ステンレス鋼管継手
  1. ホーム » 商品 » ステンレス鋼管継手
ステンレス鋼管継手

ステンレス鋼管継手

ステンレス鋼製管継手は耐食性、耐高温性に優れているためあらゆる業界で広く使用されています。

サービス

製品仕様

カスタマイズされたサポート
OEM、ODM
原産地
中国
ブランド名
グニー
材料
ステンレス鋼
サイズ
カスタマイズ可能な
スタンダード
ANSI JIS DIN ASME
MOQ
1トン

ステンレス鋼製管継手の適用

ステンレス鋼管 継手は耐食性、耐高温性に優れているためあらゆる業界で広く使用されています。

自動車産業での用途: ステンレス鋼管継手の高温耐性、耐食性、高圧性能により、自動車の排気システム、燃料システム、冷却システムなどに適しており、自動車のさまざまなニーズを満たすことができます。 、自動車の性能と耐用年数を向上させ、環境へのガスの排出によって引き起こされる汚染を削減します。

食品加工業界での用途: ステンレス鋼管継手は、食品加工業界で加工装置、貯蔵タンク、充填機、その他の機器を接続するためによく使用され、食品原材料と最終製品の安全と衛生を確保します。輸送プロセス。

天然ガス産業での用途: ステンレス鋼のパイプ継手は、天然ガスパイプラインの支持と接続に天然ガス産業で一般的に使用されており、パイプライン内のさまざまなコンポーネントを接続してパイプラインの接続性と流れ方向を確保するために使用されます。 ステンレス鋼パイプ継手は、天然ガスの流量と圧力を検出および調整するために、プレス、調整バルブ、その他の機器などの天然ガス検出および制御システムでも使用されます。

化学産業での用途:ステイン鋼管継手は、化学物質の輸送と排出に関する化学産業の管理要件を満たすために、貯蔵タンク、反応器の入口および出口のパイプ、接続パイプ、およびさまざまな補助機器として化学業界で広く使用されています。 ステンレス鋼のパイプ継手は、遠心分離機や濾過装置の入口パイプと出口パイプの接続にも使用され、材料が流動および分離プロセス中に効率的に搬出されるようにします。

海洋産業での用途: ステンレス鋼継手は船舶の一般的な継手継手であり、冷却媒体の循環と熱放散を確保し、燃料の安全な輸送と保管を保証します。 船舶の消火システムでは、ステンレス鋼のパイプ継手も非常に重要です。水の供給と噴霧を確実にするために、ステンレス鋼のパイプ継手は通常、消火システムのパイプとノズルの間のリンクとして使用されます。

ステンレス鋼管継手1

ステンレス鋼製管継手の材質は何ですか?

実装基準:

ASTM:ASTM A403、ASTM A8158、ASTM A270など

IOS: IOS 2852、IOS 2037、IOS 5251など

EN: EN 10253、EN 10312 など

GB:GB/T19228など

材料:

オーステナイト系ステンレス鋼:304(18-8ステンレス鋼)、304L、316、316Lなど

フェライト系ステンレス鋼:430、439など

マルテンサイト系ステンレス鋼:410、420など

二相ステンレス鋼: 2205、2507 など

ステンレス鋼には、高合金ステンレス鋼、高温ステンレス鋼などの特殊な材質があり、材質ごとに化学組成や性能も異なり、用途に応じて適切なステンレス鋼材を選択できます。環境。

ステンレス鋼管継手5

ステンレス鋼管継手はどのようにして作られるのですか?

ステンレス鋼管継手の製造工程:素材再検査→切断→高温加熱→成形→溶接→熱処理(一部管継手は機械的性質向上のため熱処理が必要)→溝加工→表面処理→完成品検査—塗装マーキング – 梱包と発送

ステンレス鋼管継手2

ステンレス鋼管継手の取り付けのヒント

ステンレス鋼管継手を取り付ける前に:ステンレス鋼管継手を取り付ける前に、管継手のサイズと接続位置を測定し、適切なステンレス鋼管継手を選択してください。 ステンレス鋼のパイプ継手および接続されたパイプを洗浄して