に好まれています。さらに、鏡面ステンレス鋼板は耐久性、耐食性に優れており、あらゆる用途に適した堅固な素材です。最後に、メンテナンスのしやすさも同様に賞賛に値し、明るい表面を維持するために最小限の注意のみで済みます。

304 ステンレス鋼チャンネル 304 ステンレス鋼チャンネル

グレード 304 ステンレス鋼で構成されるステンレス鋼チャネルの 304 種類は、304 ステンレス鋼チャネルと呼ばれます。ニッケル 8%、クロム 18% を含むオーステナイト系ステンレス鋼合金グレード 304 が広く使用されています。加工性に優れ、高温にも強く、耐食性にも優れています。 XNUMX ステンレス鋼は焼きなましすると非磁性になります。

8Kステンレスミラープレート 8Kステンレスミラープレート

8Kステンレスミラープレートの一種です。 ステンレス鋼板 特殊な表面処理を施し、反射率の高い鏡面仕上げを実現しました。 「8K」という名称は表面仕上げを指し、ステンレススチールで最も滑らかで最も反射性の高い仕上げです。 8Kステンレスミラーシートはその美しい外観により、建築装飾、家電製品、自動車装飾、電気機器など幅広い用途に適しています。

304ステンレス丸棒 304ステンレス丸棒

ステンレス鋼からなる円柱状の金属棒をステンレス丸棒と呼び、ステンレス棒と呼ぶこともあります。ステンレス鋼の主成分は、鉄、クロム、およびニッケルやモリブデンなどの他のいくつかの金属です。使用するステンレス鋼の品質に応じて、正確な組成は変わる可能性があります。

304ステンレス六角棒 304ステンレス六角棒

ステンレス棒の断面が六角形のものをステンレス六角棒、または六角棒といいます。グレード 303 および 316 のステンレス鋼が製造によく使用されます。ステンレス製六角棒にはさまざまなサイズ、グレード、仕上げが用意されています。従来の長さで購入することも、注文に応じてカットすることもできます。六角棒の幅と長さは、特定のニーズに合わせて調整できます。

三方四方ステンレス鋼管継手 三方四方ステンレス鋼管継手

三方四方管継手は、配管の分岐部で流体の方向を変えるために使用される管継手です。直射日光下でも損傷や色褪せなく使用でき、標準的な配管や輸入継手の 5 倍の強度があります。したがって、これらのパイプ継手は、階層パイプ構造の構築、オフセットまたは階層構造の作成、PVC プロジェクトおよび構造の構築、水平面および垂直面でのパイプの接続、DIY プロジェクトの作成など、さまざまな用途で一般的に使用されています。

ステンレスレデューシングチューブ ステンレスレデューシングチューブ

ステンレス還元管は、異なる直径のパイプやチューブを接続するために使用されるチューブの一種です。パイプまたはチューブの一端の直径を小さくして、異なるサイズ間のスムーズな移行を可能にし、調和のとれた接続を確保するように設計されています。現在、ステンレス鋼製還元管は、航空宇宙、自動車、化学処理、製造、石油・ガスなどのさまざまな業界で一般的に使用されています。

ステンレス鋼製同心減速機 ステンレス鋼製同心減速機

ステンレス製コンセントリックレジューサは、複雑な配管システムの中で使用される非常に便利な管継手と言えます。この減速機の大きい方の端は、小さい方の端よりも直径が大きいため、パイプ間のシームレスな移行が容易になります。この特定のタイプの減速機は、乱流や圧力降下の厄介な影響を与えることなく、液体やガスの穏やかで安定した流れを保証します。 Gnee Steel では、シームレスおよび溶接ステンレス鋼の同心減速機の両方を販売しています。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス製偏心減速機 ステンレス製偏心減速機

ステンレス鋼偏心減速機は、配管システムで異なる直径のパイプを接続するために使用されるパイプ継手の一種です。減速機の入口と出口の中心線が一致していないため、「偏心」と呼ばれます。つまり、一方の端の直径が他方の端よりも大きくなります。これにより、サイズの異なる 2 つのパイプ間に緩やかな移行が生じ、流体や気体のスムーズな流れが可能になります。

ステンレス鋼フランジ ステンレス鋼フランジ

ステンレス鋼フランジは、SS フランジとも呼ばれ、ステンレス鋼で作られた管継手です。配管やバルブ、機器などの接続に使用され、接続・固定の役割を果たします。ステンレス鋼フランジは、優れた耐食性と美しい外観により、建設、石油・ガス、機械、水利、石油、化学工業、食品製造、造船、自動車などのさまざまな業界で広く使用されています。

ステンレス製フランジカバー ステンレス製フランジカバー

ステンレス製フランジカバーはステンレス製の配管継手で、滑らかな仕上がりとなり、配管システム全体の外観を向上させます。通常、フランジ、バルブ、パイプラインを環境要素や潜在的な損傷から保護するために、さまざまな業界で適用される保護アクセサリとして使用されます。 Gnee ステンレス スチールでは、金属プロジェクトにサービスを提供するために、人気のある 304、316、および 321 グレードの高品質ステンレス スチール フランジ カバーを提供しています。今すぐお問い合わせください。

ステンレス製ヘッドパイプ継手 ステンレス製ヘッドパイプ継手

ステンレス製頭部管継手は、パイプの端を閉じるために使用される管継手の一種です。通常、他のグレードの鋼と比較して高い耐食性を備えたステンレス鋼で作られています。現在、ステンレス鋼製ヘッドパイプ継手は、配管、工業、科学用途などのさまざまな業界で一般的に使用されています。これらは、パイプの端を閉じ、しっかりとしたシールを確保するための信頼性と耐久性のあるソリューションを提供します。

企業情報 5 結果
14トンの304Hステンレス鋼板をイタリアへ 14トンの304Hステンレス鋼板をイタリアへ

28月14日、304トンのXNUMXHステンレス鋼板がグニー工場から青島港(イタリア行き)に出荷されました。

50ステンレス鋼コイル316トンをリビアへ 50ステンレス鋼コイル316トンをリビアへ

50トンの316ステンレス鋼コイルがリビアの顧客によって購入され、製造され、28年2023月XNUMX日にリビアに出荷された。

80トンの304ステンレス鋼シームレスパイプをドイツに出荷 80トンの304ステンレス鋼シームレスパイプをドイツに出荷

18 年 2023 月 80 日、304 トンの XNUMX ステンレス鋼シームレス パイプが積み込まれ、グニー工場から港に送られました(ドイツ向け)。

100 ステンレス丸棒 304 本をブラジルに発送 100 ステンレス丸棒 304 本をブラジルに発送

22年2023月100日、304ステンレス鋼丸棒XNUMX本が束ねられ、グニー工場(ブラジルへ)から出荷されました。

4トンのアルミニウム板と異形材がベトナムに送られる 4トンのアルミニウム板と異形材がベトナムに送られる

4 年 6 月 2023 日に、XNUMX トンのアルミニウム板と形材がベトナムに送られました。

企業情報 119 結果
ステンレス鋼の表面処理と装飾 ステンレス鋼の表面処理と装飾

ステンレス鋼は建築装飾材料として優れており、非常に美しいです。 この記事では、ステンレス鋼の表面処理方法を調査し、屋内および屋外の装飾におけるステンレス鋼の幅広い用途を掘り下げます。

ステンレス鋼の種類:多様な宝石素材を分析する ステンレス鋼の種類:多様な宝石素材を分析する

重要な機能性材料であるステンレス鋼には、さまざまな種類と分類があり、さまざまな業界で幅広い選択肢が提供されています。 オーステナイト系からフェライト系、二相系まで、各タイプには独自の特性と応用分野があります。 この記事では、ステンレス鋼の種類を詳しく説明し、これらの宝石の素材の背後にある謎について説明します。

ステンレス鋼を使用する9つの利点 ステンレス鋼を使用する9つの利点

現在、ステンレス素材を使用した製品が私たちの日常生活に浸透しています。 これらは、家電製品、食品および医療加工、自動車産業、建設、機械、製造、装飾、輸送、石油およびガス探査、その他の軽量および重量用途で見られます。 では、ステンレスとは何でしょうか? なぜ利用する人が増えているのでしょうか? さらに詳しく知りたいですか? 続けましょう。

ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響 ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響

ステンレス鋼は、さまざまな産業で広く使用されている材料です。 優れた耐食性と耐久性が評価されています。 ステンレスコンロ、ステンレス階段、ステンレス洗面器、ステンレス包丁、ステンレス装飾品など、生活のいたるところで目にすることができる生きた素材です。ステンレス鋼の元素組成を理解したことがありますか? さまざまな化学元素がステンレス鋼に及ぼす影響を理解していますか? 一緒に話し合ってみましょう!

ステンレス鋼の市場動向と需要は何ですか? ステンレス鋼の市場動向と需要は何ですか?

ステンレス鋼はステンレス耐酸鋼としても知られ、主に中国、インドネシア、日本、インドで世界規模で生産されています。 ステンレス鋼に対する国内の旺盛な需要により、国内生産が需要に追いつかない。 ギャップを埋めるために主に輸入品が使用されており、インドネシアからのステンレス鋼の輸入は近年劇的に増加しています。 中国のステンレス鋼生産能力の急速な発展と拡大に伴い、輸出も大幅に拡大した。 以下に、ステンレス鋼市場について簡単に分析します。

ステンレス鋼管の作り方 ステンレス鋼管の作り方

ステンレスパイプの製造工程は少々面倒です。 使用する具体的な方法によって異なりますが、一般的なプロセスは、材料の選択、成形、溶接、熱処理、仕上げ、完成品の検査、梱包、輸送のXNUMXつの段階で構成されます。

ステンレススチール 304 コイルの世界へ ステンレススチール 304 コイルの世界へ

ステンレスコイルとは、ステンレス鋼材を保管や輸送用にコイル状に加工したものを指します。 建築、自動車、製造など幅広い業界で広く使われており、幅広い用途で使用されています。 ステンレスパイプやステンレス板などのステンレス材と異なり、持ち運びや保管が容易です。 それでは、304 ステンレス鋼コイルの内部に入り、そのユニークな機能について学びましょう。

シームレス vs 溶接ステンレス鋼管 シームレス vs 溶接ステンレス鋼管

ステンレス鋼管は中空で長い丸い鋼片で、石油、化学、医療、食品、軽工業などの分野で広く使用されています。 国民経済においてさまざまな用途があり、鉄鋼業界でも重要な製品です。 ステンレス鋼管には大きく分けて、ステンレス継目無鋼管、ステンレス角管、ステンレス溶接管、異形ステンレス鋼管のXNUMX種類があります。 それでは、継目無管と溶接管の違いは何でしょうか? シームレスパイプと溶接パイプではどちらが優れていますか?

信頼できるステンレス鋼板メーカーを見つける方法 信頼できるステンレス鋼板メーカーを見つける方法

最近はステンレス製品を選ぶ人が増えています。 従来の炭素鋼や亜鉛メッキ鋼板と比較して、この材料は耐食性に優れ、強度が高く、表面が明るく、メンテナンスが少なく、幅広い汎用性を備えています。 だからこそ世界中の人々から求められているのです。 しかし、購入する前に、プロジェクトが詐欺に遭わないように、信頼できるステンレス鋼板メーカーを選択することが非常に重要です。 それでは、著者の足跡をたどって、信頼できる SS プレートのメーカーとサプライヤーを選択する方法を詳しく学びましょう。

ステンレスパイプってどうやって曲げるの? ステンレスパイプってどうやって曲げるの?

ステンレス鋼の管状製品はステンレス鋼管として知られています。 これらは製造、自動車、建設などのさまざまな業界で利用されており、さまざまなグレード、直径、厚さが用意されています。 ステンレス鋼パイプは、高いレベルの耐食性、堅牢性、強度を備えているため、過酷な環境でも使用できます。 これらは、流体輸送、熱交換器、構造要素などの作業に頻繁に使用されます。 溶接ステンレス鋼パイプとシームレスステンレス鋼パイプの両方に、研磨、不動態化、コーティングなどのさまざまな表面処理を施すことができます。

ステンレス鋼 316 コイル製品がキッチンで人気があるのはなぜですか? ステンレス鋼 316 コイル製品がキッチンで人気があるのはなぜですか?

316個のステンレス鋼コイルは、医療機器、建築、化学工業、自動車製造業などで幅広く使用されているほか、私たちが毎日触れるキッチンのいたるところで目にすることができます。 ステンレス鋼の調理台からステンレス鋼の蛇口、ステンレス鋼の鍋からステンレス鋼のスプーンに至るまで、ステンレス鋼製品は現代のキッチンで最も人気のある選択肢となっています。

ステンレスパイプの切断方法は? ステンレスパイプの切断方法は?

多くの頑丈な用途に必要な展性と靭性は、金属パイプによって提供されます。 他の製造材料と同様に、金属は腐食し、最終的には破損する可能性があります。 このため、メーカーは重要なコンポーネントにステンレス鋼を頻繁に使用します。 過酷な用途では、ステンレス鋼が必要な頑丈さと耐食性を備えています。 この特に耐久性のある材料で作られたパイプには、特別な切断および仕上げ方法が必要です。

熱間圧延と冷間圧延の違いは何ですか? 熱間圧延と冷間圧延の違いは何ですか?

圧延は、鉄鋼産業において、一連のローラーを使用して形状を変更し、均一性を改善し、材料の機械的特性を向上させる製造プロセスです。 一般に、圧延は熱間圧延と冷間圧延の XNUMX 種類に分類され、用途に応じて異なる特徴を発揮します。 したがって、プロジェクトに圧延鋼材を選択するときは、これら XNUMX つのタイプの違いと、それらが性能にどのような影響を与えるかを認識することが非常に重要です。 さあ、さあ行きましょう!

ステンレス鋼 409 シート プレート コイル: 究極のガイド ステンレス鋼 409 シート プレート コイル: 究極のガイド

409 ステンレス鋼コイルは、高品質で安価なフェライト系ステンレス鋼素材で、洗濯機のドラム、電子レンジのライナー、階段の手すり、ドアや窓、天井などあらゆる場所で使用されています。 一緒に見てみましょう!

お手入れ方法ステンレス鋼管 とチューブ?" title="掃除方法 ステンレス鋼管 そしてチューブは?"> きれいにする方法 ステンレス鋼管 そしてチューブ?

ステンレス鋼は耐腐食性が非常に優れていますが、用途によっては依然として表面損傷が発生する可能性があります。 通常の洗浄やメンテナンスを行わないと、過酷な条件下では時間の経過とともに酸化、腐食、錆び、または変色が発生する可能性があります。 繰り返しの機械的損傷も金属の劣化を早めます。

304 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと 304 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと

キッチンで働いたことがある人なら、おそらく 304 ステンレス鋼のシートやプレートに精通しているでしょう。 キッチン用品から建材まで幅広く使用できる素材です。 高強度、優れた耐食性、光沢のある仕上がり、メンテナンスの手間がかからないことから、世界中の専門家から最も人気のある鋼材の 304 つとなっています。 しかし、この金属がどのような性質を持っているのか正確に知っていますか? どのように作られているのでしょうか? その組成は用途にどのような影響を与えるのでしょうか? それとも錆びにくいのでしょうか? このブログでは、XNUMX ステンレス鋼プレートがさまざまなニーズにとって優れた選択肢である理由をよりよく理解できるように、XNUMX ステンレス鋼プレートに関するあらゆることを調査します。

さまざまな分野での 410 ステンレス鋼コイルの応用を探る さまざまな分野での 410 ステンレス鋼コイルの応用を探る

410ステンレスコイルは400系ステンレスコイルの代表的なコイルです。 主に鉄、炭素、クロムなどの元素で構成されています。 コイル状の材料は、優れた機械的特性、高温酸化耐性、良好な耐伸張性、耐摩耗性などの優れた特性を備えています。 工業製造、建築装飾、自動車産業、化学機器、医療機器などの分野で広く使用されています。 見てみましょう!

ステンレス鋼管の溶接に関する事項 ステンレス鋼管の溶接に関する事項

ステンレス鋼管の溶接は難しいため、特別な知識と能力が必要です。 ステンレス鋼の溶接で最大の結果を達成するには、最高の技術をすべて習得することが重要です。

ステンレス板の掃除方法は? ステンレス板の掃除方法は?

ステンレス鋼板は、汎用性があり、安価な鋼材として、建設、商業、住宅、家電、航空宇宙など、私たちの日常生活に広く使用されています。しかし、すべての金属は、水、空気、空気などの周囲の環境と反応します。酸素が含まれ、最終的にはくすみ、変色、汚れ、酸化、腐食、錆の原因となります。 ステンレス板も例外ではありません。 したがって、ステンレス鋼板を再びピカピカにするには、洗浄してメンテナンスする必要があります。 では、どうやって掃除すればいいのでしょうか? 今すぐ詳細を確認してください。

ステンレス鋼管およびチューブに対する地域の需要と課題 ステンレス鋼管およびチューブに対する地域の需要と課題

ステンレス鋼管の市場を「ステンレス鋼管市場」といいます。 ステンレス鋼は、錆びや腐食に強い鋼の一種で、少なくとも 10.5% のクロムが含まれています。 これらのパイプは、その耐久性、強度、耐食性により、建設、石油・ガス、化学、自動車などのさまざまな産業で広く使用されています。 インフラプロジェクトの増加や生産技術の進歩により、ステンレス鋼管の需要は今後数年間で増加すると予測されています。

2205ステンレス鋼コイルの展望について語る 2205ステンレス鋼コイルの展望について語る

ステンレス鋼材はさまざまな業界で広く使用されています。 その中でも2205ステンレスコイルは優れた性能を持った素材として徐々に注目を集めています。 本稿では、2205ステンレス鋼コイルの市場動向と今後の展開について解説し、さまざまな分野での展望を展望します。 一緒に調べてみましょう!

さまざまなアプリケーションが何種類あるのかステンレス鋼管?" title="さまざまなアプリケーションはいくつありますか ステンレス鋼管?"> さまざまなアプリケーションが何種類あるのか ステンレス鋼管?

石油とガス、エンジニアリング、海事、自動車、化学処理、インフラストラクチャーなどは、ステンレス鋼管を使用する産業と用途のほんの一部であり、ステンレス鋼管はいくつかの直径と構成で製造できます。 さらに、ステンレス鋼管は、液体や気体の輸送、構造物の建設、耐食性の確保など、さまざまな用途に使用されています。 全体として、ステンレス鋼管はさまざまな業界でさまざまな目的で使用されているようです。

ステンレス異形管の世界へ ステンレス異形管の世界へ

通常のパイプによく見られる従来の円形や角形ではなく、特殊な形状を採用しています。 ステンレス鋼管 非標準または独特の形状をしている。これらのパイプは、通常のパイプ形状が実用的でない、または視覚的に受け入れられない場合に、特定のプロジェクト仕様を満たすために作成および開発されます。特殊な形状のステンレス鋼管には、楕円形、正方形、六角形、八角形などの不規則な形状が含まれます。楕円形、D 形、特別に作られた形状など、特定の断面プロファイルを持つ場合があります。これらのパイプは、パイプの形状が全体のデザインにおいて重要な役割を果たす建築、装飾、または特殊な設定で頻繁に使用されます。たとえば、芸術的な彫刻、手すり、家具、看板、その他の独創的で個性的な構造物はすべて、特殊な形状のステンレス鋼パイプで作成できます。

316 ステンレス鋼プレートのさまざまな用途と用途は何ですか? 316 ステンレス鋼プレートのさまざまな用途と用途は何ですか?

ステンレス鋼は、多くの分野で最も一般的に使用される金属の 301 つです。 これは、優れた耐食性、光沢仕上げ、高い耐久性、優れた性能、およびメンテナンスの負担が少ないためです。 一般に、ステンレス鋼は 304、316、321、410、316 などのさまざまなグレードに分類されます。今日は主に XNUMX ステンレス鋼板のさまざまな用途と用途、およびなぜ XNUMX ステンレス鋼板が多くの用途に優れた選択肢であるのかについて学びます。 今すぐ読んでください!

430 ステンレス鋼コイルについて 430 ステンレス鋼コイルについて

ステンレス鋼は一般的に広く使用されている材料ですが、その中の 430 つである 430 ステンレス鋼コイルは独特の特性を持っています。 次に、XNUMX ステンレス鋼コイルの特性、適用分野、メンテナンス方法を理解して、ステンレス鋼コイルの材料をより適切に選択して使用できるようにしてください。

301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書 301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書

301ステンレスコイルは304ステンレスコイルよりも若干価格が安いコイルです。 高強度、適度な耐食性、良好な加工性を備えた焼入性のオーステナイト系ステンレス鋼です。 オーステナイト系ステンレス鋼コイルの中で最も広く使用されています。 優れた耐食性、優れた延性、高い表面仕上げ、高強度などの特性により、さまざまな用途に最適です。

ステンレス鋼板販売 ステンレス鋼板販売

今世紀初頭に登場したステンレス鋼板の開発は、現代産業の発展と技術進歩にとって重要な物理的および技術的基盤を築きました。 主に、耐食性、寿命、成形性、仕上げの点で選ばれます。 もしかしたら気に入っていただけるかも知れませんが、それは驚くことではありません。 したがって、ステンレス鋼板を購入するときは、グレード、サイズ、厚さ、仕上げ、用途などの要素を考慮して、特定の要件を確実に満たすことが重要です。 ここからは、ステンレス板の特徴について詳しく解説していきます。

ステンレスコイルの選び方は? ステンレスコイルの選び方は?

ステンレス鋼コイルは、建築、製造、化学などの分野で広く使用されている重要な素材です。 優れた耐食性と機械的特性により、非常に人気があります。 しかし、市場にはさまざまなステンレスコイル製品があり、ニーズに合った高品質の製品をいかに選択するかが非常に重要です。 次に、この記事に従ってステンレス鋼コイルを購入する際の重要なポイントを学び、ステンレス鋼コイルを選択する際の賢明な決定に役立ててください。

最新のステンレス鋼板の価格を入手するには? 最新のステンレス鋼板の価格を入手するには?

このようにステンレス板は建築から家電、エネルギーまで幅広い用途に応用できる万能素材です。 耐食性に優れ、表面が滑らかで、加工性が良く、メンテナンスが容易であるという利点があるからです。 さて、あなたもステンレスプレートに魅力を感じているなら、それがいくらなのか知りたいはずです。 リアルタイムのステンレス鋼板の価格を取得するには、まず何が価格に影響を与えるかを知る必要があります。 それが正しいことなのです。 今すぐ始めましょう!

321 ステンレス鋼角管と 316L ステンレス鋼角管の違いは何ですか? 321 ステンレス鋼角管と 316L ステンレス鋼角管の違いは何ですか?

各種類のステンレス鋼は一般的に同等の品質を持っていますが、それでもいくつかの小さな違いがあります。 ステンレス鋼を検索する際には、関連する金属の違いを知ることが重要です。 ここでは、角管に使用されるステンレス鋼の最も一般的な 321 種類である 316 と XNUMXL の違いについて説明します。

ステンレス鋼管はどのようなカテゴリーに分類されますか? ステンレス鋼管はどのようなカテゴリーに分類されますか?

貴金属の保全と特定のニーズを満たすために、ステンレス鋼管は、標準炭素鋼鋼管、高品質炭素構造用鋼管、合金構造用鋼管、合金鋼鋼管、軸受鋼管、継目無ステンレス鋼などのさまざまな種類に分類されます。パイプ。 ステンレス鋼管の種類や用途はさまざまであり、技術仕様や製造プロセスも異なります。 現在生産されている鋼管の肉厚範囲は 0.01 ~ 250 mm、外径範囲は 0.1 ~ 450 mm です。 鋼管の性質を区別するために以下のような分類方法を用いることが多いです。

ステンレス鋼304の特性 ステンレス鋼304の特性

304 ステンレス鋼の特徴を理解するには、まず 70 ステンレス鋼とは何かを理解する必要があります。 オーステナイト鋼は、世界のステンレス鋼総生産量の約 304% を占め、ステンレス鋼産業の根幹を成しています。 これらの製品の中で最も人気のある 18 ステンレス鋼は、8% のクロムと 18% のニッケルを含むため、8/XNUMX 鋼として知られています。

Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel

二相ステンレス鋼は、クロム、ニッケル、モリブデン、窒素などの化学原料を主成分とし、特殊な工程を経て製造された、オーステナイト相とフェライト相からなる特殊構造のステンレス鋼材です。 中でも2205ステンレスコイルは耐食性、強度、靱性に優れた二相ステンレス鋼材です。 化学工業、海洋、エネルギー、建設などの分野で広く使用されています。 2205ステンレス鋼コイルは他のステンレス鋼材と比較して、耐食性、強度、溶接性に優れています。 ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Gnee Steel Group は高品質のステンレス鋼製品のサプライヤーであり、いつでも対応する準備ができています。

410 ステンレス鋼板: 定義、製造、特性、用途 410 ステンレス鋼板: 定義、製造、特性、用途

現在最もよく使用されているグレードのステンレス鋼プレートの 410 つは 410 ステンレス鋼です。 410 ステンレス鋼プレートは非常に汎用性が高く、高強度、優れた機械的特性、適度な耐食性の独自の組み合わせを提供し、多くの用途に最適です。 航空宇宙、自動車、建設、家電製品、ハードウェアなどに使用できます。XNUMX ステンレス鋼シートおよびプレートの詳細については、読み続けてみましょう。

ステンレス丸管の謎 ステンレス丸管の謎

丸い形状をしたステンレス鋼管をステンレス丸管といいます。 家庭用と商業用の両方のさまざまな目的に頻繁に使用されます。 丸型ステンレス鋼管にはさまざまな直径とグレードがあり、304 と 316 が最も人気があります。 優れた機械的品質と耐腐食性により、建築、エンジニアリング、建築プロジェクトなどのさまざまな用途に最適です。

ステンレス鋼コイルをカスタムするにはどうすればよいですか? ステンレス鋼コイルをカスタムするにはどうすればよいですか?

さまざまな業界やさまざまなアプリケーションシナリオで必要とされるステンレス鋼コイルの仕様は異なります。 特定の寸法、仕様、特殊な材料、合金の要件から、特殊な表面処理の要件に至るまで、ステンレス鋼コイルの性能は、細部が XNUMX つ異なるだけで大​​きく異なります。 したがって、ステンレス鋼コイルは特定の業界のニーズに合わせて調整する必要があります。 GNEE Steel は、傘下に複数の工場を持ち、高品質のステンレス鋼コイルやその他の鋼材製品を提供し、各顧客に合わせたカスタマイズを提供するプロのステンレス鋼サプライヤーです。 この点に関してご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス鋼板の重量を計算するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板の重量を計算するにはどうすればよいですか?

プロジェクトに金属材料を選択するときは、予算に合った、優れた性能と見栄えの良いものが必要です。 つまり、材料の強度、耐食性、加工性などのいくつかの要素を考慮する必要があります。 最も重要な考慮事項の XNUMX つは重量です。重量はコストから配送まで、さまざまな要素に影響します。 一般に、請求および調達の目的では、鋼部品の重量を把握しておく必要があります。 パイプやプレートなどの鋼材製品のほとんどは、重量のみで市場で販売されています。 したがって、鋼板やその他の製品の計算は非常に重要です。 このブログでは、満足のいくSSプレートを簡単に選択できるように、ステンレス鋼プレートの重量を手動で計算する基本的な計算式のXNUMXつを学びます。

ステンレスサニタリーパイプ:理想的な素材 ステンレスサニタリーパイプ:理想的な素材

ステンレス鋼で作られた衛生鋼管は、機械構造の部品や化学、製薬、医療、食品、軽工業、機械、計測機器の分野で頻繁に使用される中空の長い丸鋼の一種です。 ステンレス鋼パイプの製品材質が異なると、動作も異なります。

ステンレス鋼管とプラスチック管の比較 ステンレス鋼管とプラスチック管の比較

配管プロジェクトに取り組む際の最初の作業の XNUMX つは、使用する材料の種類を決定することです。 プラスチック配管と金属配管の両方が、配管、排水、液体の再分配作業の大部分に使用される可能性がありますが、どちらが優れているのでしょうか? 軽量でコストが低いため、一部の請負業者はプラスチック製の配管材料を好みます。 しかし、ほとんどの用途には金属配管が最良の選択肢であると信じている人もいます。 それぞれを個別に見てみましょう。

二相ステンレスロールプライマー:理解から応用まで 二相ステンレスロールプライマー:理解から応用まで

二相ステンレス鋼は、優れた耐食性、高強度、加工性を兼ね備えた特殊なステンレス鋼です。 結晶構造にはオーステナイト (a 相) とフェライト (f 相) の XNUMX つの相があり、物理的特性はオーステナイト系ステンレス鋼とフェライト系ステンレス鋼の中間に位置し、優れた可塑性と靭性を示し、複数の用途シナリオで再利用できます。

2205 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと? 2205 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと?

2205 ステンレス鋼プレートは、塩化物や硫化水素を含む環境に適しており、酸性井戸からの石油やガスの抽出、造船、塩化物で汚染された溶液の処理に使用できます。 これは、優れた耐食性、耐隙間腐食性、耐孔食性、高強度、優れた加工性などの独特の特性によるものです。 このブログでは、2205二相ステンレス鋼板について詳しく学び、理解を深めていきましょう。

鋳鉄管、ステンレス鋼管、亜鉛メッキ管の見分け方は? 鋳鉄管、ステンレス鋼管、亜鉛メッキ管の見分け方は?

産業運営においては、適切なパイプ材料を選択することが重要です。 鋳鉄、亜鉛メッキ、またはステンレス鋼のパイプを使用する必要がありますか? XNUMX つのパイプ タイプにはそれぞれ長所と短所があります。 以下では、これら XNUMX つのマテリアルがどのように異なるかを説明するとともに、何を選択するかについてのリソースとアドバイスも提供します。

ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く

ステンレス鋼は、その優れた耐食性、多用途性、美的魅力により、現代工学の驚異に欠かせない金属素材となっています。 家電製品や自動車部品から重機や建築物に至るまで、さまざまな業界で高い需要があります。 ステンレス鋼の領域に深く入る前に、XNUMX つの主要なタイプのステンレス鋼、ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを理解することが不可欠です。 これらは最終的には同じ製品を指しますが、定義、特性、製造、用途の点で多少の違いがあります。 さあ、見てみましょう!

仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか? 仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか?

高精度で公差管理範囲が広いため、精密ステンレス鋼管は正確です。 精密チューブは、均一な厚さの壁、滑らかな内壁、完璧な表面を備えています。 表面粗さも通常のチューブに比べて粗くなりません。 冷間圧延精密鋼管とは、仕上げ圧延管の別名です。 シームレスパイプの製造方法です。 特にオイルシリンダー用継目無鋼管は他の種類に比べて品質基準が高く、高精度で表面研磨が施されているのが特徴です。 では、仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何でしょうか?

ステンレス鋼パイプの見事なシンフォニー: 強度、耐久性、多用途性のシームレスなブレンド ステンレス鋼パイプの見事なシンフォニー: 強度、耐久性、多用途性のシームレスなブレンド

高クロム濃度の鉄合金は、ステンレス鋼管と呼ばれる円筒形の中空体の製造に使用されます。 ステンレス鋼と呼ばれることが多いこの合金は、耐腐食性と酸化性に優れ、その並外れた強度、多用途性、寿命により、多くの業界にとって理想的な選択肢となっています。

321 ステンレス鋼コイルの謎を発見する 321 ステンレス鋼コイルの謎を発見する

ステンレススチールというと、さまざまなモデルがよく耳にされますが、その中でも注目を集めているのが 321 ステンレススチールです。 321 ステンレス鋼コイルは、321 ステンレス鋼をコイル状に巻いた製品です。 性能も良く、広く使われています。 次は私と一緒に見ていきましょう!

ステンレス鋼管のAP、MP、BA、EPグレードとは何ですか? ステンレス鋼管のAP、MP、BA、EPグレードとは何ですか?

ステンレス鋼管の価格を左右する要因 ブランド、材質、製造工程も重要ですが、最も重要なのは鋼管の表面処理技術です。 パイプの内面と外面は通常、パイプ材料の特性をさらに高めるために、酸洗不動態化 (AP)、機械研磨 (MP)、光沢焼鈍 (BA)、電解研磨 (EP) の XNUMX つの方法で処理されます。 試験結果と実際の経験により、表面処理により配管材料の粗さが減少し、表面吸着が弱くなることがわかっています。 AP、MP、BP、EP グレードのステンレス鋼パイプの違いは何ですか?

ステンレスパイプはどうやって磨くのですか? ステンレスパイプはどうやって磨くのですか?

ステンレス鋼チューブは、その強度と流線型の外観により、さまざまな分野で好まれています。 ただし、時間の経過とともに湿気、汚れ、その他の環境変数にさらされると、ステンレススチールが変色し始めることがあります。 しかし、ステンレスパイプの輝きを取り戻すには研磨が手っ取り早く簡単な方法です。

ステンレス鋼板の仕上げに関する究極のガイド ステンレス鋼板の仕上げに関する究極のガイド

ステンレス鋼板は、幅広い分野で使用される汎用性の高い金属素材です。 建設、機械、家電、エネルギー、厨房用品、装飾などに使用されます。しかし、実際の用途では、ステンレス鋼板の性能と外観をさらに向上させるために表面処理が必要になることが多く、これにより驚くべき効果が得られます。 これらの表面仕上げは、フライス加工、ブラッシング、研磨、エンボス加工、サンドブラスト、着色などのさまざまな加工方法で作成できます。このブログでは、実際に使用できるように、いくつかの一般的なタイプのステンレス鋼板の仕上げを中心に紹介します。

420 ステンレス鋼コイルの多用途性を探る 420 ステンレス鋼コイルの多用途性を探る

ステンレス鋼というと、誰もが 304 ステンレス鋼と 316 ステンレス鋼の名前を持ち、これらが最も一般的な 420 つのステンレス鋼であると考えています。 420 ステンレス鋼も比較的一般的なものです。 厨房の食器や病院の医療機器も多数ございます。 420ステンレス鋼のボリュームフィギュアが存在します。 次に、XNUMX ​​ステンレス鋼コイルのユニークな機能を見てみましょう。

ステンレス製の装飾パイプについてどのように理解していますか? ステンレス製の装飾パイプについてどのように理解していますか?

ステンレス化粧パイプは、見た目の美しさを追求したパイプです。 パイプの美的魅力が重要となる建築、装飾、その他の装飾要素に関わる用途でよく使用されます。 装飾用ステンレス鋼管にまつわる謎に迫ってみましょう。

なぜステンレス製の装飾パイプにも磁性があるのですか? なぜステンレス製の装飾パイプにも磁性があるのですか?

本物のステンレス鋼パイプは醜く非磁性であり、磁性があると偽物とみなされます。そのため、人々はステンレス鋼パイプに磁石を吸着させることでその品質と真正性をテストできるとよく信じています。 実際には、エラーを特定するこのアプローチは信じられないほど偏っており、非現実的です。 装飾ステンレス鋼パイプの磁気の問題について話しましょう。

ステンレスコイルスリット加工とは? ステンレスコイルスリット加工とは?

古代人が言ったように、ゴミをできるだけ少なく捨てた人が勝ちです。 ステンレス鋼は広く使用されている合金材料ですが、メーカーやプロジェクトによって必要とされるステンレス鋼の正確な形状とサイズは大きく異なります。 ここでステンレス鋼コイルのスリットが活躍します。 ステンレス鋼のフルサイズのコイルを部品の作成に必要な最小の幅に切断して、無駄を最小限に抑えることができれば、それは成功です。 次に、ステンレスコイルの切断技術について学びましょう!

穴あきステンレス鋼プレート: 建設プロジェクトの優れたヘルパー 穴あきステンレス鋼プレート: 建設プロジェクトの優れたヘルパー

ステンレス鋼のシートおよびプレートは、現代の産業および住宅プロジェクトで広く使用されています。 最も有名なシリーズの一つが穴あきステンレス鋼板で、優れた耐食性、強い浸透性、豊富な穴形状、高い靭性、幅広い用途を備えています。 その結果、世界中のステンレス鋼の卸売業者、サプライヤー、販売業者の間で広く普及しています。 今日は、穴あきステンレス鋼板とは何なのか、どこで使われるのか、どのように作られるのかを学びながら、穴あきステンレス鋼板の謎を一緒に探ってみましょう。 詳細については読み続けてください。

完璧な造形:ステンレス角パイプの精緻な探求 完璧な造形:ステンレス角パイプの精緻な探求

ステンレス角パイプは、優れた機械的耐性と耐食性で知られる合金であるステンレス鋼で構成されています。 現代の工業用建物や住宅用建物は、この適応性と耐久性のある構造コンポーネントに大きく依存しています。

430ステンレス鋼板とは何ですか? 430ステンレス鋼板とは何ですか?

最も広く使用されているフェライト系ステンレス鋼の 430 つである 430 ステンレス鋼プレートは、強度よりも耐食性が重要な屋内および屋外のプロジェクトで数多くの用途に使用されています。 自動車のトリムやキッチン用品から石油精製や屋根設備に至るまで、その範囲は多岐にわたります。 これは、軽度の腐食環境での優れた耐食性と、高温での酸化に対する優れた耐性によるものです。 また、オーステナイト系ステンレス鋼に比べて劣るが、成形性や加工性にも優れています。 ステンレス鋼 XNUMX シートとプレートの詳細については、引き続きお読みいただき、その様子をご覧ください。

ステンレス鋼管価格の謎を解明する ステンレス鋼管価格の謎を解明する

ステンレス鋼管は、鉄、クロム、ニッケル、マンガンなどの合金で作られた管状の製品です。 ステンレス鋼パイプは、強度、弾力性、耐熱性に優れているため、さまざまな業界で頻繁に使用されています。

ステンレス鋼コイルのサプライヤーはあなたのニーズを満たしていますか? ステンレス鋼コイルのサプライヤーはあなたのニーズを満たしていますか?

ステンレス鋼コイルは、多くの産業の影の英雄です。 これらのステンレス鋼は、建築から自動車、航空宇宙、家具に至るまであらゆるものに使用されており、さまざまなプロジェクトのバックボーンとなっている多用途の素材です。 ただし、このプロセスには無視できない重要な役割を果たしているのが XNUMX つあります。それはステンレス鋼コイルのサプライヤーです。

ステンレス溶接管の表面処理シンフォニーを極める ステンレス溶接管の表面処理シンフォニーを極める

溶接した ステンレス鋼管 代表的なパイプ材です。耐食性に優れ、強度が高いため、石油、化学、食品などの業界で幅広く使用されています。溶接はステンレス鋼溶接管の製造において重要な段階であり、溶接後の表面処理は重要なステップです。

ステンレス板のサイズ:厚さ、幅、長さ ステンレス板のサイズ:厚さ、幅、長さ

ステンレス鋼板は、建設、製造、輸送、食品サービス、繊維などのさまざまな業界で一般的に使用される金属材料です。 これは、強力な耐食性と耐酸化性、高い靭性、光沢のある仕上げ、優れた耐久性、およびメンテナンスの必要がないという独特の特性によるものです。 ステンレス鋼板を選択する場合、サイズという要素は無視できません。 ステンレス鋼プレートのサイズは、さまざまな用途や要件に対応するために異なります。 ステンレス板のサイズについてご存知ですか? ステンレス板のサイズはどれくらいですか? 要素はいくつありますか? これらの要素は何をするのでしょうか?

ステンレス鋼の溶接管とねじ切り管の違いは何ですか? ステンレス鋼の溶接管とねじ切り管の違いは何ですか?

多くのビジネスにおいて最も重要なコンポーネントの XNUMX つは配管システムであり、配管の材質が異なればさまざまな利点と欠点があります。 今日はねじ込みステンレス鋼管と溶接ステンレス鋼管の違いについて説明します。

ステンレス研磨板とその製造方法 ステンレス研磨板とその製造方法

ステンレス鋼には特定の種類の仕上げが必要な場合があります。 たとえば、注目度の高い建築物の外装の被覆材として使用される場合です。 このような場合、必要な表面を作成するには、さまざまなタイプの研磨方法を使用する必要があります。 Gnee Steel は、いくつかの異なる専門的な研磨技術を使用して、顧客が必要とする研磨されたステンレス鋼シートおよびプレートを作成できます。 すべての研磨は高水準で行われているため、完成した研磨ステンレス鋼板は印象的で清潔で光沢のある外観を持っています。

つや消しステンレス鋼板の長所と短所 つや消しステンレス鋼板の長所と短所

ステンレス鋼板に関しては、消費者が選択できる種類が数多くあります。 最も人気のあるバリエーションの XNUMX つは、つや消しステンレス鋼プレートです。 つや消しステンレス鋼シートは建築や装飾の定番となっており、その耐久性と洗練された外観で知られており、あらゆるデザインに現代性と洗練さを加えています。 このブログでは、つや消しステンレス鋼板の長所と短所を深く掘り下げ、さまざまな用途でそれがどのように利用されているかを探っていきます。 あなたが建築家であっても、ファッショニスタであっても (またはその両方)、このエレガントな素材からインスピレーションを受ける準備をしてください。

ステンレス角管コネクタについてどれくらい知っていますか? ステンレス角管コネクタについてどれくらい知っていますか?

ステンレス角パイプコネクタは、建設、建築、家具デザインなど、さまざまな業界で欠かせない部品です。 これらのコネクタは、角パイプの接合と固定に重要な役割を果たし、頑丈で多用途な構造の作成を可能にします。 ステンレス鋼角パイプ コネクタは、その卓越した強度、耐久性、簡単な取り付けプロセスにより、現代のエンジニアリング プロジェクトに欠かせないものとなっています。

薄肉ステンレス鋼管についてどれくらい知っていますか? 薄肉ステンレス鋼管についてどれくらい知っていますか?

人々の生活水準の向上に伴い、水源の質への注目が高まっています。 ステンレス鋼パイプはその明確な利点により、現在他の多くのパイプよりも際立っており、人気が高まり始めています。 しかし、ステンレス鋼管の材質は問題なく、多くのバリエーションが開発されています。 さて、薄肉ステンレス鋼管についてどれくらい知っていますか?

ステンレス鋼管の曲がりの原因と影響を理解していますか? ステンレス鋼管の曲がりの原因と影響を理解していますか?

ステンレス鋼管のカールは、ステンレス鋼管の製造過程で端部に発生する現象です。 ステンレスパイプの端を内側に曲げるカール加工の技術を説明します。 ステンレス鋼製のアイテムにシール、接続、その他のコンポーネントを提供するためによく利用されます。 パイプの使用と有効性は、この現象によって何らかの影響を受ける可能性があります。

アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか? アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか?

ステンレス鋼とアルミニウムのパイプには、どちらにも利点と欠点があります。 あるパイプ タイプが他のパイプ タイプより優れているのはなぜですか? アルミニウムとステンレス鋼の両方を製造するには、さまざまな化学的および物理的特性を持つさまざまな合金が使用されます。 一般に、オーステナイト鋼、フェライト鋼、マルテンサイト鋼の XNUMX 種類のステンレス鋼合金があります。 アルミニウムとステンレス鋼のどちらのパイプが適していますか?

波型ステンレス鋼シートを取り付けるにはどうすればよいですか? 波型ステンレス鋼シートを取り付けるにはどうすればよいですか?

波形ステンレス鋼板は異形ステンレス鋼板とも呼ばれ、ステンレス鋼板を圧延し、冷間曲げ加工してさまざまな波形形状に加工したものです。 従来の建築材料と比較して、軽量、高靭性、迅速な設置、低コスト、強力な耐食性、長寿命という特徴があります。 また、雨、火、雹、ハリケーン、その他の悪天候に対しても強い耐性を持っています。 そのため、屋根、壁材、フェンス、羽目板、装飾など、現代建築で広く使用されています。 では、ステンレス波板はどのように施工するのでしょうか? ここでは大まかに理解できるように詳細に紹介します。

ステンレス継目無管の測定方法は? ステンレス継目無管の測定方法は?

シームレス ステンレス鋼管 接合や溶接技術を一切使用せずに製造できるステンレス鋼パイプの一種です。ステンレス鋼の固体ビレットから作られており、パイプの中心と外側はビレットから切り出されています。この製造方法により、パイプに継ぎ目がなく、継ぎ目がないことが保証されます。全体として、ステンレス鋼シームレス パイプは、さまざまな産業用途において優れた性能と寿命を備えた、信頼性が高く適応性のあるオプションです。では、継目無ステンレス鋼管はどうやって測定するのでしょうか?

ステンレス鋼板の穴あけ完全ガイド ステンレス鋼板の穴あけ完全ガイド

ステンレス鋼板は耐久性、強度、耐食性で知られており、建物、電化製品、さらには装飾品を含む多くの用途に広く使用されています。 ただし、適用する場合、特定のジョブでは、目的の効果を得るために穴をいくつか開ける必要がある場合があります。 では、ステンレス板に穴を開けるにはどうすればよいでしょうか? この金属の組成は硬いため、きれいで正確な穴を開けるのは木や石材に穴を開けるよりも難しいため、これは気の遠くなるような作業になる可能性があります。 このブログでは、Gnee Steel がステンレス鋼板に穴を開ける方法を詳しく紹介します。 適切な工具と技術を使用することで、ステンレス鋼プレートにドリルを簡単かつ効率的に加工することができます。

高品質のステンレス鋼パイプはどこで購入できますか? 高品質のステンレス鋼パイプはどこで購入できますか?

購入する商品の品質と信頼性を保証するには、信頼できるステンレス鋼パイプのプロバイダーを選択することが不可欠です。 では、高級ステンレス鋼パイプはどこで入手できるのでしょうか? どのサプライヤーが有名ですか?

適切なステンレス鋼管を選択するにはどうすればよいですか? 適切なステンレス鋼管を選択するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼管の市場は、ステンレス鋼管を使用する現場が増え、拡大し始めています。 さらに、多くのメーカーがステンレス鋼管業界に参入したため、市場は二分化しています。 では、ステンレス鋼管を正しく選択するにはどうすればよいでしょうか?

ステンレス板に模様を付けるにはどうすればいいですか? ステンレス板に模様を付けるにはどうすればいいですか?

ステンレス鋼板はあらゆるプロジェクトに高いレベルの耐久性と強度をもたらします。 ただし、これでは十分ではない場合もあります。 多くのプロジェクトでは、見栄えの良いステンレス鋼プレートも必要です。 これが、多くのステンレス鋼板サプライヤーがこれらのシートにパターンを作成する理由です。建物の外装と内装に、特別なデザインと美しさを加えることができます。 さらに重要なことは、滑りを防ぐために摩擦を大幅に増加させることができるということです。 ステンレス板に模様を付ける方法はいくつかあり、それぞれに独自の特徴があります。 このブログでは、このトピックを詳しく見て、利用可能なさまざまなオプションのいくつかについて説明します。

銅管はステンレス鋼管より優れていますか? 銅管はステンレス鋼管より優れていますか?

以前は、銅パイプは市場でかなり一般的でした。 しかし、コストと市場の要因により、ステンレス鋼パイプを採用する人が増えています。 では、銅パイプとステンレス鋼パイプの違いは何でしょうか? 両者のうちどちらが優れていますか?

中実ステンレス鋼管と中空ステンレス鋼管の違いは何ですか? 中実ステンレス鋼管と中空ステンレス鋼管の違いは何ですか?

プロジェクトに使用する金属の種類を選択するときに、中実のステンレス鋼パイプと中空のステンレス鋼パイプのどちらを選択するかを決めるのは難しい場合があります。 強度対重量比が最も重要な決定要素であるため、中空チューブが最良の選択肢となる可能性があります。 正方形の中空片が同じ質量の棒よりも強いという事実に驚かれるかもしれません。 では、中実チューブと中空チューブの違いは何でしょうか?

厚肉ステンレス鋼管をどのように知っていますか? 厚肉ステンレス鋼管をどのように知っていますか?

当社が販売する厚肉鋼管は、他の金属製厚肉鋼管とともに、余剰地市場でさまざまなサイズで大量に購入されます。 その結果、幅広い製品の選択肢を迅速かつ非常に競争力のあるコストで提供することができます。 もちろん、購入した溶接厚肉鋼管はすべて品質検査されているため、品質を損なうことなく信頼できる厚肉鋼管を入手できることが常に保証されます。

ステンレス薄肉管とは何ですか? ステンレス薄肉管とは何ですか?

「薄肉ステンレス鋼管」とは、外径の肉厚が比較的薄いステンレス鋼管を指します。 ステンレス鋼の強度と耐食性を備えながら、軽量で柔軟なパイプです。

ステンレス鋼管の価格が大きく異なるのはなぜですか? ステンレス鋼管の価格が大きく異なるのはなぜですか?

ステンレス鋼パイプの産業用途には、石油化学、食品および飲料、石油およびガスなどが含まれます。 これらのパイプは、強度、耐腐食性、寿命に優れているため、メーカーやエンジニアに好評です。 ただし、いくつかの変動要因により、ステンレス鋼パイプのコストに大きな変動が生じる可能性があります。

ステンレス鋼管とフランジ管の接続についてご存知ですか? ステンレス鋼管とフランジ管の接続についてご存知ですか?

フランジパイプとステンレス鋼パイプは両方ともパイプラインシステムの一部であるため、それらを比較する必要がある場合があります。 フランジ パイプは、別の種類のパイプではなく、フランジが取り付けられた単なるパイプであることを理解することが重要です。 対照的に、ステンレス鋼パイプは、耐食性がありクロム含有量が高い合金であるステンレス鋼で構成される管状構造です。

ステンレス鋼管の寸法についてどれくらい知っていますか? ステンレス鋼管の寸法についてどれくらい知っていますか?

管状配管システムで使用されるパイプとチューブの寸法を記述する一般的な方法がいくつかあります。混乱することなく正確なサイズを計算する必要があります。通常、チューブとパイプのサイズは外径、壁の厚さ、長さによって定義され、チューブのサイズについては内径も言及されます。 、これらのパラメータは寸法の概念の基本です。

ステンレス鋼管を切断する方法と装置は何ですか? ステンレス鋼管を切断する方法と装置は何ですか?

ステンレス鋼パイプの標準長さは 6 メートルですが、多くのお客様は 3 ~ 10 メートルの範囲のカスタム長さを必要としています。 さまざまな種類のステンレス鋼製品を扱う加工業者は、切断と溶接を行う必要があります。 ステンレス鋼管の切断方法はどれが良いですか?

ステンレス板を腐食させる11の要因 ステンレス板を腐食させる11の要因

ステンレス鋼板は、最低 10.5% のクロム含有量を含む金属です。 クロムは空気中の酸素と反応して保護層を形成し、ステンレス鋼を耐腐食性と錆び性に優れたものにします。 クロムの含有量が多いほど耐食性が高くなり、金属は錆びにくくなります。 また、強度が高く、表面が滑らかで、加工性が良く、メンテナンスが容易なため、軽量および重量物の多くの用途に好まれています。 しかし、このような優れた機能を備えていても、結局のところ、ステンレス鋼板は錆びます。それは「ステンレス」であって「汚れない」ではありません。 ステンレス鋼板の一般的な腐食の種類と、この金属製品を使用する際に腐食を避けるためにどのような対策を講じるかを見てみましょう。

なぜ今、家具の製造にステンレス鋼パイプが使用されているのでしょうか? なぜ今、家具の製造にステンレス鋼パイプが使用されているのでしょうか?

ステンレス鋼パイプは家具製造で使用されることが増えていますが、使用される唯一の材料ではない場合もあります。 家具デザイナーは、ステンレス鋼のパイプを木材、ガラス、布地などの他の素材と組み合わせて、ユニークで美しい作品を作成することがよくあります。

ステンレスクラッド板とステンレス鋼板の違いは何ですか? ステンレスクラッド板とステンレス鋼板の違いは何ですか?

ステンレスクラッド板とステンレス鋼板は、建築、エネルギー、自動車、家電、タンク製造などに使用される主なステンレス鋼材です。どちらもステンレス鋼板ですが、名前だけでは少し雰囲気が異なります。 XNUMXつは「板」(ステンレス鋼板)に着目したもの、もうXNUMXつは「クラッド」(ステンレス鋼クラッド板)に着目したものです。 では、他にはどのような違いがあるのでしょうか? 詳細については、読み続けてください。

303ステンレス丸棒をご存知ですか? 303ステンレス丸棒をご存知ですか?

ステンレス鋼からなる断面が円形の金属棒の一種をステンレス丸棒といいます。 工業、エンジニアリング、建設、その他の業界でさまざまな目的で頻繁に利用されています。 ステンレス鋼は、耐食性、強度、見た目の美しさの点で好まれます。

ステンレス鋼の機械パイプについてどれくらい知っていますか? ステンレス鋼の機械パイプについてどれくらい知っていますか?

「機械用ステンレス鋼管」という用語は、機械的使用を目的としたステンレス鋼管を指します。 これらのパイプは、その卓越した強度、耐食性、長寿命により、圧力容器、ボイラー、油圧システム、構造部品用途など、さまざまな業界で利用されています。

ステンレス中厚板の概要 ステンレス中厚板の概要

優れた耐食性、高強度、優れた耐久性で知られるステンレス鋼の中厚プレートは、現代工学の創意工夫の証です。この特定のタイプの ステンレス鋼板 適度な厚さを誇り、通常は3mmから50mmの範囲です。さらに、このプレートは鉄、クロム、およびニッケルやモリブデンなどのさまざまな合金元素で構成されており、一連のユニークな特性を備えています。そのため、建築、建築、海洋プロジェクト、機械、化学工学などで人気があります。今日は、この製品について包括的に学び、さらに詳しく学びましょう。

銅パイプを切断するにはどうすればよいですか? 銅パイプを切断するにはどうすればよいですか?

配管作業で銅パイプを切断する際には、適切な器具が不可欠です。 銅パイプはさまざまな方法や器具を使用して切断できます。 スナップ カッター、パイプ スライス、振動マルチツール、弓のこ、パイプ カッターは、これらのツールの一部です。 パイプ カッター、特にハサミに似たものは、その中でも最高のものです。 非常に硬めの使いやすい楽器です。

ステンレス伸線板はどのように作られるのでしょうか? ステンレス伸線板はどのように作られるのでしょうか?

ステンレス鋼の伸線プレートは、鉄鋼業界で最も興味深い作品と言えます。 細心の伸線プロセスが行われます。プレートは一連の研磨材を通して繊細に引っ張られ、細い線で装飾されたテクスチャーのある表面が形成されます。 このプロセスにより、ステンレス鋼板の美しさが向上するだけでなく、耐久性と耐腐食性も向上します。 そのため、建築、家電製品、軽工業、デザイン、エレベーター用途で広く使用されています。

どのようにすべきかステンレス鋼管 カッターはどのように使用する必要がありますか?" title="カッターはどのように使用する必要がありますか? ステンレス鋼管 カッターを使用しますか?"> どのようにすべきか ステンレス鋼管 カッターを使用しますか?

パイプカッターは、使い方を知ってしまえば時間を大幅に節約できるかもしれません。 無駄な労力を避けるために、間違った機器の使用を開始する前に製品の説明をお読みください。 銅、PVC、ステンレス鋼パイプなど、さまざまなパイプ径や材質に合わせて作られたさまざまなタイプのパイプ カッターがあります。

熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い 熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い

熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板は、どちらも鉄鋼業界で使用される XNUMX つの主要な材料です。 優れた耐食性、高強度、良好な加工性能により、建築、自動車、エネルギー、家電製品などに応用されています。 ただし、両者には違いがあります。 最も大きな違いは、XNUMX つは熱間圧延製造プロセスで作られることです。 もう一方は冷間圧延プロセスによって製造されます。 これは、その後、耐食性、耐久性、特性、使用法、価格に異なる影響を与えます。 今すぐ続きを読んでください。

今後の中国のステンレス鋼管開発のXNUMXつの動向 今後の中国のステンレス鋼管開発のXNUMXつの動向

中国のステンレス鋼管市場は近年大きく成長し、発展しています。 今後の中国におけるステンレス鋼管の発展を理解するために、以下の多くの側面を考慮することができます。

プレスステンレス板とエンボスステンレス板の違い プレスステンレス板とエンボスステンレス板の違い

ステンレス柄プレート 表面に凹凸のあるステンレス鋼板の一種です。このテクスチャは、ローリングダイを使用してプレートの表面に画像をエンボス/スタンプすることによって作成されます。隆起した立体的なパターンを作成し、優れた滑り止め性能、優れた耐久性、強力な耐食性、優れた装飾目的を提供します。そのため、建築、装飾、家具、家電などに幅広く使用されています。しかし、模様のあるステンレス鋼板を製造する主な2つの方法として、スタンピングとエンボスの間に違いはありますか?プレスステンレス板とエンボスステンレス板の違いは何ですか?今すぐ読み続けてください!

ステンレス板の腐食を防ぐ9つの方法 ステンレス板の腐食を防ぐ9つの方法

ステンレス鋼板は「ステンレス」という材質のため、錆びや腐食に強いと一般的に思われています。 結局のところ、それがステンレス鋼プレートを標準鋼とは区別する際立った特性です。 ステンレス鋼プレートは多くの悪影響に対して「耐性」がありますが、特定の予防策を講じないと錆や腐食が発生する可能性があります。 では、ステンレス板を錆や腐食から守るにはどうすればよいのでしょうか?

ステンレス板の主な切断方法9選 ステンレス板の主な切断方法9選

ステンレス鋼板は、優れた耐食性、優れた柔軟性、高強度、緻密な平滑性を備え、様々な用途に使用される魅力的な素材です。 同様に、ステンレス鋼のシートやプレートから型を切り出し、多くの興味深く耐久性のある芸術作品をデザインするための優れた素材でもあります。 ただし、切断する材料の厚さや形状の複雑さによっては、作業を完了するために特別なツールやテクニックを使用する必要がある場合があります。

ステンレス鋼管の試験プロセスとは何ですか? ステンレス鋼管の試験プロセスとは何ですか?

現代産業の重要なコンポーネントであるステンレス鋼パイプは、材料の品質が基準を満たしていることを保証するために、製造中に複数段階の試験手順を経ます。 ステンレス鋼パイプの品質が標準に達していることを保証するには、どのような試験手順が必要ですか?

ステンレス鋼板を切断するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板を切断するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板の切断は、製造分野で人気のある原材料です。 この材料が大量に採用される理由は、その材料強度、耐久性、耐食性です。 しかし、これらの同じ特徴により、ステンレス鋼板の切断は非常に困難になります。 したがって、ステンレス鋼板を切断する場合には、十分な予備知識、完全な操作手順、および注意事項が必要になります。 この記事は、ステンレス鋼板の切断方法について必要な情報を提供することを目的としています。

食品グレードと医療用のステンレス鋼パイプは同じ仕様で作られていますか? 食品グレードと医療用のステンレス鋼パイプは同じ仕様で作られていますか?

医療用ステンレス鋼チューブは、医療現場での使用を目的とした特殊な種類のステンレス鋼チューブです。耐食性、耐高温、耐低温性などの特殊な特性により、さまざまな医療処置や医療機器で頻繁に使用されています。

ステンレス鋼板の選び方は? ステンレス鋼板の選び方は?

ステンレス板は腐食や錆びにくい金属素材です。また、仕上がりが滑らかで機械加工性が良く、メンテナンスフリーです。現在では、建設、商業、建築、ガス探査、装飾、金属加工などの多くの産業で広く使用されています。では、市場には品質の異なるさまざまなステンレス鋼板が存在しますが、どのように選択すればよいのでしょうか?

ステンレス鋼板の品質を識別するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板の品質を識別するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板は、軽量で耐久性が高く、非常に強度があり、さまざまな形状を形成できる多用途の製造材料です。建築プロジェクトや商業目的でステンレス鋼板の購入を検討している場合、ステンレス鋼板の品質を識別する方法がいくつかあります。そうすることで、購入したステンレス鋼のシートまたはプレートが最高品質の素材で作られていることを確認できます。

水処理にステンレス鋼管を選ぶ理由 水処理にステンレス鋼管を選ぶ理由

薄肉ステンレス鋼パイプは、給水システムで一般的なパイプ材料です。耐食性、耐高温、耐圧、健康、安全性などの利点があり、家庭用の温水、冷水、病院、学校、ホテル、太陽エネルギープロジェクトの純水とガスの配管システムに広く使用されています。 。

ステンレス鋼は磁性を持ちますか? ステンレス鋼は磁性を持ちますか?

「ステンレスは磁性があるのですか?」と尋ねると、ステンレスは全く磁性を持たないと考える人もいれば、鉄が含まれているので磁性があるに違いないと考える人もいます。真実を言えば、ステンレス鋼には磁性を有するものと磁性を持たないものがあります。磁性の決定的な要因はステンレス鋼の微細構造にあります。ステンレス鋼は「フェライト」と呼ばれる構造を持っており、これにより磁性が生じます。したがって、マルテンサイト系、フェライト系、二相ステンレス鋼は通常磁性を持ち、オーステナイト系ステンレス鋼はニッケルを含むため非磁性です。

ステンレス板の保管方法は? ステンレス板の保管方法は?

ステンレス板は現代の生活に欠かせない基礎建材です。高強度、優れた耐食性、滑らかな表面、メンテナンスフリーで知られており、長寿命を実現します。ただし、ステンレス板の保管・保存を無視してよいわけではありません。ステンレス板製品は錆びて消費者の使用に影響を与える可能性があるため、保管時に注意すべき点がいくつかあります。

ステンレス鋼管の溶接前の準備作業 ステンレス鋼管の溶接前の準備作業

よく使用されるパイプの種類の 1 つはステンレス鋼パイプです。一般に、製品の品質を保証するために、使用前に溶接手順を完了する必要があります。将来役立つので、正しい操作技術を習得する必要があります。

ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか? ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか?

ステンレス鋼板には、少なくとも 10.5% のクロム、1.2% 未満の炭素、およびニッケルやマンガンなどの他の合金元素が含まれており、耐食性と硬度が完全に向上します。そのため、装飾品から大規模な産業用途に至るまで、多くの業界で幅広い用途を提供します。ただし、ステンレス鋼プレートの最も一般的な用途の XNUMX つは、特定の用途のサイズや形状に合わせてさまざまな形状に曲げることです。では、ステンレス板を曲げるにはどうすればよいのでしょうか?

ステンレス鋼の密​​度について知っておくべきことすべて ステンレス鋼の密​​度について知っておくべきことすべて

実際、ステンレス鋼合金の密度は通常 7,500kg/m3 から 8,000kg/m3 の範囲内に収まりますが、ステンレス鋼の特定のグレードに応じてわずかに異なる場合があります。一般に、ニッケル含有量が多いステンレス鋼は密度が高く、クロム含有量が多いステンレス鋼は密度が低くなります。モリブデンや銅などの他の元素もステンレス鋼の密​​度に影響を与える可能性があります。このブログでは、計算式、係数、ステンレス鋼の特性への影響など、ステンレス鋼の密​​度について詳しく説明します。

同じ 304 ステンレス鋼パイプの価格が異なるのはなぜですか? 同じ 304 ステンレス鋼パイプの価格が異なるのはなぜですか?

多くの異なる分野や用途で頻繁に使用されるステンレス鋼パイプの一種は、304 ステンレス鋼パイプです。

ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板は耐久性があり、腐食に強い丈夫な素材です。そのため、建設、建築、エネルギー、海洋用途などを含む多くの業界で使用される建築材料として人気があります。特定のプロジェクトに合わせて切断、曲げ、溶接、加工することができます。ただし、ステンレス板の溶接は少し難しいです。確実に良好な溶接を行うために、必ず読んでください。

ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼プレートのフライス加工には、回転カッターを使用してステンレス鋼のワークピースから材料を除去するプロセスが含まれます。ステンレス板をフライス加工する際に考慮すべき重要なポイントをいくつか紹介します。ステンレス鋼板のフライス加工をより良く行うために、このブログをお読みください。

304 ステンレス鋼パイプの取り付け方法? 304 ステンレス鋼パイプの取り付け方法?

ニッケルとクロムを含む合金鋼からなるパイプの一種をステンレス鋼管といいます。堅牢性、耐腐食性、適応性が高いことで知られています。ステンレス鋼管はその特殊な性質から幅広い分野・用途で利用されています。

ステンレス鋼グレードの完全ガイド ステンレス鋼グレードの完全ガイド

ステンレス鋼のグレードは、その組成と特性に基づいていくつかのカテゴリに分類できます。各グレードは独自の特性を備えており、特定の用途に適しています。さまざまな種類のステンレス鋼グレードをさらに詳しく見てみましょう。

ステンレス鋼板にはどんな種類があるの? ステンレス鋼板にはどんな種類があるの?

ここ数十年で、ステンレス鋼板はさまざまな業界で使用される非常に人気のある素材になりました。いくつか例を挙げると、構造物、化学タンク、医療機器、食品加工装置の建設に使用できます。しかし、用途の深化に伴い、ステンレス鋼板にも多くのバリエーションが生まれています。今回は、この製品をより使いやすくするためのステンレス板の種類について詳しくご紹介します。

ステンレス鋼の基本ガイド ステンレス鋼の基本ガイド

ステンレス鋼は、世界で最も一般的で多用途な金属合金の 1 つです。多機能で強度があり、見た目も美しく、耐食性にも優れているため、さまざまな用途に最適です。最新のキッチン家電の表面から建物の構造梁、手術室の手術器具に至るまで、ステンレス鋼は私たちの身の回りにあります。このブログでは、ステンレス鋼とは何か、その定義、製造方法、種類、特性、限界、用途などについて説明します。

ステンレス鋼は錆びますか? ステンレス鋼は錆びますか?

ステンレスは美しい外観と優れた耐食性で知られています。お手入れが簡単で長持ちするため、キッチン用品から建築物まで幅広く使用されています。しかしそれは無敵であるという意味ではありません。ステンレス鋼は「ステンレス」ではありませんが、特定の状況下では腐食します。このガイドでは、何がステンレス鋼に「ステンレス」の性質を与えるのか、何がステンレス鋼を錆びさせるのか、そしてステンレス鋼の錆を防ぐためのベストプラクティスについて見ていきます。

食品グレードのステンレス鋼とは何ですか? 食品グレードのステンレス鋼とは何ですか?

食品グレードのステンレス鋼は、非反応性、耐腐食性、および洗浄が容易な特性により、食品の加工、保管、調理での使用に適した特定のタイプのステンレス鋼です。食品業界では、製品タンク、厨房機器、飲料水システム、食品コンベアベルトなどの製造に広く使用されています。つまり、食品業界にとって、食品の安全と衛生を確保するために食品グレードのステンレス鋼を使用することが重要です。基準を満たしています。

ステンレス鋼はどのように作られるのでしょうか? ステンレス鋼はどのように作られるのでしょうか?

ステンレス鋼は、優れた耐食性、高強度、魅力的な外観により、産業、建築、住宅の用途にわたって幅広い用途に使用されています。しかし、ステンレス鋼はどのようにしてスクラップや精製鉱石の山から最終的な形状や用途に至るのでしょうか?今日は探検してみましょう。

ステンレス鋼 304 と 316、違いは何ですか? ステンレス鋼 304 と 316、違いは何ですか?

ステンレス鋼 304 と 316 は、一般的に使用される 304 つのオーステナイト系ステンレス鋼グレードです。どのグレードがプロジェクトに適しているかを判断できるように、このブログでは 316 ステンレス鋼と XNUMX ステンレス鋼の違いを徹底的に調べます。

321ステンレス鋼とは何ですか? 321ステンレス鋼とは何ですか?

ステンレス鋼は、鉄、クロム、その他の金属から構成される高強度で耐食性の高い材料です。ステンレス鋼は、その多くの優れた特性により、世界中のほぼすべての業界で広く使用されています。このブログでは、主に 321 ステンレス鋼の主要な特性と用途に焦点を当てます。18 ステンレス鋼は、要求の厳しい高温環境で一般的に使用されるオーステナイト系 8/XNUMX クロム ニッケル合金です。今すぐ始めましょう。

SS同心減速機とSS偏心減速機の違い SS同心減速機とSS偏心減速機の違い

最も一般的に使用されるパイプ継手の 2 つは、ステンレス鋼の同心レデューサーとステンレス鋼の偏心レデューサーです。どちらの減速機も 2 本のパイプを接続するために使用されますが、構造と使用方法の点で明確な違いがあります。このブログでは、ステンレス製の同心減速機と偏心減速機の基本と、どちらが配管のニーズに適しているかを判断できるよう、それらの違いについて説明します。

企業情報 233 結果
ステンレス鋼 ステンレス鋼

ステンレス鋼は、質量比で 10.5% 以上のクロムを含む合金鋼で、優れた耐食性と耐高温性で知られています。 ステンレス鋼のクロムは、空気中に薄い酸化クロムの層を形成して表面に付着し、腐食を防ぐ役割を果たし、錆びにくくするため、「ステンレス鋼」と呼ばれています。

ステンレススチールコイル ステンレススチールコイル

ステンレス鋼コイルは、さまざまな産業分野でのさまざまな金属製品や機械製品の工業生産のニーズを満たすために製造される、主に細長い鋼板であるステンレス鋼で作られたコイル状の製品です。 ジーニーは、ステンレス鉄の大手代理店として、300系ステンレス鋼コイル、400系ステンレス鋼コイル、二相ステンレス鋼コイルなどのステンレス鋼コイル製品を取り揃え、お客様の多様なニーズにお応えいたします。

300シリーズステンレス鋼コイル 300シリーズステンレス鋼コイル

当社は主に300シリーズのステンレス鋼コイルを取り扱っており、代表的な301、304、316、321などのステンレス鋼コイルは建築、化学工業、食品加工、航空宇宙などの分野で幅広く使用されております。 Gnee は、高品質の製品、信頼性の高い配送、優れた顧客サービスで知られる国内大手サプライヤーとして、顧客のニーズに応え、長期的な関係を構築することに尽力しています。 当社を選択してください。お客様のエンジニアリングおよびビジネスのニーズを満たす高品質のステンレス鋼コイルを提供します。

ステンレス鋼板 ステンレス鋼板

ステンレス鋼板は、さまざまな用途に使用される現代的で汎用性の高い金属材料です。 一般的な用途には、建設、製造プロジェクト、食品加工、造船、化学装置、海洋保護などが含まれます。また、優れた靭性、強化された耐食性、滑らかな表面、および長寿命という特徴もあります。 だからこそ、世界中の多くの顧客に人気があるのです。 当社のステンレス金属プレートの在庫には、304、316、430 などの一般的なサイズ、厚さ、仕上げ、グレードが用意されています。詳細については、今すぐお問い合わせください。

ステンレス鋼管 ステンレス鋼管

ステンレス鋼管は中空で長い丸い鋼片で、石油、化学、医療、食品、軽工業などの分野で広く使用されています。 国民経済においてさまざまな用途があり、鉄鋼業界でも重要な製品です。 このパイプの製造に使用される最も一般的な 201 つの材料は、304 と XNUMX です。

ステンレス鋼管継手 ステンレス鋼管継手

ステンレス鋼管 継手は耐食性、耐高温性に優れているためあらゆる業界で広く使用されています。

ステンレス鋼の四角い管 ステンレス鋼の四角い管

断面が四角いステンレス鋼の管状製品をステンレス角管といいます。 工業生産において多用される素材の一つで、通常はステンレス鋼板を切断、かしめ、溶接等により形成します。

ステンレス鋼シームレスパイプ ステンレス鋼シームレスパイプ

シームレスステンレス鋼で作られた鋼管は、酸、アルカリ、塩などの化学的に攻撃的な媒体や、空気、蒸気、水などの弱い腐食性媒体に対して耐性があります。 ステンレス耐酸鋼管とも呼ばれます。 これは、鋼中に存在する合金成分により腐食に耐える中空の長い丸い鋼です。

304ステンレスシームレスパイプ 304ステンレスシームレスパイプ

長尺鋼管の一種で、断面が中空で全周に接続部がないものをステンレス鋼継目無鋼管(シームレス鋼管、耐酸ステンレス鋼管ともいいます)といいます。 一般的なステンレス鋼 304 は、430 ステンレス鋼よりも耐食性が高く、316 ステンレス鋼よりも安価です。 そのため、原子力、一般化学装置、食品製造装置などに多く使用されています。 シームレス加工技術により製造された304ステンレス鋼継目無パイプは内外径が正確で、溶接部がありません。

ステンレス模様プレート ステンレス模様プレート

ステンレス鋼のパターンプレートは非常に魅力的で柔軟な素材であり、見た目も良く、非常に優れた性能を発揮します。 床、階段、壁紙、スプラッシュバック、店舗備品、キャビン、エレベーター、建物などに使用できます。その理由は、その隆起したデザインに滑り止め機能と美的魅力の両方が組み込まれており、プロジェクトに特別なスタイルを追加できるからです。 さらに、耐久性、耐腐食性があり、取り付けも簡単です。 Gnee Group では、さまざまなデザイン、仕様、および 304、304L、316、316L、321 などの人気グレードのステンレス模様プレートを豊富に取り揃えています。詳細については、お気軽にお問い合わせください。

301 ステンレス鋼パターン プレート 301 ステンレス鋼パターン プレート

301ステンレス鋼パターンプレートは、滑り止め性能と美観を高めるために表面に凹凸パターンを備えた金属の一種です。 これは、優れた装飾性と実用性を兼ね備えており、建設、家庭および園芸、輸送、鉄道交通、製造、機械などの多くの業界で使用できます。これまでに、301、304、316、および 321 などのさまざまなグレードのステンレス鋼パターン プレートが開発されています。グニー工場で製造された XNUMX は、顧客の多様なプロジェクトに対応するために多くの国に輸出されています。 高品質かつ手頃な価格で当社から購入することを歓迎します。

400シリーズステンレス鋼コイル 400シリーズステンレス鋼コイル

当社では、400シリーズのステンレス鋼コイルを中心に、409、410、420、430などの一般的なモデルを取り扱っております。これらのステンレス鋼コイルは、建築、厨房機器、化学工業、自動車、医療機器などの分野で幅広く使用されております。 Gnee は、高品質の製品、信頼性の高い配送、優れた顧客サービスで知られる国内大手サプライヤーとして、顧客のニーズに応え、長期的な関係を構築することに尽力しています。 この点に関してご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス鋼クラッドプレート ステンレス鋼クラッドプレート

ステンレス鋼クラッド板は、ステンレス鋼に炭素鋼や低合金鋼を接合した高効率でコストパフォーマンスの高いクラッド材です。 この接合はカーボンメタルの必要な強度を継承するだけでなく、ステンレス鋼の耐食性や耐熱性も継承しており、大きな経済的メリットをもたらします。 そのため、船舶、貯蔵タンク、橋梁、温水タンク、プロセスプラントなどの製造に広く使用されています。Gnee Steel では、高品質のステンレス鋼クラッドプレートを販売用に在庫しています。 詳細については、ぜひご相談ください。

309ステンレスシームレスパイプ 309ステンレスシームレスパイプ

長尺鋼管の一種で、断面が中空で全周に接続部がないものをステンレス鋼継目無鋼管(シームレス鋼管、耐酸ステンレス鋼管ともいいます)といいます。 309 ステンレス鋼シームレス パイプはクロムとニッケルの含有量が高く、優れた耐水腐食性を備えており、高温用途で頻繁に使用されます。

301ステンレス鋼コイル 301ステンレス鋼コイル

301 ステンレス鋼コイルは、高強度、耐食性のクロムニッケル基合金コイル製品で、冷間加工で硬化でき、優れた耐食性と溶接性能を備え、航空機部品などのさまざまな要求の厳しい用途に適しています。 、建築装飾、自動車装飾、その他の分野。

304 ステンレス鋼パターン プレート 304 ステンレス鋼パターン プレート

304 ステンレス鋼のパターン プレートは、トラクションを向上させるための隆起またはエンボス加工されたパターンを除き、標準の 304 ステンレス鋼シートと同じ特性を備えています。 この特徴により、摩擦を増加させ、保護を提供するために、工業、商業、装飾、個人の分野などで広く使用されています。 Gnee Steel は現在、顧客の特定の要件を満たすために、さまざまなグレード、サイズ、厚さの高品質 SS パターン プレートを在庫しています。 今すぐお問い合わせください。

304ステンレス鋼コイル 304ステンレス鋼コイル

304 ステンレス鋼コイル は、低炭素、モリブデン含有オーステナイト系ステンレス鋼コイル製品です。高温耐性、優れた加工性能、優れた靭性などの利点があります。ステンレス鋼の中でも一般的な鋼材です。家庭装飾、食品、医療、産業業界で広く使用されています。

316 ステンレス鋼パターン プレート 316 ステンレス鋼パターン プレート

316ステンレス模様板とは、316等級のステンレス鋼板の一種で、表面に凹凸模様を施したものを指します。 これらの見事なパターンデザインは立体感を生み出し、芸術的価値を生み出し、さまざまな用途に広く使用されています。 これには、建築プロジェクト、住宅改修、展示品、家具、エレベーターの内装、キッチンキャビネット、壁パネルなどが含まれます。Gnee Steel では、3 および 316L ステンレス鋼の模様付きプレートを販売しており、一般的な模様、サイズ、厚さで入手できます。 詳細については、今すぐお電話ください。

316ステンレス鋼コイル 316ステンレス鋼コイル

316 ステンレス鋼コイル材は、オーステナイト系クロムニッケルステンレス鋼で、優れた溶接性と加工性により、さまざまな形状やサイズの製品に加工しやすく、高耐食用途のさまざまな要件に適した信頼性と耐久性のある材料です。 この分野でニーズがある場合は、お気軽にお問い合わせください。最も専門的なアドバイス、最適な製品、最高のサービスを提供します。

321 ステンレス鋼パターン プレート 321 ステンレス鋼パターン プレート

321 ステンレス鋼のパターン プレートは、強力な耐食性、エレガントな表面、優れた強度、優れた成形性、優れた滑り止め性能を備えています。したがって、石油とガスのパイプライン、石油化学と化学処理、航空宇宙、産業、さらには建築コンポーネントなどの幅広い用途に最適です。 321 はその多用途性により、 ステンレス鋼の模様のプレート 世界中で頼りになる素材になります。

321ステンレス鋼コイル 321ステンレス鋼コイル

321ステンレス鋼は、チタンを含有し、高温耐食性に優れた安定したオーステナイト系ステンレス鋼です。 これから製造される321ステンレス鋼コイルは、高温耐性、耐食性、溶接の容易さ、成形の容易さ、外観の美しさなど、多くの優れた特性を備えています。 航空宇宙、化学、石油、食品加工、その他の産業で広く使用されています。 この分野で何かご要望がございましたら、お気軽にご相談ください!

304 ステンレス鋼角管 304 ステンレス鋼角管

「角パイプ」とは、辺の長さが等しい鋼管を指します。 プロセスによってストリップコイリングが行われます。 通常、ストリップは開梱され、平らにされ、コイル状に巻かれ、溶接されて丸管が製造され、丸管から角管に巻かれた後、必要な長さに切断されます。 304ステンレス鋼角パイプは角管の一種です。

316Lステンレス角管 316Lステンレス角管

「角パイプ」とは、辺の長さが等しい鋼管を指します。 プロセスによってストリップコイリングが行われます。 通常、ストリップは開梱され、平らにされ、コイル状に巻かれ、溶接されて丸管が製造され、丸管から角管に巻かれた後、必要な長さに切断されます。 316Lステンレス角管は角管の一種で、極低炭素鋼板316ステンレス鋼とも呼ばれます。

321 ステンレス鋼角管 321 ステンレス鋼角管

辺の長さが等しい鋼管を「角管」と呼びます。 321ステンレス角管とは何ですか? 321ステンレス鋼、チタンで安定化させた全体的な耐食性に優れたオーステナイト系ステンレス鋼で作られた角パイプです。

316Lステンレス鋼シームレスパイプ 316Lステンレス鋼シームレスパイプ

長尺鋼管の一種で、断面が中空で全周に接続部がないものをステンレス鋼継目無鋼管(シームレス鋼管、耐酸ステンレス鋼管ともいいます)といいます。 オーステナイト系ステンレス鋼は、316Lステンレス鋼継目無鋼管です。 周囲の継ぎ目のない、円形、正方形、または長方形の断面を持つ中空の鋼材です。 Moの存在により耐食性が向上します。

310ステンレスシームレスパイプ 310ステンレスシームレスパイプ

オーステナイト系ステンレス鋼 310/310S 合金は、ニッケルとクロムの含有量が非常に高く、耐熱性があるため、低温で頻繁に使用されます。 非常に堅牢で溶接可能です。 延性に優れているため、さまざまな用途に適しています。 グレード 310 ステンレス鋼パイプは、他の材質クラスに比べて腐食がほとんどなく、高温でも優れた性能を発揮します。

三方四方管継手 三方四方管継手

ステンレス鋼ティーおよびクロスパイプ継手は、ステンレス鋼管継手の一種です。 ステンレス鋼製の接続管継手は、耐食性、耐高温性、高強度の特性を備えています。 化学、石油などの分野で広く使用されています。

ステンレス製エルボ ステンレス製エルボ

ステンレス鋼エルボは、パイプシステム用のステンレス鋼で作られた一種のパイプ接続継手で、通常45度、90度、180度、およびその他の角度で、パイプの流れの方向または方向を変更するために使用されます。

ステンレス鋼製レデューシングティー ステンレス鋼製レデューシングティー

ステンレス鋼ティー管継手、ステンレス鋼ティーとも呼ばれます。 ステンレス鋼管 継手は、90 度で接続された 90 本のパイプまたはパイプを指します。 XNUMX本のパイプをXNUMX度に接続するパイプアセンブリで、横から見ると「T」の字に見えることから「Tシャツ」とも呼ばれます。

4方ボールバルブ ステンレス鋼 4方ボールバルブ ステンレス鋼

四方ボールバルブステンレス鋼とは、ステンレス鋼製の配管接続要素を指します。

ステンレス穴あきプレート ステンレス穴あきプレート

ステンレス鋼の穴あきプレートは、ステンレス鋼の丸穴プレートとも呼ばれ、機械的に打ち抜き、打ち抜き、または切断された板金です。 ステンレス鋼板s.この方法は、実用的または美的目的のために、さまざまな穴のサイズ、形状、またはパターンを作成するのに理想的です。そのため、HVAC プロジェクト (暖房、換気、空調)、内部および外部被覆、消音、遮蔽、構造支持、家具などに広く使用されています。 Gnee 穴あきステンレス鋼プレートは、さまざまな穴の形状、ピッチ、サイズ、グレードで入手できます。ご興味がございましたら、詳細についてお問い合わせください。

ステンレス波板 ステンレス波板

ステンレス鋼波形プレートは、ステンレス鋼プロファイルプレートとも呼ばれ、ステンレス鋼プレート上でさまざまな波形プロファイルに圧延および冷間曲げされた金属シートです。 優れた耐食性、優れた耐久性、ユニークなデザイン、柔軟な手頃な価格、軽量、迅速な設置、簡単なメンテナンスという特徴があります。 したがって、建設、商業、住宅、機械、化学、輸送、農業などで広く使用されています。詳細または注文については、すぐに Gnee ステンレス鋼供給社にお問い合わせください。

ステンレス中厚板 ステンレス中厚板

一般的にステンレス中厚板を指します。 ステンレス鋼板 厚さは4〜25mmです。熱間圧延または冷間圧延で製造されることが多く、靭性が高く、耐食性に優れ、加工性も良好です。これは、鉄鋼構造物、圧力容器、造船、自動車工学、海洋プロジェクトなどを含むさまざまな用途に対応する完璧なソリューションを提供します。Gnee Steel は、321、347、410、および 904L グレードの高級ステンレス鋼中厚板を提供しています。ご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください。

二相ステンレス鋼コイル 二相ステンレス鋼コイル

二相ステンレス鋼は、オーステナイト相とフェライト相からなる特殊な構造のステンレス鋼材料です。 石油化学、海水処理、化学処理などの分野で幅広く使用されています。 ステンレス鋼の大手サプライヤーとして、Gnee は高品質の製品、信頼性の高い納期、優れた顧客サービスで定評があります。 必要な場合は、お問い合わせください。

ステンレス鋼溶接管 ステンレス鋼溶接管

ステンレス鋼溶接管とは何ですか?ユニットと金型によってコイル状に巻かれて成形された後、溶接管としても知られるステンレス鋼溶接管は、鋼または鋼帯で作られた鋼管に溶接されることがよくあります。中空ストリップリングの一種です ステンレス鋼板 原油、化学プラント、医療診断と治療、食品、軽工業、家具製造、造園工学などのプロジェクトで頻繁に使用されます。

ステンレス伸線板 ステンレス伸線板

ステンレス伸線プレートは、表面に線のスタイルを追加するシートの一種です。 この加工により、ステンレス板の表面の傷が消えるだけでなく、鏡のような金属光沢がなく、高級感のあるマットな質感が得られます。 そのため、エレベーターのドアパネル、3C デジタル製品、ロゴの壁、家電製品などを含む装飾や軽工業での応用が多くなっています。Gnee Steel は現在、ブラックチタンブラッシュステンレス鋼プレートとステンレス鋼インク描画プレートの両方を在庫しており、販売を待っています。あなたからのお問い合わせを受け付けます!

異形ステンレス鋼管 異形ステンレス鋼管

異形ステンレス鋼管とは? 溶接異形管や継目無異形管など、従来のステンレス鋼管とは断面形状が異なるステンレス鋼管の総称をステンレス異形鋼管といいます。 ステンレス鋼の特殊形状チューブは、その組成上、通常 304、304L、316L などのステンレス鋼で作られています。 これは、さまざまな機械部品、工具部品、構造部品に頻繁に利用されます。

347 ステンレス鋼角管 347 ステンレス鋼角管

ステンレス347とは何ですか? コルタンとタンタルが含まれているため、347 ステンレス鋼は安定した合金です。 炭化クロム析出の分野では、粒界腐食に耐性があり、高温 (800 ~ 1500°F) での動作寿命が長くなります。 高いクリープ特性や応力破断特性などの優れた機械的特徴を備えています。

エルボシリーズ管継手 エルボシリーズ管継手

エルボシリーズ管継手は、配管の接続方向を変えるために使用される接続管継手で、通常はステンレス鋼製で、耐食性、耐高温性などに優れています。

ステンレスヘッド楕円形 ステンレスヘッド楕円形

本稿では、ステンレスヘッドオーバルの特徴と用途について詳しく説明し、ステンレスヘッドオーバルの優れた性能と用途を示します。

310 ステンレス鋼クラッド プレート 310 ステンレス鋼クラッド プレート

310 ステンレス鋼クラッド プレートは、炭素鋼とステンレス鋼の完璧な組み合わせです。 ステンレス鋼の耐食性を保持するだけでなく、炭素鋼の優れた機械的性質や加工性も併せ持ち、低コストかつ高性能の効果を実現します。 また、グレード310の優れた耐熱性と耐食性により、このプレートはエンジニアリング、建設、製造、石油・ガス、化学、食品加工業界などで広く使用されています。この材料をお探しの場合は、お気軽にお問い合わせください。さらなる議論。

316 ステンレス鋼クラッド プレート 316 ステンレス鋼クラッド プレート

316ステンレス鋼クラッド板は、炭素鋼とステンレス鋼の利点を最大限に発揮する新しいタイプの金属構造材料です。 炭素鋼の優れた強度、靱性、加工性を確保しつつ、ステンレス鋼のある程度の耐食性、耐酸化性、耐摩耗性も兼ね備えています。 そのため、建設、繊維、石油、自動車、エネルギー、製紙、3Dプリンティング、公共施設などのさまざまな分野に適しています。 必要な場合は、詳細についてお問い合わせください。

304 ステンレス鋼溶接パイプ 304 ステンレス鋼溶接パイプ

パイプの接合には、プラズマ溶接、アルゴンアーク溶接、サブマージアーク溶接、光速溶接、高周波溶接などが使用されます。 304ステンレス鋼は代表的なステンレス鋼であり、304ステンレス鋼溶接管は304ステンレス鋼で製造された溶接管の一種です。

347 ステンレス鋼クラッド プレート 347 ステンレス鋼クラッド プレート

347ステンレス鋼クラッド板は、炭素鋼ベースとステンレス鋼クラッドからなる複合板です。 ステンレス鋼の耐食性、耐摩耗性、装飾性と、炭素鋼の優れた機械的強度、加工性、低コストを兼ね備えています。 したがって、鉱業、製造、発電、建設、輸送、その他の高温用途で広く使用されています。 Gnee Steel は現在、さまざまなサイズ、寸法、厚さ、形状の 347 および 347H ステンレス鋼複合プレートを在庫しています。 必要な場合はご連絡ください。

409ステンレス鋼コイル 409ステンレス鋼コイル

409ステンレス鋼コイルは、鉄、クロム、チタンなどから構成される特殊なステンレス鋼材で、耐食性、機械的性質、成形性に優れています。 自動車製造、石油化学産業、環境保全設備など幅広い分野で使用されており、総合的な機能と高いコストパフォーマンスを備えたステンレス製品です。 Gnee は、鉄鋼のトップサプライヤーとして、高品質の製品と優れたサービスを提供します。お気軽にお問い合わせください。

ステンレスベンドパイプ ステンレスベンドパイプ

ステンレスベンドパイプは、耐食性、耐高温、耐高圧性に優れたステンレス鋼製の管です。

ステンレス製異形フランジ ステンレス製異形フランジ

ステンレス鋼プロファイルフランジチューブは、さまざまな産業用途で使用される特殊なタイプのパイプ継手です。 パイプのセクションを結合または結合して、安全で漏れのない接続を提供するように設計されています。

316L ステンレス鋼溶接パイプ 316L ステンレス鋼溶接パイプ

316L ステンレス鋼溶接管は 316L ステンレス鋼材料を使用して作られた溶接管であり、316L ステンレス鋼は 316 ステンレス鋼の低炭素バージョンです。

309Sステンレス鋼溶接管 309Sステンレス鋼溶接管

309Sステンレスとは何ですか? 309Sステンレス鋼溶接管は、クロム(Cr)、ニッケル(Ni)成分を多く含み、高温耐食性、耐酸化性に優れた高合金ステンレス鋼である309Sステンレス鋼材を使用した溶接管です。

310Sステンレス鋼溶接管 310Sステンレス鋼溶接管

310S ステンレス鋼管は、25Cr20Ni 系に属する高合金ステンレス鋼です。 310ステンレススチールバージョンです。 文字 S は特殊用途を表します。 国家規格は 0Cr25Ni20 ですが、アメリカ規格は 310S であり、どちらも高温耐性の炉管の製造に広く使用されています。

パイプエンドキャップ ステンレス鋼 パイプエンドキャップ ステンレス鋼

ステンレス製のパイプエンドキャップは丸みを帯びた形状でパイプの先端にフィットします。 パイプの端を確実に密閉し、水や漏れを防ぐために、パイプにねじ込み、溶接、または圧力ロックすることができます。

ステンレス楕円パイプ ステンレス楕円パイプ

ステンレス鋼管には一般的なものに加え、扇形、三角形、谷形、楕円形などの特殊な形状のステンレス鋼管が存在します。 ステンレス鋼の楕円管が最も普及しており、ステンレス鋼のプロジェクトでよく使用されます。 楕円形の断面を持つステンレス鋼のパイプで、多くの場合、ステンレス鋼のストリップを機械加工し、溶接して構成されています。

ステンレス鋼溝付管 ステンレス鋼溝付管

ステンレス鋼製溝管は、 ステンレス鋼管 溝の形状、通常は長方形、正方形、または楕円形の断面を持ち、その表面には溝またはくぼみの特徴があり、特定の用途環境では独特になります。ステンレス鋼溝管、溝付きステンレス鋼管、または溝付きステンレス鋼管としても知られ、装飾、構造、工業用途で広く使用されています。

304 ステンレス鋼楕円パイプ 304 ステンレス鋼楕円パイプ

304ステンレス鋼の楕円パイプは、 ステンレス鋼管 楕円形の断面を持つ。楕円管は、一般的な円管よりも独特の外観と絶妙なラインを備えているため、一部の装飾、構造、工業業界で頻繁に使用されています。

310 ステンレス鋼の溝付きチューブ 310 ステンレス鋼の溝付きチューブ

310ステンレス鋼とは一体何ですか?ステンレス鋼製溝管は、 ステンレス鋼管 通常、パイプの長さに沿って配置された方向に溝のある断面を備えているため、溝付きパイプという用語が付けられています。 310 ステンレス鋼溝管は、310 ステンレス鋼で作られた特殊な形状のステンレス鋼管です。

420ステンレス鋼コイル 420ステンレス鋼コイル

420 ステンレス鋼コイルは、優れた硬度、強度、耐摩耗性を備えた高炭素高クロムステンレス鋼です。 主な用途には、ナイフ、医療機器、装飾品、産業機器などの製造が含まれます。 Gnee Steel Groupはステンレス鋼の専門サプライヤーであり、高品質のステンレス鋼コイルやその他の鋼製品を提供しています。このようなご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

430ステンレス鋼コイル 430ステンレス鋼コイル

430 ステンレス鋼コイル 鉄クロム合金ステンレス鋼コイル材料の一種で、磁性があり、耐熱性が高く、表面が滑らかで、加工が簡単です。経済的で実用的なステンレス素材です。必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。Gnee はいつでもお手伝いいたします。

2205ステンレス鋼コイル 2205ステンレス鋼コイル

2205 ステンレス鋼コイルは、耐食性、強度、靱性に優れた二相ステンレス鋼材です。 化学工業、海洋、エネルギー、建設などの分野で広く使用されています。 ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Gnee はいつでもお手伝いいたします。

410ステンレス鋼コイル 410ステンレス鋼コイル

410ステンレス鋼コイルは、400シリーズステンレス鋼コイルの代表的なものの410つであり、工業製造、建築装飾、自動車産業、化学機器、医療機器などの分野で広く使用されています。 XNUMX ステンレス鋼コイルまたはその他のステンレス鋼製品が必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。Gnee は最も専門的なアドバイス、最適な製品、最高のサービスを提供します。

2507ステンレス鋼コイル 2507ステンレス鋼コイル

2507 ステンレス鋼コイルは、オーステナイト系ステンレス鋼とフェライト系ステンレス鋼の特性を組み合わせた鋼コイル製品です。 貨物倉、継手、熱交換器、温水タンク、油圧配管、昇降装置および滑車装置、プロペラ、シャフト、うず巻形ガスケット、貯蔵容器、給湯器など、さまざまな用途に使用できます。ご要望がございましたら、お問い合わせください。Gnee はいつでもご対応いたします。

ステンレス鋼箔 ステンレス鋼箔

ステンレス箔は、厚さ0.25mm未満のステンレス鋼の薄いストリップです。 電子部品、化学・医療機器、自動車部品の製造などの高精度用途でよく使用されています。 さらに、個々の顧客のニーズを満たすために、さまざまな厚さ、幅、長さに巻くことができます。

300シリーズステンレス鋼箔 300シリーズステンレス鋼箔

300 シリーズ ステンレス フォイルは、AISI 300 シリーズのステンレス鋼製のシート材料です。 このカテゴリのステンレス鋼ホイルは、主に 304、304L、316、316L、およびその他のタイプのステンレス鋼で構成されます。 高級ステンレス鋼板を基本素材とし、熱間圧延、冷間圧延、焼鈍、酸洗などのさまざまな方法で加工されます。

400シリーズステンレス鋼箔 400シリーズステンレス鋼箔

ステンレス箔シリーズ400とは? 300シリーズと400シリーズの両方を含む非常に薄いステンレス鋼シートです。 400 シリーズ ステンレス鋼フォイルはステンレス鋼フォイルの一種で、その中で最も一般的なのは 430 ステンレス鋼です。

ステンレス鋼プロファイル ステンレス鋼プロファイル

主にステンレス鋼アングル鋼、ステンレス鋼チャンネル鋼、ステンレス鋼平鋼、ステンレス鋼 I ビーム、ステンレス鋼ロッドが含まれます。ステンレス鋼プロファイルは多用途性と強度を提供します。耐久性、耐食性、美観に関して言えば、ステンレス鋼プロファイルは最も優れています。さまざまな業界で第一選択となります。 これらのプロファイルは幅広いオプションを提供し、それぞれに独自の特性と用途があります。

316 ステンレス鋼フォイル 316 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼ホイルはステンレス鋼の薄いシートであり、その独特の特性により通常さまざまな用途に使用されます。ステンレス鋼ホイルは、通常、厚さが 0.006 インチ (0.15 mm) 未満の平坦なステンレス鋼の薄いシートです。通常、ロールまたはシートで入手できます。ステンレス鋼箔は主に鉄でできており、クロムとニッケルやモリブデンなどの他の合金元素が添加されています。正確な組成は、ステンレス鋼の特定のグレードによって異なります。

321 ステンレス鋼中厚板 321 ステンレス鋼中厚板

321ステンレス中厚板とは、厚さ4~25mmのステンレス鋼板を指します。優れた耐食性、高強度、耐スケール性、良好な溶接性で知られています。これにより、プレートは、製造、建設、エンジニアリング、航空宇宙、化学処理、食品加工、自動車分野を含む無数の産業に確実に参入します。 321 ステンレス鋼の中厚プレートが必要な場合は、今すぐ Gnee まで詳細をお問い合わせください。

410 ステンレス鋼フォイル 410 ステンレス鋼フォイル

多くの異なる用途で使用される典型的なステンレス鋼材料は 410 ステンレス鋼フォイルです。 410 として知られるマルテンサイト系ステンレス鋼合金は、高度な強度、硬度、耐食性を備えています。少なくとも 11.5% のクロムが含まれているため、蒸気、多くの中程度の化学条件、穏やかな雰囲気での腐食に対して耐性があります。 410 ステンレス鋼ホイルは、ステンレス鋼製品を専門とするベンダーやメーカーによって提供されています。シート、ストリップ、ワイヤーの形状で提供されます。

347 ステンレス鋼中厚板 347 ステンレス鋼中厚板

347 ステンレス鋼の中厚プレートは、優れた強度と靭性を備え、長寿命と、かなりの負荷や衝撃に耐える能力を保証します。これにより、特に腐食性物質にさらされやすい環境でのさまざまな用途に非常に適しています。建築から重産業機械、食品加工から医療用途まで欠かせない存在です。鉄鋼プロジェクトをアップグレードするための 347 ステンレス鋼中厚板が必要な場合は、詳細についてお問い合わせください。

410 ステンレス鋼中厚板 410 ステンレス鋼中厚板

410ステンレス中厚板とは410~4mmの25ステンレス鋼板を指します。耐食性、耐熱性、機械的強度、磁気特性に優れています。そのため、航空宇宙、自動車、建設、食品加工など、さまざまな業界で広く使用されています。 Gnee Steel では、321、347、410、904L グレードの高品質ステンレス鋼中厚板を提供しています。詳細については、今すぐお問い合わせください。

904L ステンレス鋼中厚板 904L ステンレス鋼中厚板

904L ステンレス鋼中厚板は、希硫酸に対する優れた耐食性を備え、化学処理業界、石油・ガス業界、製薬業界、海洋環境で一般的に使用される過酷な腐食条件向けに設計されています。これは、904L ステンレス鋼が 316L ステンレス鋼と比較して耐食性に優れており、2205 二相ステンレス鋼や 304 ステンレス鋼と比較して独自の強度を備えているためです。高い引張強度、優れた成形性、良好な溶接性、耐熱性、低磁性を示します。

420 ステンレス鋼フォイル 420 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼ホイルは、ステンレス鋼の薄いシートまたはストリップであり、通常、産業および商業環境でさまざまな用途に使用されます。ステンレス鋼箔は主に、鉄、クロム、ニッケルやモリブデンなどの元素の合金であるステンレス鋼でできています。フォイルに使用される最も一般的なタイプのステンレス鋼は、304% のクロムと 18% のニッケルを含む 8 ステンレス鋼です。ステンレス鋼ホイルは、シートやロールなどのさまざまな形状で入手できます。ホイルは、特定の用途要件に合わせてさまざまな形状やサイズに簡単に成形できます。

304 ステンレス鋼の波板 304 ステンレス鋼の波板

304 ステンレス鋼波板は、304 ステンレス鋼で作られた鋼の一種です。耐食性、高強度、軽量、美しい外観の特徴を持ち、製造業、建設業、自動車、食品加工業、化学工業などで広く使用されています。これらの波形デザインは優れた強度と剛性を提供するため、プレートは耐久性と構造的完全性の両方を必要とする用途に最適です。 304 ステンレス鋼波板を購入するには、今すぐお問い合わせください。

430 ステンレス鋼フォイル 430 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼ホイルはステンレス鋼の薄いシートで、自動車や航空宇宙分野だけでなく、断熱や包装の目的でもよく使用されます。強度、耐久性、耐腐食性が高いことで知られています。特定の商業または産業のニーズを満たすために、ステンレス鋼ホイルはさまざまなグレードと厚さで入手できます。

316 ステンレス鋼の波板 316 ステンレス鋼の波板

316ステンレス波板は316製です。 ステンレス鋼板冷間曲げ加工により、さまざまな形の波形パターンに圧延されます。その波形は鋼の構造的完全性を高めるだけでなく、現代的な美学も示しています。これにより、非常に汎用性が高く、化学および食品加工、輸送、海洋環境、建築構造物などのさまざまな産業に適しています。 Gnee Steel は、316 グレードと 316L グレードの両方のステンレス鋼波形シートを提供しています。詳細については、今すぐお問い合わせください。

440 ステンレス鋼フォイル 440 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼箔として知られるステンレス鋼の薄いシートまたはストリップは、さまざまな商業および産業用途で頻繁に利用されています。成分:ステンレス箔の主成分はステンレス鋼であり、鉄、クロムなどからなる合金です。フォイルの製造に最も使用されるステンレス鋼グレードは 304 および 316L です。

304 ステンレス鋼フォイル 304 ステンレス鋼フォイル

ステンレス鋼 304 で作られたホイルは、一般的なタイプのステンレス鋼です。錆びや1000度から1800度の高温に対する耐性は、タイプ201から作られたステンレス鋼ストリップよりも優れています。304ステンレス鋼箔は、良好な粒界腐食耐性と優れた耐食性を備えています。さらに、大部分の有機および無機耐食性と、アルカリ溶液に対する高い耐性を備えています。

ステンレス鋼の角度 ステンレス鋼の角度

形鋼の L 字型断面がステンレスアングルを定義します。これは、ニッケルおよびモリブデンとともに大量のクロムを含む合金であるステンレス鋼で構成されています。ステンレス鋼には優れた耐食性をもたらすクロムが含まれているため、ステンレス鋼アングルは、特に錆や腐食が問題となるさまざまな環境で使用できます。

309S ステンレス鋼箔 309S ステンレス鋼箔

309S として知られるクロムとニッケルを含むオーステナイト系ステンレス鋼は、高温用途でよく使用されます。クロムとニッケルの含有量が多いため耐食性に優れ、炭素濃度が低いため溶接時の炭化物の析出を防止します。このため、309S はさまざまな炉やボイラーの用途に最適なオプションです。

ステンレス鋼チャネル ステンレス鋼チャネル

断面溝を有する細長い鋼帯をステンレス鋼チャンネル鋼と呼びます。熱間圧延されたステンレス鋼の構造要素です。まっすぐな背面と上部と下部に 2 つの垂直延長部を備えたその断面は、正方形の C の形状をしています。チャネルの内側のコーナーにある特定の半径により、さまざまな用途に耐える強度と剛性が与えられます。

ステンレス平鋼 ステンレス平鋼

平らな形状を有する特定のタイプのステンレス鋼は、ステンレス鋼平鋼として知られています。通常、それはストリップまたはフラットバーの形で提供されます。長方形の断面、直線的なエッジ、滑らかな表面を備えたステンレス鋼のフラットバー。通常、冷間引抜加工や熱間圧延加工により製造されます。

ステンレス鋼製 I ビーム ステンレス鋼製 I ビーム

断面がI形またはH形の構造用梁をステンレス鋼I形鋼またはステンレス鋼H形鋼と呼びます。構造に使用されているステンレス鋼は、優れた耐久性と耐腐食性を備えています。ステンレス製のIビームは、その耐久性と見た目の美しさから、さまざまな分野や現場で幅広く活用されています。

ステンレス鋼棒 ステンレス鋼棒

固体の円筒形のステンレス鋼金属部品であるステンレス鋼の棒または棒は、この名前の変形です。さまざまな用途に対応できるよう、サイズ、形状、グレードを豊富に揃えています。

310S ステンレス鋼箔 310S ステンレス鋼箔

310S ステンレス鋼は、25Cr20Ni 系に属する高合金ステンレス鋼です。優れた高温酸化耐性を備えており、あらゆるタイプの炉コンポーネントの作成に適しています。限界温度は1200℃、連続使用温度は1150℃です。

ステンレス鋼 C チャネル鋼 ステンレス鋼 C チャネル鋼

ステンレス鋼で構成された構造要素は、ステンレス鋼チャネルまたは C チャネルと呼ばれます。 「C」字型の垂直ウェブと、ウェブから 90 度の上下のフランジがその形状を定義します。

熱間圧延鋼製 H ビーム 熱間圧延鋼製 H ビーム

断面形状が「H」の形をした構造梁を熱間圧延鋼製H形鋼といいます。その強度と耐荷重能力により、産業用途や建設用途でよく使用されます。熱間圧延鋼 H ビームを作成するには、鋼ビレットを加熱し、適切なサイズと形状にするために複数の圧延機に通します。特定のプロジェクトのニーズに合わせてカスタマイズでき、さまざまなサイズが用意されています。

420ステンレスH型鋼 420ステンレスH型鋼

化学組成: グレード 420 ステンレス鋼は、平均 12% のクロム含有量により、強力なレベルの耐食性を備えています。ガソリン、原油、蒸気、淡水、弱アルカリ、消毒液などの腐食性媒体に耐えることができます。それにもかかわらず、クロムやニッケルの含有量が高いステンレス鋼と比較すると、極度に腐食性の環境や過酷な環境にはあまり適していない可能性があります。

316ステンレス平鋼 316ステンレス平鋼

304 ステンレス鋼と比較して、316 ステンレス鋼は、ニッケルとモリブデンの含有量が多いオーステナイト系クロムニッケル合金です。その組成により、特に塩化物を含む環境での腐食に対する耐性が高まります。さらに、より高い引張強度と応力破断強度、孔食や隙間腐食に対する耐性が向上し、クリープに対する優れた耐性も備えています。

321 ステンレス鋼の波板 321 ステンレス鋼の波板

321 ステンレス鋼波形プレートは、さまざまな波形プロファイルに圧延および冷間曲げされた 321 ステンレス鋼プレートで作られています。特に酸性および塩化物環境において優れた耐食性を発揮します。さらに、強度と耐久性にも優れていることで知られています。最後に、軽量、簡単な設置、無料のメンテナンスを備えており、産業用および民間の建物、倉庫、特殊な建物、大スパンの鉄骨造住宅などで広く使用されています。プロジェクトに321ステンレス鋼の波板が必要な場合は、さらに詳しいお話がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

310Sステンレス平鋼 310Sステンレス平鋼

ステンレス平鋼は長方形の形状をした汎用性の高い鋼製品で、さまざまな産業および建設用途で頻繁に使用されます。 True Bar と Sheared and Edge Bar の 2 つのバリエーションが提供されています。せん断バーとエッジバーは、 ステンレス鋼コイル、真のバーは必要な厚さに圧延されます。

316ステンレス鋼パンチングプレート 316ステンレス鋼パンチングプレート

316 ステンレス鋼の多孔板は、最も人気があり多用途の金属メッシュ パネル製品の 316 つです。通常、XNUMX ステンレス鋼のシートまたはコイルから作られ、均一に打ち抜かれ、さまざまなサイズ、形状、構成の穴が開けられます。この穴の設計は、優れた通気性、遮蔽性、濾過性、保護性能を備えており、建築、装飾、エンジニアリング、石油化学、食品加工、その他の業界で広く使用できます。

410ステンレス鋼パンチングプレート 410ステンレス鋼パンチングプレート

410ステンレス鋼多孔板は、建設、産業、住宅、装飾分野で一般的に使用される金属板です。パンチング加工によりプレートにさまざまな形や大きさの穴をあけ、通気、濾過、遮音、美観などの多機能を実現します。これらにより、プレートは装飾的および機能的効果を必要とする用途での使用に最適になります。現在では、天井、壁、間仕切り、家具、キッチン用品などに広く使用されています。

ステンレス丸穴プレート ステンレス丸穴プレート

ステンレス鋼の丸穴プレートは、機械の修理や建設、構造物の構築、貯蔵タンク、階段の踏み面、歩道、フェンスなどの作成など、さまざまな用途に使用される金属シートの一種です。エキゾチックな外観とともに、優れた耐食性と長寿命を実現します。 Gnee Steel では、304、316、321、410 などのさまざまなグレードのステンレス鋼丸穴多孔板を在庫しています。ご希望の場合は、詳細についてお問い合わせください。

420ステンレス鋼丸穴プレート 420ステンレス鋼丸穴プレート

420ステンレス鋼丸穴プレートは、420ステンレス鋼から作られたパンチングメタルシートの一種です。 ステンレス鋼板。プレートには丸い穴が開けられており、特定の用途や要件に応じてサイズや間隔を変えることができます。さらに、平坦な表面、堅牢な強度、美しい外観という特徴を備えています。現在、420ステンレス鋼の丸穴プレートは、ディスプレイ、展示品、備品、機械修理、建設、建築構造物などのさまざまな用途に広く使用されています。

304ステンレス山形鋼 304ステンレス山形鋼

多くの用途と独特の品質を持つ一般的なタイプのステンレス鋼は 304 ステンレス鋼です。 304 ステンレス鋼は複数の異なる材料で構成されています。以下に一般的な素材をいくつか紹介します。

ブラックチタンブラッシュステンレススチールプレート ブラックチタンブラッシュステンレススチールプレート

ブラックチタンブラッシュステンレス鋼板は、ステンレス鋼板の一種にブラックチタン塗装を施し、表面にブラッシュ加工を施したものです。この仕上げにより、プレートはマットでファッショナブルな外観になります。近年、ブラックチタンブラッシュステンレス鋼板は、エレベーターの装飾、ホテル用品、建物の外壁装飾保護、電気シェル、屋内天井などに広く使用されています。

ステンレス製インク線引きプレート ステンレス製インク線引きプレート

ステンレス製インク線引きプレートは、金属の一種で、通常はステンレス鋼板で作られます。表面描画処理に金属乳剤を一定量添加し、表面の光沢を出します。スタイリッシュな見た目と優れた機能性から、近年人気が高まっています。エレベーター、家電製品、電子機器、工業部品、工芸品などに幅広く使用されています。

316 ステンレス山形鋼 316 ステンレス山形鋼

316 ステンレス鋼製のアングル 鋼とは、グレード 316 ステンレス鋼で構成されるアングル形状の構造構造を表す用語です。オーステナイト系ステンレス鋼の中で、グレード 316 はグレード 304 に次いで 316 番目に人気のあるグレードです。これはステンレス鋼の合金です。 316 ステンレス鋼と XNUMXL ステンレス鋼の価格差は通常、無視できるほどです。

ミラーステンレス鋼板 ミラーステンレス鋼板

鏡面ステンレス板とは、表面が鏡のように反射率の高いステンレス板のことです。この鏡面仕上げは空間全体の雰囲気を高めることができ、インテリアデザインに携わる人々に好まれています。さらに、鏡面ステンレス鋼板は耐久性、耐食性に優れており、あらゆる用途に適した堅固な素材です。最後に、メンテナンスのしやすさも同様に賞賛に値し、明るい表面を維持するために最小限の注意のみで済みます。

304 ステンレス鋼チャンネル 304 ステンレス鋼チャンネル

グレード 304 ステンレス鋼で構成されるステンレス鋼チャネルの 304 種類は、304 ステンレス鋼チャネルと呼ばれます。ニッケル 8%、クロム 18% を含むオーステナイト系ステンレス鋼合金グレード 304 が広く使用されています。加工性に優れ、高温にも強く、耐食性にも優れています。 XNUMX ステンレス鋼は焼きなましすると非磁性になります。

8Kステンレスミラープレート 8Kステンレスミラープレート

8Kステンレスミラープレートの一種です。 ステンレス鋼板 特殊な表面処理を施し、反射率の高い鏡面仕上げを実現しました。 「8K」という名称は表面仕上げを指し、ステンレススチールで最も滑らかで最も反射性の高い仕上げです。 8Kステンレスミラーシートはその美しい外観により、建築装飾、家電製品、自動車装飾、電気機器など幅広い用途に適しています。

304ステンレス丸棒 304ステンレス丸棒

ステンレス鋼からなる円柱状の金属棒をステンレス丸棒と呼び、ステンレス棒と呼ぶこともあります。ステンレス鋼の主成分は、鉄、クロム、およびニッケルやモリブデンなどの他のいくつかの金属です。使用するステンレス鋼の品質に応じて、正確な組成は変わる可能性があります。

304ステンレス六角棒 304ステンレス六角棒

ステンレス棒の断面が六角形のものをステンレス六角棒、または六角棒といいます。グレード 303 および 316 のステンレス鋼が製造によく使用されます。ステンレス製六角棒にはさまざまなサイズ、グレード、仕上げが用意されています。従来の長さで購入することも、注文に応じてカットすることもできます。六角棒の幅と長さは、特定のニーズに合わせて調整できます。

三方四方ステンレス鋼管継手 三方四方ステンレス鋼管継手

三方四方管継手は、配管の分岐部で流体の方向を変えるために使用される管継手です。直射日光下でも損傷や色褪せなく使用でき、標準的な配管や輸入継手の 5 倍の強度があります。したがって、これらのパイプ継手は、階層パイプ構造の構築、オフセットまたは階層構造の作成、PVC プロジェクトおよび構造の構築、水平面および垂直面でのパイプの接続、DIY プロジェクトの作成など、さまざまな用途で一般的に使用されています。

ステンレスレデューシングチューブ ステンレスレデューシングチューブ

ステンレス還元管は、異なる直径のパイプやチューブを接続するために使用されるチューブの一種です。パイプまたはチューブの一端の直径を小さくして、異なるサイズ間のスムーズな移行を可能にし、調和のとれた接続を確保するように設計されています。現在、ステンレス鋼製還元管は、航空宇宙、自動車、化学処理、製造、石油・ガスなどのさまざまな業界で一般的に使用されています。

ステンレス鋼製同心減速機 ステンレス鋼製同心減速機

ステンレス製コンセントリックレジューサは、複雑な配管システムの中で使用される非常に便利な管継手と言えます。この減速機の大きい方の端は、小さい方の端よりも直径が大きいため、パイプ間のシームレスな移行が容易になります。この特定のタイプの減速機は、乱流や圧力降下の厄介な影響を与えることなく、液体やガスの穏やかで安定した流れを保証します。 Gnee Steel では、シームレスおよび溶接ステンレス鋼の同心減速機の両方を販売しています。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス製偏心減速機 ステンレス製偏心減速機

ステンレス鋼偏心減速機は、配管システムで異なる直径のパイプを接続するために使用されるパイプ継手の一種です。減速機の入口と出口の中心線が一致していないため、「偏心」と呼ばれます。つまり、一方の端の直径が他方の端よりも大きくなります。これにより、サイズの異なる 2 つのパイプ間に緩やかな移行が生じ、流体や気体のスムーズな流れが可能になります。

ステンレス鋼フランジ ステンレス鋼フランジ

ステンレス鋼フランジは、SS フランジとも呼ばれ、ステンレス鋼で作られた管継手です。配管やバルブ、機器などの接続に使用され、接続・固定の役割を果たします。ステンレス鋼フランジは、優れた耐食性と美しい外観により、建設、石油・ガス、機械、水利、石油、化学工業、食品製造、造船、自動車などのさまざまな業界で広く使用されています。

ステンレス製フランジカバー ステンレス製フランジカバー

ステンレス製フランジカバーはステンレス製の配管継手で、滑らかな仕上がりとなり、配管システム全体の外観を向上させます。通常、フランジ、バルブ、パイプラインを環境要素や潜在的な損傷から保護するために、さまざまな業界で適用される保護アクセサリとして使用されます。 Gnee ステンレス スチールでは、金属プロジェクトにサービスを提供するために、人気のある 304、316、および 321 グレードの高品質ステンレス スチール フランジ カバーを提供しています。今すぐお問い合わせください。

ステンレス製ヘッドパイプ継手 ステンレス製ヘッドパイプ継手

ステンレス製頭部管継手は、パイプの端を閉じるために使用される管継手の一種です。通常、他のグレードの鋼と比較して高い耐食性を備えたステンレス鋼で作られています。現在、ステンレス鋼製ヘッドパイプ継手は、配管、工業、科学用途などのさまざまな業界で一般的に使用されています。これらは、パイプの端を閉じ、しっかりとしたシールを確保するための信頼性と耐久性のあるソリューションを提供します。

ステンレス鋼の表面処理と装飾 ステンレス鋼の表面処理と装飾

ステンレス鋼は建築装飾材料として優れており、非常に美しいです。 この記事では、ステンレス鋼の表面処理方法を調査し、屋内および屋外の装飾におけるステンレス鋼の幅広い用途を掘り下げます。

ステンレス鋼の種類:多様な宝石素材を分析する ステンレス鋼の種類:多様な宝石素材を分析する

重要な機能性材料であるステンレス鋼には、さまざまな種類と分類があり、さまざまな業界で幅広い選択肢が提供されています。 オーステナイト系からフェライト系、二相系まで、各タイプには独自の特性と応用分野があります。 この記事では、ステンレス鋼の種類を詳しく説明し、これらの宝石の素材の背後にある謎について説明します。

ステンレス鋼を使用する9つの利点 ステンレス鋼を使用する9つの利点

現在、ステンレス素材を使用した製品が私たちの日常生活に浸透しています。 これらは、家電製品、食品および医療加工、自動車産業、建設、機械、製造、装飾、輸送、石油およびガス探査、その他の軽量および重量用途で見られます。 では、ステンレスとは何でしょうか? なぜ利用する人が増えているのでしょうか? さらに詳しく知りたいですか? 続けましょう。

ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響 ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響

ステンレス鋼は、さまざまな産業で広く使用されている材料です。 優れた耐食性と耐久性が評価されています。 ステンレスコンロ、ステンレス階段、ステンレス洗面器、ステンレス包丁、ステンレス装飾品など、生活のいたるところで目にすることができる生きた素材です。ステンレス鋼の元素組成を理解したことがありますか? さまざまな化学元素がステンレス鋼に及ぼす影響を理解していますか? 一緒に話し合ってみましょう!

ステンレス鋼の市場動向と需要は何ですか? ステンレス鋼の市場動向と需要は何ですか?

ステンレス鋼はステンレス耐酸鋼としても知られ、主に中国、インドネシア、日本、インドで世界規模で生産されています。 ステンレス鋼に対する国内の旺盛な需要により、国内生産が需要に追いつかない。 ギャップを埋めるために主に輸入品が使用されており、インドネシアからのステンレス鋼の輸入は近年劇的に増加しています。 中国のステンレス鋼生産能力の急速な発展と拡大に伴い、輸出も大幅に拡大した。 以下に、ステンレス鋼市場について簡単に分析します。

ステンレス鋼管の作り方 ステンレス鋼管の作り方

ステンレスパイプの製造工程は少々面倒です。 使用する具体的な方法によって異なりますが、一般的なプロセスは、材料の選択、成形、溶接、熱処理、仕上げ、完成品の検査、梱包、輸送のXNUMXつの段階で構成されます。

ステンレススチール 304 コイルの世界へ ステンレススチール 304 コイルの世界へ

ステンレスコイルとは、ステンレス鋼材を保管や輸送用にコイル状に加工したものを指します。 建築、自動車、製造など幅広い業界で広く使われており、幅広い用途で使用されています。 ステンレスパイプやステンレス板などのステンレス材と異なり、持ち運びや保管が容易です。 それでは、304 ステンレス鋼コイルの内部に入り、そのユニークな機能について学びましょう。

シームレス vs 溶接ステンレス鋼管 シームレス vs 溶接ステンレス鋼管

ステンレス鋼管は中空で長い丸い鋼片で、石油、化学、医療、食品、軽工業などの分野で広く使用されています。 国民経済においてさまざまな用途があり、鉄鋼業界でも重要な製品です。 ステンレス鋼管には大きく分けて、ステンレス継目無鋼管、ステンレス角管、ステンレス溶接管、異形ステンレス鋼管のXNUMX種類があります。 それでは、継目無管と溶接管の違いは何でしょうか? シームレスパイプと溶接パイプではどちらが優れていますか?

信頼できるステンレス鋼板メーカーを見つける方法 信頼できるステンレス鋼板メーカーを見つける方法

最近はステンレス製品を選ぶ人が増えています。 従来の炭素鋼や亜鉛メッキ鋼板と比較して、この材料は耐食性に優れ、強度が高く、表面が明るく、メンテナンスが少なく、幅広い汎用性を備えています。 だからこそ世界中の人々から求められているのです。 しかし、購入する前に、プロジェクトが詐欺に遭わないように、信頼できるステンレス鋼板メーカーを選択することが非常に重要です。 それでは、著者の足跡をたどって、信頼できる SS プレートのメーカーとサプライヤーを選択する方法を詳しく学びましょう。

ステンレスパイプってどうやって曲げるの? ステンレスパイプってどうやって曲げるの?

ステンレス鋼の管状製品はステンレス鋼管として知られています。 これらは製造、自動車、建設などのさまざまな業界で利用されており、さまざまなグレード、直径、厚さが用意されています。 ステンレス鋼パイプは、高いレベルの耐食性、堅牢性、強度を備えているため、過酷な環境でも使用できます。 これらは、流体輸送、熱交換器、構造要素などの作業に頻繁に使用されます。 溶接ステンレス鋼パイプとシームレスステンレス鋼パイプの両方に、研磨、不動態化、コーティングなどのさまざまな表面処理を施すことができます。

ステンレス鋼 316 コイル製品がキッチンで人気があるのはなぜですか? ステンレス鋼 316 コイル製品がキッチンで人気があるのはなぜですか?

316個のステンレス鋼コイルは、医療機器、建築、化学工業、自動車製造業などで幅広く使用されているほか、私たちが毎日触れるキッチンのいたるところで目にすることができます。 ステンレス鋼の調理台からステンレス鋼の蛇口、ステンレス鋼の鍋からステンレス鋼のスプーンに至るまで、ステンレス鋼製品は現代のキッチンで最も人気のある選択肢となっています。

ステンレスパイプの切断方法は? ステンレスパイプの切断方法は?

多くの頑丈な用途に必要な展性と靭性は、金属パイプによって提供されます。 他の製造材料と同様に、金属は腐食し、最終的には破損する可能性があります。 このため、メーカーは重要なコンポーネントにステンレス鋼を頻繁に使用します。 過酷な用途では、ステンレス鋼が必要な頑丈さと耐食性を備えています。 この特に耐久性のある材料で作られたパイプには、特別な切断および仕上げ方法が必要です。

熱間圧延と冷間圧延の違いは何ですか? 熱間圧延と冷間圧延の違いは何ですか?

圧延は、鉄鋼産業において、一連のローラーを使用して形状を変更し、均一性を改善し、材料の機械的特性を向上させる製造プロセスです。 一般に、圧延は熱間圧延と冷間圧延の XNUMX 種類に分類され、用途に応じて異なる特徴を発揮します。 したがって、プロジェクトに圧延鋼材を選択するときは、これら XNUMX つのタイプの違いと、それらが性能にどのような影響を与えるかを認識することが非常に重要です。 さあ、さあ行きましょう!

ステンレス鋼 409 シート プレート コイル: 究極のガイド ステンレス鋼 409 シート プレート コイル: 究極のガイド

409 ステンレス鋼コイルは、高品質で安価なフェライト系ステンレス鋼素材で、洗濯機のドラム、電子レンジのライナー、階段の手すり、ドアや窓、天井などあらゆる場所で使用されています。 一緒に見てみましょう!

お手入れ方法ステンレス鋼管 とチューブ?" title="掃除方法 ステンレス鋼管 そしてチューブは?"> きれいにする方法 ステンレス鋼管 そしてチューブ?

ステンレス鋼は耐腐食性が非常に優れていますが、用途によっては依然として表面損傷が発生する可能性があります。 通常の洗浄やメンテナンスを行わないと、過酷な条件下では時間の経過とともに酸化、腐食、錆び、または変色が発生する可能性があります。 繰り返しの機械的損傷も金属の劣化を早めます。

304 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと 304 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと

キッチンで働いたことがある人なら、おそらく 304 ステンレス鋼のシートやプレートに精通しているでしょう。 キッチン用品から建材まで幅広く使用できる素材です。 高強度、優れた耐食性、光沢のある仕上がり、メンテナンスの手間がかからないことから、世界中の専門家から最も人気のある鋼材の 304 つとなっています。 しかし、この金属がどのような性質を持っているのか正確に知っていますか? どのように作られているのでしょうか? その組成は用途にどのような影響を与えるのでしょうか? それとも錆びにくいのでしょうか? このブログでは、XNUMX ステンレス鋼プレートがさまざまなニーズにとって優れた選択肢である理由をよりよく理解できるように、XNUMX ステンレス鋼プレートに関するあらゆることを調査します。

さまざまな分野での 410 ステンレス鋼コイルの応用を探る さまざまな分野での 410 ステンレス鋼コイルの応用を探る

410ステンレスコイルは400系ステンレスコイルの代表的なコイルです。 主に鉄、炭素、クロムなどの元素で構成されています。 コイル状の材料は、優れた機械的特性、高温酸化耐性、良好な耐伸張性、耐摩耗性などの優れた特性を備えています。 工業製造、建築装飾、自動車産業、化学機器、医療機器などの分野で広く使用されています。 見てみましょう!

ステンレス鋼管の溶接に関する事項 ステンレス鋼管の溶接に関する事項

ステンレス鋼管の溶接は難しいため、特別な知識と能力が必要です。 ステンレス鋼の溶接で最大の結果を達成するには、最高の技術をすべて習得することが重要です。

ステンレス板の掃除方法は? ステンレス板の掃除方法は?

ステンレス鋼板は、汎用性があり、安価な鋼材として、建設、商業、住宅、家電、航空宇宙など、私たちの日常生活に広く使用されています。しかし、すべての金属は、水、空気、空気などの周囲の環境と反応します。酸素が含まれ、最終的にはくすみ、変色、汚れ、酸化、腐食、錆の原因となります。 ステンレス板も例外ではありません。 したがって、ステンレス鋼板を再びピカピカにするには、洗浄してメンテナンスする必要があります。 では、どうやって掃除すればいいのでしょうか? 今すぐ詳細を確認してください。

ステンレス鋼管およびチューブに対する地域の需要と課題 ステンレス鋼管およびチューブに対する地域の需要と課題

ステンレス鋼管の市場を「ステンレス鋼管市場」といいます。 ステンレス鋼は、錆びや腐食に強い鋼の一種で、少なくとも 10.5% のクロムが含まれています。 これらのパイプは、その耐久性、強度、耐食性により、建設、石油・ガス、化学、自動車などのさまざまな産業で広く使用されています。 インフラプロジェクトの増加や生産技術の進歩により、ステンレス鋼管の需要は今後数年間で増加すると予測されています。

2205ステンレス鋼コイルの展望について語る 2205ステンレス鋼コイルの展望について語る

ステンレス鋼材はさまざまな業界で広く使用されています。 その中でも2205ステンレスコイルは優れた性能を持った素材として徐々に注目を集めています。 本稿では、2205ステンレス鋼コイルの市場動向と今後の展開について解説し、さまざまな分野での展望を展望します。 一緒に調べてみましょう!

さまざまなアプリケーションが何種類あるのかステンレス鋼管?" title="さまざまなアプリケーションはいくつありますか ステンレス鋼管?"> さまざまなアプリケーションが何種類あるのか ステンレス鋼管?

石油とガス、エンジニアリング、海事、自動車、化学処理、インフラストラクチャーなどは、ステンレス鋼管を使用する産業と用途のほんの一部であり、ステンレス鋼管はいくつかの直径と構成で製造できます。 さらに、ステンレス鋼管は、液体や気体の輸送、構造物の建設、耐食性の確保など、さまざまな用途に使用されています。 全体として、ステンレス鋼管はさまざまな業界でさまざまな目的で使用されているようです。

ステンレス異形管の世界へ ステンレス異形管の世界へ

通常のパイプによく見られる従来の円形や角形ではなく、特殊な形状を採用しています。 ステンレス鋼管 非標準または独特の形状をしている。これらのパイプは、通常のパイプ形状が実用的でない、または視覚的に受け入れられない場合に、特定のプロジェクト仕様を満たすために作成および開発されます。特殊な形状のステンレス鋼管には、楕円形、正方形、六角形、八角形などの不規則な形状が含まれます。楕円形、D 形、特別に作られた形状など、特定の断面プロファイルを持つ場合があります。これらのパイプは、パイプの形状が全体のデザインにおいて重要な役割を果たす建築、装飾、または特殊な設定で頻繁に使用されます。たとえば、芸術的な彫刻、手すり、家具、看板、その他の独創的で個性的な構造物はすべて、特殊な形状のステンレス鋼パイプで作成できます。

316 ステンレス鋼プレートのさまざまな用途と用途は何ですか? 316 ステンレス鋼プレートのさまざまな用途と用途は何ですか?

ステンレス鋼は、多くの分野で最も一般的に使用される金属の 301 つです。 これは、優れた耐食性、光沢仕上げ、高い耐久性、優れた性能、およびメンテナンスの負担が少ないためです。 一般に、ステンレス鋼は 304、316、321、410、316 などのさまざまなグレードに分類されます。今日は主に XNUMX ステンレス鋼板のさまざまな用途と用途、およびなぜ XNUMX ステンレス鋼板が多くの用途に優れた選択肢であるのかについて学びます。 今すぐ読んでください!

430 ステンレス鋼コイルについて 430 ステンレス鋼コイルについて

ステンレス鋼は一般的に広く使用されている材料ですが、その中の 430 つである 430 ステンレス鋼コイルは独特の特性を持っています。 次に、XNUMX ステンレス鋼コイルの特性、適用分野、メンテナンス方法を理解して、ステンレス鋼コイルの材料をより適切に選択して使用できるようにしてください。

301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書 301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書

301ステンレスコイルは304ステンレスコイルよりも若干価格が安いコイルです。 高強度、適度な耐食性、良好な加工性を備えた焼入性のオーステナイト系ステンレス鋼です。 オーステナイト系ステンレス鋼コイルの中で最も広く使用されています。 優れた耐食性、優れた延性、高い表面仕上げ、高強度などの特性により、さまざまな用途に最適です。

ステンレス鋼板販売 ステンレス鋼板販売

今世紀初頭に登場したステンレス鋼板の開発は、現代産業の発展と技術進歩にとって重要な物理的および技術的基盤を築きました。 主に、耐食性、寿命、成形性、仕上げの点で選ばれます。 もしかしたら気に入っていただけるかも知れませんが、それは驚くことではありません。 したがって、ステンレス鋼板を購入するときは、グレード、サイズ、厚さ、仕上げ、用途などの要素を考慮して、特定の要件を確実に満たすことが重要です。 ここからは、ステンレス板の特徴について詳しく解説していきます。

ステンレスコイルの選び方は? ステンレスコイルの選び方は?

ステンレス鋼コイルは、建築、製造、化学などの分野で広く使用されている重要な素材です。 優れた耐食性と機械的特性により、非常に人気があります。 しかし、市場にはさまざまなステンレスコイル製品があり、ニーズに合った高品質の製品をいかに選択するかが非常に重要です。 次に、この記事に従ってステンレス鋼コイルを購入する際の重要なポイントを学び、ステンレス鋼コイルを選択する際の賢明な決定に役立ててください。

最新のステンレス鋼板の価格を入手するには? 最新のステンレス鋼板の価格を入手するには?

このようにステンレス板は建築から家電、エネルギーまで幅広い用途に応用できる万能素材です。 耐食性に優れ、表面が滑らかで、加工性が良く、メンテナンスが容易であるという利点があるからです。 さて、あなたもステンレスプレートに魅力を感じているなら、それがいくらなのか知りたいはずです。 リアルタイムのステンレス鋼板の価格を取得するには、まず何が価格に影響を与えるかを知る必要があります。 それが正しいことなのです。 今すぐ始めましょう!

321 ステンレス鋼角管と 316L ステンレス鋼角管の違いは何ですか? 321 ステンレス鋼角管と 316L ステンレス鋼角管の違いは何ですか?

各種類のステンレス鋼は一般的に同等の品質を持っていますが、それでもいくつかの小さな違いがあります。 ステンレス鋼を検索する際には、関連する金属の違いを知ることが重要です。 ここでは、角管に使用されるステンレス鋼の最も一般的な 321 種類である 316 と XNUMXL の違いについて説明します。

ステンレス鋼管はどのようなカテゴリーに分類されますか? ステンレス鋼管はどのようなカテゴリーに分類されますか?

貴金属の保全と特定のニーズを満たすために、ステンレス鋼管は、標準炭素鋼鋼管、高品質炭素構造用鋼管、合金構造用鋼管、合金鋼鋼管、軸受鋼管、継目無ステンレス鋼などのさまざまな種類に分類されます。パイプ。 ステンレス鋼管の種類や用途はさまざまであり、技術仕様や製造プロセスも異なります。 現在生産されている鋼管の肉厚範囲は 0.01 ~ 250 mm、外径範囲は 0.1 ~ 450 mm です。 鋼管の性質を区別するために以下のような分類方法を用いることが多いです。

ステンレス鋼304の特性 ステンレス鋼304の特性

304 ステンレス鋼の特徴を理解するには、まず 70 ステンレス鋼とは何かを理解する必要があります。 オーステナイト鋼は、世界のステンレス鋼総生産量の約 304% を占め、ステンレス鋼産業の根幹を成しています。 これらの製品の中で最も人気のある 18 ステンレス鋼は、8% のクロムと 18% のニッケルを含むため、8/XNUMX 鋼として知られています。

Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel

二相ステンレス鋼は、クロム、ニッケル、モリブデン、窒素などの化学原料を主成分とし、特殊な工程を経て製造された、オーステナイト相とフェライト相からなる特殊構造のステンレス鋼材です。 中でも2205ステンレスコイルは耐食性、強度、靱性に優れた二相ステンレス鋼材です。 化学工業、海洋、エネルギー、建設などの分野で広く使用されています。 2205ステンレス鋼コイルは他のステンレス鋼材と比較して、耐食性、強度、溶接性に優れています。 ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Gnee Steel Group は高品質のステンレス鋼製品のサプライヤーであり、いつでも対応する準備ができています。

410 ステンレス鋼板: 定義、製造、特性、用途 410 ステンレス鋼板: 定義、製造、特性、用途

現在最もよく使用されているグレードのステンレス鋼プレートの 410 つは 410 ステンレス鋼です。 410 ステンレス鋼プレートは非常に汎用性が高く、高強度、優れた機械的特性、適度な耐食性の独自の組み合わせを提供し、多くの用途に最適です。 航空宇宙、自動車、建設、家電製品、ハードウェアなどに使用できます。XNUMX ステンレス鋼シートおよびプレートの詳細については、読み続けてみましょう。

ステンレス丸管の謎 ステンレス丸管の謎

丸い形状をしたステンレス鋼管をステンレス丸管といいます。 家庭用と商業用の両方のさまざまな目的に頻繁に使用されます。 丸型ステンレス鋼管にはさまざまな直径とグレードがあり、304 と 316 が最も人気があります。 優れた機械的品質と耐腐食性により、建築、エンジニアリング、建築プロジェクトなどのさまざまな用途に最適です。

ステンレス鋼コイルをカスタムするにはどうすればよいですか? ステンレス鋼コイルをカスタムするにはどうすればよいですか?

さまざまな業界やさまざまなアプリケーションシナリオで必要とされるステンレス鋼コイルの仕様は異なります。 特定の寸法、仕様、特殊な材料、合金の要件から、特殊な表面処理の要件に至るまで、ステンレス鋼コイルの性能は、細部が XNUMX つ異なるだけで大​​きく異なります。 したがって、ステンレス鋼コイルは特定の業界のニーズに合わせて調整する必要があります。 GNEE Steel は、傘下に複数の工場を持ち、高品質のステンレス鋼コイルやその他の鋼材製品を提供し、各顧客に合わせたカスタマイズを提供するプロのステンレス鋼サプライヤーです。 この点に関してご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステンレス鋼板の重量を計算するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板の重量を計算するにはどうすればよいですか?

プロジェクトに金属材料を選択するときは、予算に合った、優れた性能と見栄えの良いものが必要です。 つまり、材料の強度、耐食性、加工性などのいくつかの要素を考慮する必要があります。 最も重要な考慮事項の XNUMX つは重量です。重量はコストから配送まで、さまざまな要素に影響します。 一般に、請求および調達の目的では、鋼部品の重量を把握しておく必要があります。 パイプやプレートなどの鋼材製品のほとんどは、重量のみで市場で販売されています。 したがって、鋼板やその他の製品の計算は非常に重要です。 このブログでは、満足のいくSSプレートを簡単に選択できるように、ステンレス鋼プレートの重量を手動で計算する基本的な計算式のXNUMXつを学びます。

ステンレスサニタリーパイプ:理想的な素材 ステンレスサニタリーパイプ:理想的な素材

ステンレス鋼で作られた衛生鋼管は、機械構造の部品や化学、製薬、医療、食品、軽工業、機械、計測機器の分野で頻繁に使用される中空の長い丸鋼の一種です。 ステンレス鋼パイプの製品材質が異なると、動作も異なります。

ステンレス鋼管とプラスチック管の比較 ステンレス鋼管とプラスチック管の比較

配管プロジェクトに取り組む際の最初の作業の XNUMX つは、使用する材料の種類を決定することです。 プラスチック配管と金属配管の両方が、配管、排水、液体の再分配作業の大部分に使用される可能性がありますが、どちらが優れているのでしょうか? 軽量でコストが低いため、一部の請負業者はプラスチック製の配管材料を好みます。 しかし、ほとんどの用途には金属配管が最良の選択肢であると信じている人もいます。 それぞれを個別に見てみましょう。

二相ステンレスロールプライマー:理解から応用まで 二相ステンレスロールプライマー:理解から応用まで

二相ステンレス鋼は、優れた耐食性、高強度、加工性を兼ね備えた特殊なステンレス鋼です。 結晶構造にはオーステナイト (a 相) とフェライト (f 相) の XNUMX つの相があり、物理的特性はオーステナイト系ステンレス鋼とフェライト系ステンレス鋼の中間に位置し、優れた可塑性と靭性を示し、複数の用途シナリオで再利用できます。

2205 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと? 2205 ステンレス鋼プレートについて知っておくべきこと?

2205 ステンレス鋼プレートは、塩化物や硫化水素を含む環境に適しており、酸性井戸からの石油やガスの抽出、造船、塩化物で汚染された溶液の処理に使用できます。 これは、優れた耐食性、耐隙間腐食性、耐孔食性、高強度、優れた加工性などの独特の特性によるものです。 このブログでは、2205二相ステンレス鋼板について詳しく学び、理解を深めていきましょう。

鋳鉄管、ステンレス鋼管、亜鉛メッキ管の見分け方は? 鋳鉄管、ステンレス鋼管、亜鉛メッキ管の見分け方は?

産業運営においては、適切なパイプ材料を選択することが重要です。 鋳鉄、亜鉛メッキ、またはステンレス鋼のパイプを使用する必要がありますか? XNUMX つのパイプ タイプにはそれぞれ長所と短所があります。 以下では、これら XNUMX つのマテリアルがどのように異なるかを説明するとともに、何を選択するかについてのリソースとアドバイスも提供します。

ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く

ステンレス鋼は、その優れた耐食性、多用途性、美的魅力により、現代工学の驚異に欠かせない金属素材となっています。 家電製品や自動車部品から重機や建築物に至るまで、さまざまな業界で高い需要があります。 ステンレス鋼の領域に深く入る前に、XNUMX つの主要なタイプのステンレス鋼、ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを理解することが不可欠です。 これらは最終的には同じ製品を指しますが、定義、特性、製造、用途の点で多少の違いがあります。 さあ、見てみましょう!

仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか? 仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか?

高精度で公差管理範囲が広いため、精密ステンレス鋼管は正確です。 精密チューブは、均一な厚さの壁、滑らかな内壁、完璧な表面を備えています。 表面粗さも通常のチューブに比べて粗くなりません。 冷間圧延精密鋼管とは、仕上げ圧延管の別名です。 シームレスパイプの製造方法です。 特にオイルシリンダー用継目無鋼管は他の種類に比べて品質基準が高く、高精度で表面研磨が施されているのが特徴です。 では、仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何でしょうか?

ステンレス鋼パイプの見事なシンフォニー: 強度、耐久性、多用途性のシームレスなブレンド ステンレス鋼パイプの見事なシンフォニー: 強度、耐久性、多用途性のシームレスなブレンド

高クロム濃度の鉄合金は、ステンレス鋼管と呼ばれる円筒形の中空体の製造に使用されます。 ステンレス鋼と呼ばれることが多いこの合金は、耐腐食性と酸化性に優れ、その並外れた強度、多用途性、寿命により、多くの業界にとって理想的な選択肢となっています。

321 ステンレス鋼コイルの謎を発見する 321 ステンレス鋼コイルの謎を発見する

ステンレススチールというと、さまざまなモデルがよく耳にされますが、その中でも注目を集めているのが 321 ステンレススチールです。 321 ステンレス鋼コイルは、321 ステンレス鋼をコイル状に巻いた製品です。 性能も良く、広く使われています。 次は私と一緒に見ていきましょう!

ステンレス鋼管のAP、MP、BA、EPグレードとは何ですか? ステンレス鋼管のAP、MP、BA、EPグレードとは何ですか?

ステンレス鋼管の価格を左右する要因 ブランド、材質、製造工程も重要ですが、最も重要なのは鋼管の表面処理技術です。 パイプの内面と外面は通常、パイプ材料の特性をさらに高めるために、酸洗不動態化 (AP)、機械研磨 (MP)、光沢焼鈍 (BA)、電解研磨 (EP) の XNUMX つの方法で処理されます。 試験結果と実際の経験により、表面処理により配管材料の粗さが減少し、表面吸着が弱くなることがわかっています。 AP、MP、BP、EP グレードのステンレス鋼パイプの違いは何ですか?

ステンレスパイプはどうやって磨くのですか? ステンレスパイプはどうやって磨くのですか?

ステンレス鋼チューブは、その強度と流線型の外観により、さまざまな分野で好まれています。 ただし、時間の経過とともに湿気、汚れ、その他の環境変数にさらされると、ステンレススチールが変色し始めることがあります。 しかし、ステンレスパイプの輝きを取り戻すには研磨が手っ取り早く簡単な方法です。

ステンレス鋼板の仕上げに関する究極のガイド ステンレス鋼板の仕上げに関する究極のガイド

ステンレス鋼板は、幅広い分野で使用される汎用性の高い金属素材です。 建設、機械、家電、エネルギー、厨房用品、装飾などに使用されます。しかし、実際の用途では、ステンレス鋼板の性能と外観をさらに向上させるために表面処理が必要になることが多く、これにより驚くべき効果が得られます。 これらの表面仕上げは、フライス加工、ブラッシング、研磨、エンボス加工、サンドブラスト、着色などのさまざまな加工方法で作成できます。このブログでは、実際に使用できるように、いくつかの一般的なタイプのステンレス鋼板の仕上げを中心に紹介します。

420 ステンレス鋼コイルの多用途性を探る 420 ステンレス鋼コイルの多用途性を探る

ステンレス鋼というと、誰もが 304 ステンレス鋼と 316 ステンレス鋼の名前を持ち、これらが最も一般的な 420 つのステンレス鋼であると考えています。 420 ステンレス鋼も比較的一般的なものです。 厨房の食器や病院の医療機器も多数ございます。 420ステンレス鋼のボリュームフィギュアが存在します。 次に、XNUMX ​​ステンレス鋼コイルのユニークな機能を見てみましょう。

ステンレス製の装飾パイプについてどのように理解していますか? ステンレス製の装飾パイプについてどのように理解していますか?

ステンレス化粧パイプは、見た目の美しさを追求したパイプです。 パイプの美的魅力が重要となる建築、装飾、その他の装飾要素に関わる用途でよく使用されます。 装飾用ステンレス鋼管にまつわる謎に迫ってみましょう。

なぜステンレス製の装飾パイプにも磁性があるのですか? なぜステンレス製の装飾パイプにも磁性があるのですか?

本物のステンレス鋼パイプは醜く非磁性であり、磁性があると偽物とみなされます。そのため、人々はステンレス鋼パイプに磁石を吸着させることでその品質と真正性をテストできるとよく信じています。 実際には、エラーを特定するこのアプローチは信じられないほど偏っており、非現実的です。 装飾ステンレス鋼パイプの磁気の問題について話しましょう。

ステンレスコイルスリット加工とは? ステンレスコイルスリット加工とは?

古代人が言ったように、ゴミをできるだけ少なく捨てた人が勝ちです。 ステンレス鋼は広く使用されている合金材料ですが、メーカーやプロジェクトによって必要とされるステンレス鋼の正確な形状とサイズは大きく異なります。 ここでステンレス鋼コイルのスリットが活躍します。 ステンレス鋼のフルサイズのコイルを部品の作成に必要な最小の幅に切断して、無駄を最小限に抑えることができれば、それは成功です。 次に、ステンレスコイルの切断技術について学びましょう!

穴あきステンレス鋼プレート: 建設プロジェクトの優れたヘルパー 穴あきステンレス鋼プレート: 建設プロジェクトの優れたヘルパー

ステンレス鋼のシートおよびプレートは、現代の産業および住宅プロジェクトで広く使用されています。 最も有名なシリーズの一つが穴あきステンレス鋼板で、優れた耐食性、強い浸透性、豊富な穴形状、高い靭性、幅広い用途を備えています。 その結果、世界中のステンレス鋼の卸売業者、サプライヤー、販売業者の間で広く普及しています。 今日は、穴あきステンレス鋼板とは何なのか、どこで使われるのか、どのように作られるのかを学びながら、穴あきステンレス鋼板の謎を一緒に探ってみましょう。 詳細については読み続けてください。

完璧な造形:ステンレス角パイプの精緻な探求 完璧な造形:ステンレス角パイプの精緻な探求

ステンレス角パイプは、優れた機械的耐性と耐食性で知られる合金であるステンレス鋼で構成されています。 現代の工業用建物や住宅用建物は、この適応性と耐久性のある構造コンポーネントに大きく依存しています。

430ステンレス鋼板とは何ですか? 430ステンレス鋼板とは何ですか?

最も広く使用されているフェライト系ステンレス鋼の 430 つである 430 ステンレス鋼プレートは、強度よりも耐食性が重要な屋内および屋外のプロジェクトで数多くの用途に使用されています。 自動車のトリムやキッチン用品から石油精製や屋根設備に至るまで、その範囲は多岐にわたります。 これは、軽度の腐食環境での優れた耐食性と、高温での酸化に対する優れた耐性によるものです。 また、オーステナイト系ステンレス鋼に比べて劣るが、成形性や加工性にも優れています。 ステンレス鋼 XNUMX シートとプレートの詳細については、引き続きお読みいただき、その様子をご覧ください。

ステンレス鋼管価格の謎を解明する ステンレス鋼管価格の謎を解明する

ステンレス鋼管は、鉄、クロム、ニッケル、マンガンなどの合金で作られた管状の製品です。 ステンレス鋼パイプは、強度、弾力性、耐熱性に優れているため、さまざまな業界で頻繁に使用されています。

ステンレス鋼コイルのサプライヤーはあなたのニーズを満たしていますか? ステンレス鋼コイルのサプライヤーはあなたのニーズを満たしていますか?

ステンレス鋼コイルは、多くの産業の影の英雄です。 これらのステンレス鋼は、建築から自動車、航空宇宙、家具に至るまであらゆるものに使用されており、さまざまなプロジェクトのバックボーンとなっている多用途の素材です。 ただし、このプロセスには無視できない重要な役割を果たしているのが XNUMX つあります。それはステンレス鋼コイルのサプライヤーです。

ステンレス溶接管の表面処理シンフォニーを極める ステンレス溶接管の表面処理シンフォニーを極める

溶接した ステンレス鋼管 代表的なパイプ材です。耐食性に優れ、強度が高いため、石油、化学、食品などの業界で幅広く使用されています。溶接はステンレス鋼溶接管の製造において重要な段階であり、溶接後の表面処理は重要なステップです。

ステンレス板のサイズ:厚さ、幅、長さ ステンレス板のサイズ:厚さ、幅、長さ

ステンレス鋼板は、建設、製造、輸送、食品サービス、繊維などのさまざまな業界で一般的に使用される金属材料です。 これは、強力な耐食性と耐酸化性、高い靭性、光沢のある仕上げ、優れた耐久性、およびメンテナンスの必要がないという独特の特性によるものです。 ステンレス鋼板を選択する場合、サイズという要素は無視できません。 ステンレス鋼プレートのサイズは、さまざまな用途や要件に対応するために異なります。 ステンレス板のサイズについてご存知ですか? ステンレス板のサイズはどれくらいですか? 要素はいくつありますか? これらの要素は何をするのでしょうか?

ステンレス鋼の溶接管とねじ切り管の違いは何ですか? ステンレス鋼の溶接管とねじ切り管の違いは何ですか?

多くのビジネスにおいて最も重要なコンポーネントの XNUMX つは配管システムであり、配管の材質が異なればさまざまな利点と欠点があります。 今日はねじ込みステンレス鋼管と溶接ステンレス鋼管の違いについて説明します。

ステンレス研磨板とその製造方法 ステンレス研磨板とその製造方法

ステンレス鋼には特定の種類の仕上げが必要な場合があります。 たとえば、注目度の高い建築物の外装の被覆材として使用される場合です。 このような場合、必要な表面を作成するには、さまざまなタイプの研磨方法を使用する必要があります。 Gnee Steel は、いくつかの異なる専門的な研磨技術を使用して、顧客が必要とする研磨されたステンレス鋼シートおよびプレートを作成できます。 すべての研磨は高水準で行われているため、完成した研磨ステンレス鋼板は印象的で清潔で光沢のある外観を持っています。

つや消しステンレス鋼板の長所と短所 つや消しステンレス鋼板の長所と短所

ステンレス鋼板に関しては、消費者が選択できる種類が数多くあります。 最も人気のあるバリエーションの XNUMX つは、つや消しステンレス鋼プレートです。 つや消しステンレス鋼シートは建築や装飾の定番となっており、その耐久性と洗練された外観で知られており、あらゆるデザインに現代性と洗練さを加えています。 このブログでは、つや消しステンレス鋼板の長所と短所を深く掘り下げ、さまざまな用途でそれがどのように利用されているかを探っていきます。 あなたが建築家であっても、ファッショニスタであっても (またはその両方)、このエレガントな素材からインスピレーションを受ける準備をしてください。

ステンレス角管コネクタについてどれくらい知っていますか? ステンレス角管コネクタについてどれくらい知っていますか?

ステンレス角パイプコネクタは、建設、建築、家具デザインなど、さまざまな業界で欠かせない部品です。 これらのコネクタは、角パイプの接合と固定に重要な役割を果たし、頑丈で多用途な構造の作成を可能にします。 ステンレス鋼角パイプ コネクタは、その卓越した強度、耐久性、簡単な取り付けプロセスにより、現代のエンジニアリング プロジェクトに欠かせないものとなっています。

薄肉ステンレス鋼管についてどれくらい知っていますか? 薄肉ステンレス鋼管についてどれくらい知っていますか?

人々の生活水準の向上に伴い、水源の質への注目が高まっています。 ステンレス鋼パイプはその明確な利点により、現在他の多くのパイプよりも際立っており、人気が高まり始めています。 しかし、ステンレス鋼管の材質は問題なく、多くのバリエーションが開発されています。 さて、薄肉ステンレス鋼管についてどれくらい知っていますか?

ステンレス鋼管の曲がりの原因と影響を理解していますか? ステンレス鋼管の曲がりの原因と影響を理解していますか?

ステンレス鋼管のカールは、ステンレス鋼管の製造過程で端部に発生する現象です。 ステンレスパイプの端を内側に曲げるカール加工の技術を説明します。 ステンレス鋼製のアイテムにシール、接続、その他のコンポーネントを提供するためによく利用されます。 パイプの使用と有効性は、この現象によって何らかの影響を受ける可能性があります。

アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか? アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか?

ステンレス鋼とアルミニウムのパイプには、どちらにも利点と欠点があります。 あるパイプ タイプが他のパイプ タイプより優れているのはなぜですか? アルミニウムとステンレス鋼の両方を製造するには、さまざまな化学的および物理的特性を持つさまざまな合金が使用されます。 一般に、オーステナイト鋼、フェライト鋼、マルテンサイト鋼の XNUMX 種類のステンレス鋼合金があります。 アルミニウムとステンレス鋼のどちらのパイプが適していますか?

波型ステンレス鋼シートを取り付けるにはどうすればよいですか? 波型ステンレス鋼シートを取り付けるにはどうすればよいですか?

波形ステンレス鋼板は異形ステンレス鋼板とも呼ばれ、ステンレス鋼板を圧延し、冷間曲げ加工してさまざまな波形形状に加工したものです。 従来の建築材料と比較して、軽量、高靭性、迅速な設置、低コスト、強力な耐食性、長寿命という特徴があります。 また、雨、火、雹、ハリケーン、その他の悪天候に対しても強い耐性を持っています。 そのため、屋根、壁材、フェンス、羽目板、装飾など、現代建築で広く使用されています。 では、ステンレス波板はどのように施工するのでしょうか? ここでは大まかに理解できるように詳細に紹介します。

ステンレス継目無管の測定方法は? ステンレス継目無管の測定方法は?

シームレス ステンレス鋼管 接合や溶接技術を一切使用せずに製造できるステンレス鋼パイプの一種です。ステンレス鋼の固体ビレットから作られており、パイプの中心と外側はビレットから切り出されています。この製造方法により、パイプに継ぎ目がなく、継ぎ目がないことが保証されます。全体として、ステンレス鋼シームレス パイプは、さまざまな産業用途において優れた性能と寿命を備えた、信頼性が高く適応性のあるオプションです。では、継目無ステンレス鋼管はどうやって測定するのでしょうか?

ステンレス鋼板の穴あけ完全ガイド ステンレス鋼板の穴あけ完全ガイド

ステンレス鋼板は耐久性、強度、耐食性で知られており、建物、電化製品、さらには装飾品を含む多くの用途に広く使用されています。 ただし、適用する場合、特定のジョブでは、目的の効果を得るために穴をいくつか開ける必要がある場合があります。 では、ステンレス板に穴を開けるにはどうすればよいでしょうか? この金属の組成は硬いため、きれいで正確な穴を開けるのは木や石材に穴を開けるよりも難しいため、これは気の遠くなるような作業になる可能性があります。 このブログでは、Gnee Steel がステンレス鋼板に穴を開ける方法を詳しく紹介します。 適切な工具と技術を使用することで、ステンレス鋼プレートにドリルを簡単かつ効率的に加工することができます。

高品質のステンレス鋼パイプはどこで購入できますか? 高品質のステンレス鋼パイプはどこで購入できますか?

購入する商品の品質と信頼性を保証するには、信頼できるステンレス鋼パイプのプロバイダーを選択することが不可欠です。 では、高級ステンレス鋼パイプはどこで入手できるのでしょうか? どのサプライヤーが有名ですか?

適切なステンレス鋼管を選択するにはどうすればよいですか? 適切なステンレス鋼管を選択するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼管の市場は、ステンレス鋼管を使用する現場が増え、拡大し始めています。 さらに、多くのメーカーがステンレス鋼管業界に参入したため、市場は二分化しています。 では、ステンレス鋼管を正しく選択するにはどうすればよいでしょうか?

ステンレス板に模様を付けるにはどうすればいいですか? ステンレス板に模様を付けるにはどうすればいいですか?

ステンレス鋼板はあらゆるプロジェクトに高いレベルの耐久性と強度をもたらします。 ただし、これでは十分ではない場合もあります。 多くのプロジェクトでは、見栄えの良いステンレス鋼プレートも必要です。 これが、多くのステンレス鋼板サプライヤーがこれらのシートにパターンを作成する理由です。建物の外装と内装に、特別なデザインと美しさを加えることができます。 さらに重要なことは、滑りを防ぐために摩擦を大幅に増加させることができるということです。 ステンレス板に模様を付ける方法はいくつかあり、それぞれに独自の特徴があります。 このブログでは、このトピックを詳しく見て、利用可能なさまざまなオプションのいくつかについて説明します。

銅管はステンレス鋼管より優れていますか? 銅管はステンレス鋼管より優れていますか?

以前は、銅パイプは市場でかなり一般的でした。 しかし、コストと市場の要因により、ステンレス鋼パイプを採用する人が増えています。 では、銅パイプとステンレス鋼パイプの違いは何でしょうか? 両者のうちどちらが優れていますか?

中実ステンレス鋼管と中空ステンレス鋼管の違いは何ですか? 中実ステンレス鋼管と中空ステンレス鋼管の違いは何ですか?

プロジェクトに使用する金属の種類を選択するときに、中実のステンレス鋼パイプと中空のステンレス鋼パイプのどちらを選択するかを決めるのは難しい場合があります。 強度対重量比が最も重要な決定要素であるため、中空チューブが最良の選択肢となる可能性があります。 正方形の中空片が同じ質量の棒よりも強いという事実に驚かれるかもしれません。 では、中実チューブと中空チューブの違いは何でしょうか?

厚肉ステンレス鋼管をどのように知っていますか? 厚肉ステンレス鋼管をどのように知っていますか?

当社が販売する厚肉鋼管は、他の金属製厚肉鋼管とともに、余剰地市場でさまざまなサイズで大量に購入されます。 その結果、幅広い製品の選択肢を迅速かつ非常に競争力のあるコストで提供することができます。 もちろん、購入した溶接厚肉鋼管はすべて品質検査されているため、品質を損なうことなく信頼できる厚肉鋼管を入手できることが常に保証されます。

ステンレス薄肉管とは何ですか? ステンレス薄肉管とは何ですか?

「薄肉ステンレス鋼管」とは、外径の肉厚が比較的薄いステンレス鋼管を指します。 ステンレス鋼の強度と耐食性を備えながら、軽量で柔軟なパイプです。

ステンレス鋼管の価格が大きく異なるのはなぜですか? ステンレス鋼管の価格が大きく異なるのはなぜですか?

ステンレス鋼パイプの産業用途には、石油化学、食品および飲料、石油およびガスなどが含まれます。 これらのパイプは、強度、耐腐食性、寿命に優れているため、メーカーやエンジニアに好評です。 ただし、いくつかの変動要因により、ステンレス鋼パイプのコストに大きな変動が生じる可能性があります。

ステンレス鋼管とフランジ管の接続についてご存知ですか? ステンレス鋼管とフランジ管の接続についてご存知ですか?

フランジパイプとステンレス鋼パイプは両方ともパイプラインシステムの一部であるため、それらを比較する必要がある場合があります。 フランジ パイプは、別の種類のパイプではなく、フランジが取り付けられた単なるパイプであることを理解することが重要です。 対照的に、ステンレス鋼パイプは、耐食性がありクロム含有量が高い合金であるステンレス鋼で構成される管状構造です。

ステンレス鋼管の寸法についてどれくらい知っていますか? ステンレス鋼管の寸法についてどれくらい知っていますか?

管状配管システムで使用されるパイプとチューブの寸法を記述する一般的な方法がいくつかあります。混乱することなく正確なサイズを計算する必要があります。通常、チューブとパイプのサイズは外径、壁の厚さ、長さによって定義され、チューブのサイズについては内径も言及されます。 、これらのパラメータは寸法の概念の基本です。

ステンレス鋼管を切断する方法と装置は何ですか? ステンレス鋼管を切断する方法と装置は何ですか?

ステンレス鋼パイプの標準長さは 6 メートルですが、多くのお客様は 3 ~ 10 メートルの範囲のカスタム長さを必要としています。 さまざまな種類のステンレス鋼製品を扱う加工業者は、切断と溶接を行う必要があります。 ステンレス鋼管の切断方法はどれが良いですか?

ステンレス板を腐食させる11の要因 ステンレス板を腐食させる11の要因

ステンレス鋼板は、最低 10.5% のクロム含有量を含む金属です。 クロムは空気中の酸素と反応して保護層を形成し、ステンレス鋼を耐腐食性と錆び性に優れたものにします。 クロムの含有量が多いほど耐食性が高くなり、金属は錆びにくくなります。 また、強度が高く、表面が滑らかで、加工性が良く、メンテナンスが容易なため、軽量および重量物の多くの用途に好まれています。 しかし、このような優れた機能を備えていても、結局のところ、ステンレス鋼板は錆びます。それは「ステンレス」であって「汚れない」ではありません。 ステンレス鋼板の一般的な腐食の種類と、この金属製品を使用する際に腐食を避けるためにどのような対策を講じるかを見てみましょう。

なぜ今、家具の製造にステンレス鋼パイプが使用されているのでしょうか? なぜ今、家具の製造にステンレス鋼パイプが使用されているのでしょうか?

ステンレス鋼パイプは家具製造で使用されることが増えていますが、使用される唯一の材料ではない場合もあります。 家具デザイナーは、ステンレス鋼のパイプを木材、ガラス、布地などの他の素材と組み合わせて、ユニークで美しい作品を作成することがよくあります。

ステンレスクラッド板とステンレス鋼板の違いは何ですか? ステンレスクラッド板とステンレス鋼板の違いは何ですか?

ステンレスクラッド板とステンレス鋼板は、建築、エネルギー、自動車、家電、タンク製造などに使用される主なステンレス鋼材です。どちらもステンレス鋼板ですが、名前だけでは少し雰囲気が異なります。 XNUMXつは「板」(ステンレス鋼板)に着目したもの、もうXNUMXつは「クラッド」(ステンレス鋼クラッド板)に着目したものです。 では、他にはどのような違いがあるのでしょうか? 詳細については、読み続けてください。

303ステンレス丸棒をご存知ですか? 303ステンレス丸棒をご存知ですか?

ステンレス鋼からなる断面が円形の金属棒の一種をステンレス丸棒といいます。 工業、エンジニアリング、建設、その他の業界でさまざまな目的で頻繁に利用されています。 ステンレス鋼は、耐食性、強度、見た目の美しさの点で好まれます。

ステンレス鋼の機械パイプについてどれくらい知っていますか? ステンレス鋼の機械パイプについてどれくらい知っていますか?

「機械用ステンレス鋼管」という用語は、機械的使用を目的としたステンレス鋼管を指します。 これらのパイプは、その卓越した強度、耐食性、長寿命により、圧力容器、ボイラー、油圧システム、構造部品用途など、さまざまな業界で利用されています。

ステンレス中厚板の概要 ステンレス中厚板の概要

優れた耐食性、高強度、優れた耐久性で知られるステンレス鋼の中厚プレートは、現代工学の創意工夫の証です。この特定のタイプの ステンレス鋼板 適度な厚さを誇り、通常は3mmから50mmの範囲です。さらに、このプレートは鉄、クロム、およびニッケルやモリブデンなどのさまざまな合金元素で構成されており、一連のユニークな特性を備えています。そのため、建築、建築、海洋プロジェクト、機械、化学工学などで人気があります。今日は、この製品について包括的に学び、さらに詳しく学びましょう。

銅パイプを切断するにはどうすればよいですか? 銅パイプを切断するにはどうすればよいですか?

配管作業で銅パイプを切断する際には、適切な器具が不可欠です。 銅パイプはさまざまな方法や器具を使用して切断できます。 スナップ カッター、パイプ スライス、振動マルチツール、弓のこ、パイプ カッターは、これらのツールの一部です。 パイプ カッター、特にハサミに似たものは、その中でも最高のものです。 非常に硬めの使いやすい楽器です。

ステンレス伸線板はどのように作られるのでしょうか? ステンレス伸線板はどのように作られるのでしょうか?

ステンレス鋼の伸線プレートは、鉄鋼業界で最も興味深い作品と言えます。 細心の伸線プロセスが行われます。プレートは一連の研磨材を通して繊細に引っ張られ、細い線で装飾されたテクスチャーのある表面が形成されます。 このプロセスにより、ステンレス鋼板の美しさが向上するだけでなく、耐久性と耐腐食性も向上します。 そのため、建築、家電製品、軽工業、デザイン、エレベーター用途で広く使用されています。

どのようにすべきかステンレス鋼管 カッターはどのように使用する必要がありますか?" title="カッターはどのように使用する必要がありますか? ステンレス鋼管 カッターを使用しますか?"> どのようにすべきか ステンレス鋼管 カッターを使用しますか?

パイプカッターは、使い方を知ってしまえば時間を大幅に節約できるかもしれません。 無駄な労力を避けるために、間違った機器の使用を開始する前に製品の説明をお読みください。 銅、PVC、ステンレス鋼パイプなど、さまざまなパイプ径や材質に合わせて作られたさまざまなタイプのパイプ カッターがあります。

熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い 熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い

熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板は、どちらも鉄鋼業界で使用される XNUMX つの主要な材料です。 優れた耐食性、高強度、良好な加工性能により、建築、自動車、エネルギー、家電製品などに応用されています。 ただし、両者には違いがあります。 最も大きな違いは、XNUMX つは熱間圧延製造プロセスで作られることです。 もう一方は冷間圧延プロセスによって製造されます。 これは、その後、耐食性、耐久性、特性、使用法、価格に異なる影響を与えます。 今すぐ続きを読んでください。

今後の中国のステンレス鋼管開発のXNUMXつの動向 今後の中国のステンレス鋼管開発のXNUMXつの動向

中国のステンレス鋼管市場は近年大きく成長し、発展しています。 今後の中国におけるステンレス鋼管の発展を理解するために、以下の多くの側面を考慮することができます。

プレスステンレス板とエンボスステンレス板の違い プレスステンレス板とエンボスステンレス板の違い

ステンレス柄プレート 表面に凹凸のあるステンレス鋼板の一種です。このテクスチャは、ローリングダイを使用してプレートの表面に画像をエンボス/スタンプすることによって作成されます。隆起した立体的なパターンを作成し、優れた滑り止め性能、優れた耐久性、強力な耐食性、優れた装飾目的を提供します。そのため、建築、装飾、家具、家電などに幅広く使用されています。しかし、模様のあるステンレス鋼板を製造する主な2つの方法として、スタンピングとエンボスの間に違いはありますか?プレスステンレス板とエンボスステンレス板の違いは何ですか?今すぐ読み続けてください!

ステンレス板の腐食を防ぐ9つの方法 ステンレス板の腐食を防ぐ9つの方法

ステンレス鋼板は「ステンレス」という材質のため、錆びや腐食に強いと一般的に思われています。 結局のところ、それがステンレス鋼プレートを標準鋼とは区別する際立った特性です。 ステンレス鋼プレートは多くの悪影響に対して「耐性」がありますが、特定の予防策を講じないと錆や腐食が発生する可能性があります。 では、ステンレス板を錆や腐食から守るにはどうすればよいのでしょうか?

ステンレス板の主な切断方法9選 ステンレス板の主な切断方法9選

ステンレス鋼板は、優れた耐食性、優れた柔軟性、高強度、緻密な平滑性を備え、様々な用途に使用される魅力的な素材です。 同様に、ステンレス鋼のシートやプレートから型を切り出し、多くの興味深く耐久性のある芸術作品をデザインするための優れた素材でもあります。 ただし、切断する材料の厚さや形状の複雑さによっては、作業を完了するために特別なツールやテクニックを使用する必要がある場合があります。

ステンレス鋼管の試験プロセスとは何ですか? ステンレス鋼管の試験プロセスとは何ですか?

現代産業の重要なコンポーネントであるステンレス鋼パイプは、材料の品質が基準を満たしていることを保証するために、製造中に複数段階の試験手順を経ます。 ステンレス鋼パイプの品質が標準に達していることを保証するには、どのような試験手順が必要ですか?

ステンレス鋼板を切断するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板を切断するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板の切断は、製造分野で人気のある原材料です。 この材料が大量に採用される理由は、その材料強度、耐久性、耐食性です。 しかし、これらの同じ特徴により、ステンレス鋼板の切断は非常に困難になります。 したがって、ステンレス鋼板を切断する場合には、十分な予備知識、完全な操作手順、および注意事項が必要になります。 この記事は、ステンレス鋼板の切断方法について必要な情報を提供することを目的としています。

食品グレードと医療用のステンレス鋼パイプは同じ仕様で作られていますか? 食品グレードと医療用のステンレス鋼パイプは同じ仕様で作られていますか?

医療用ステンレス鋼チューブは、医療現場での使用を目的とした特殊な種類のステンレス鋼チューブです。耐食性、耐高温、耐低温性などの特殊な特性により、さまざまな医療処置や医療機器で頻繁に使用されています。

ステンレス鋼板の選び方は? ステンレス鋼板の選び方は?

ステンレス板は腐食や錆びにくい金属素材です。また、仕上がりが滑らかで機械加工性が良く、メンテナンスフリーです。現在では、建設、商業、建築、ガス探査、装飾、金属加工などの多くの産業で広く使用されています。では、市場には品質の異なるさまざまなステンレス鋼板が存在しますが、どのように選択すればよいのでしょうか?

ステンレス鋼板の品質を識別するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板の品質を識別するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板は、軽量で耐久性が高く、非常に強度があり、さまざまな形状を形成できる多用途の製造材料です。建築プロジェクトや商業目的でステンレス鋼板の購入を検討している場合、ステンレス鋼板の品質を識別する方法がいくつかあります。そうすることで、購入したステンレス鋼のシートまたはプレートが最高品質の素材で作られていることを確認できます。

水処理にステンレス鋼管を選ぶ理由 水処理にステンレス鋼管を選ぶ理由

薄肉ステンレス鋼パイプは、給水システムで一般的なパイプ材料です。耐食性、耐高温、耐圧、健康、安全性などの利点があり、家庭用の温水、冷水、病院、学校、ホテル、太陽エネルギープロジェクトの純水とガスの配管システムに広く使用されています。 。

ステンレス鋼は磁性を持ちますか? ステンレス鋼は磁性を持ちますか?

「ステンレスは磁性があるのですか?」と尋ねると、ステンレスは全く磁性を持たないと考える人もいれば、鉄が含まれているので磁性があるに違いないと考える人もいます。真実を言えば、ステンレス鋼には磁性を有するものと磁性を持たないものがあります。磁性の決定的な要因はステンレス鋼の微細構造にあります。ステンレス鋼は「フェライト」と呼ばれる構造を持っており、これにより磁性が生じます。したがって、マルテンサイト系、フェライト系、二相ステンレス鋼は通常磁性を持ち、オーステナイト系ステンレス鋼はニッケルを含むため非磁性です。

ステンレス板の保管方法は? ステンレス板の保管方法は?

ステンレス板は現代の生活に欠かせない基礎建材です。高強度、優れた耐食性、滑らかな表面、メンテナンスフリーで知られており、長寿命を実現します。ただし、ステンレス板の保管・保存を無視してよいわけではありません。ステンレス板製品は錆びて消費者の使用に影響を与える可能性があるため、保管時に注意すべき点がいくつかあります。

ステンレス鋼管の溶接前の準備作業 ステンレス鋼管の溶接前の準備作業

よく使用されるパイプの種類の 1 つはステンレス鋼パイプです。一般に、製品の品質を保証するために、使用前に溶接手順を完了する必要があります。将来役立つので、正しい操作技術を習得する必要があります。

ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか? ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか?

ステンレス鋼板には、少なくとも 10.5% のクロム、1.2% 未満の炭素、およびニッケルやマンガンなどの他の合金元素が含まれており、耐食性と硬度が完全に向上します。そのため、装飾品から大規模な産業用途に至るまで、多くの業界で幅広い用途を提供します。ただし、ステンレス鋼プレートの最も一般的な用途の XNUMX つは、特定の用途のサイズや形状に合わせてさまざまな形状に曲げることです。では、ステンレス板を曲げるにはどうすればよいのでしょうか?

ステンレス鋼の密​​度について知っておくべきことすべて ステンレス鋼の密​​度について知っておくべきことすべて

実際、ステンレス鋼合金の密度は通常 7,500kg/m3 から 8,000kg/m3 の範囲内に収まりますが、ステンレス鋼の特定のグレードに応じてわずかに異なる場合があります。一般に、ニッケル含有量が多いステンレス鋼は密度が高く、クロム含有量が多いステンレス鋼は密度が低くなります。モリブデンや銅などの他の元素もステンレス鋼の密​​度に影響を与える可能性があります。このブログでは、計算式、係数、ステンレス鋼の特性への影響など、ステンレス鋼の密​​度について詳しく説明します。

同じ 304 ステンレス鋼パイプの価格が異なるのはなぜですか? 同じ 304 ステンレス鋼パイプの価格が異なるのはなぜですか?

多くの異なる分野や用途で頻繁に使用されるステンレス鋼パイプの一種は、304 ステンレス鋼パイプです。

ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板は耐久性があり、腐食に強い丈夫な素材です。そのため、建設、建築、エネルギー、海洋用途などを含む多くの業界で使用される建築材料として人気があります。特定のプロジェクトに合わせて切断、曲げ、溶接、加工することができます。ただし、ステンレス板の溶接は少し難しいです。確実に良好な溶接を行うために、必ず読んでください。

ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか? ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼プレートのフライス加工には、回転カッターを使用してステンレス鋼のワークピースから材料を除去するプロセスが含まれます。ステンレス板をフライス加工する際に考慮すべき重要なポイントをいくつか紹介します。ステンレス鋼板のフライス加工をより良く行うために、このブログをお読みください。

304 ステンレス鋼パイプの取り付け方法? 304 ステンレス鋼パイプの取り付け方法?

ニッケルとクロムを含む合金鋼からなるパイプの一種をステンレス鋼管といいます。堅牢性、耐腐食性、適応性が高いことで知られています。ステンレス鋼管はその特殊な性質から幅広い分野・用途で利用されています。

ステンレス鋼グレードの完全ガイド ステンレス鋼グレードの完全ガイド

ステンレス鋼のグレードは、その組成と特性に基づいていくつかのカテゴリに分類できます。各グレードは独自の特性を備えており、特定の用途に適しています。さまざまな種類のステンレス鋼グレードをさらに詳しく見てみましょう。

ステンレス鋼板にはどんな種類があるの? ステンレス鋼板にはどんな種類があるの?

ここ数十年で、ステンレス鋼板はさまざまな業界で使用される非常に人気のある素材になりました。いくつか例を挙げると、構造物、化学タンク、医療機器、食品加工装置の建設に使用できます。しかし、用途の深化に伴い、ステンレス鋼板にも多くのバリエーションが生まれています。今回は、この製品をより使いやすくするためのステンレス板の種類について詳しくご紹介します。

ステンレス鋼の基本ガイド ステンレス鋼の基本ガイド

ステンレス鋼は、世界で最も一般的で多用途な金属合金の 1 つです。多機能で強度があり、見た目も美しく、耐食性にも優れているため、さまざまな用途に最適です。最新のキッチン家電の表面から建物の構造梁、手術室の手術器具に至るまで、ステンレス鋼は私たちの身の回りにあります。このブログでは、ステンレス鋼とは何か、その定義、製造方法、種類、特性、限界、用途などについて説明します。

ステンレス鋼は錆びますか? ステンレス鋼は錆びますか?

ステンレスは美しい外観と優れた耐食性で知られています。お手入れが簡単で長持ちするため、キッチン用品から建築物まで幅広く使用されています。しかしそれは無敵であるという意味ではありません。ステンレス鋼は「ステンレス」ではありませんが、特定の状況下では腐食します。このガイドでは、何がステンレス鋼に「ステンレス」の性質を与えるのか、何がステンレス鋼を錆びさせるのか、そしてステンレス鋼の錆を防ぐためのベストプラクティスについて見ていきます。

食品グレードのステンレス鋼とは何ですか? 食品グレードのステンレス鋼とは何ですか?

食品グレードのステンレス鋼は、非反応性、耐腐食性、および洗浄が容易な特性により、食品の加工、保管、調理での使用に適した特定のタイプのステンレス鋼です。食品業界では、製品タンク、厨房機器、飲料水システム、食品コンベアベルトなどの製造に広く使用されています。つまり、食品業界にとって、食品の安全と衛生を確保するために食品グレードのステンレス鋼を使用することが重要です。基準を満たしています。

ステンレス鋼はどのように作られるのでしょうか? ステンレス鋼はどのように作られるのでしょうか?

ステンレス鋼は、優れた耐食性、高強度、魅力的な外観により、産業、建築、住宅の用途にわたって幅広い用途に使用されています。しかし、ステンレス鋼はどのようにしてスクラップや精製鉱石の山から最終的な形状や用途に至るのでしょうか?今日は探検してみましょう。

ステンレス鋼 304 と 316、違いは何ですか? ステンレス鋼 304 と 316、違いは何ですか?

ステンレス鋼 304 と 316 は、一般的に使用される 304 つのオーステナイト系ステンレス鋼グレードです。どのグレードがプロジェクトに適しているかを判断できるように、このブログでは 316 ステンレス鋼と XNUMX ステンレス鋼の違いを徹底的に調べます。

321ステンレス鋼とは何ですか? 321ステンレス鋼とは何ですか?

ステンレス鋼は、鉄、クロム、その他の金属から構成される高強度で耐食性の高い材料です。ステンレス鋼は、その多くの優れた特性により、世界中のほぼすべての業界で広く使用されています。このブログでは、主に 321 ステンレス鋼の主要な特性と用途に焦点を当てます。18 ステンレス鋼は、要求の厳しい高温環境で一般的に使用されるオーステナイト系 8/XNUMX クロム ニッケル合金です。今すぐ始めましょう。

SS同心減速機とSS偏心減速機の違い SS同心減速機とSS偏心減速機の違い

最も一般的に使用されるパイプ継手の 2 つは、ステンレス鋼の同心レデューサーとステンレス鋼の偏心レデューサーです。どちらの減速機も 2 本のパイプを接続するために使用されますが、構造と使用方法の点で明確な違いがあります。このブログでは、ステンレス製の同心減速機と偏心減速機の基本と、どちらが配管のニーズに適しているかを判断できるよう、それらの違いについて説明します。

14トンの304Hステンレス鋼板をイタリアへ 14トンの304Hステンレス鋼板をイタリアへ

28月14日、304トンのXNUMXHステンレス鋼板がグニー工場から青島港(イタリア行き)に出荷されました。

50ステンレス鋼コイル316トンをリビアへ 50ステンレス鋼コイル316トンをリビアへ

50トンの316ステンレス鋼コイルがリビアの顧客によって購入され、製造され、28年2023月XNUMX日にリビアに出荷された。

80トンの304ステンレス鋼シームレスパイプをドイツに出荷 80トンの304ステンレス鋼シームレスパイプをドイツに出荷

18 年 2023 月 80 日、304 トンの XNUMX ステンレス鋼シームレス パイプが積み込まれ、グニー工場から港に送られました(ドイツ向け)。

100 ステンレス丸棒 304 本をブラジルに発送 100 ステンレス丸棒 304 本をブラジルに発送

22年2023月100日、304ステンレス鋼丸棒XNUMX本が束ねられ、グニー工場(ブラジルへ)から出荷されました。

4トンのアルミニウム板と異形材がベトナムに送られる 4トンのアルミニウム板と異形材がベトナムに送られる

4 年 6 月 2023 日に、XNUMX トンのアルミニウム板と形材がベトナムに送られました。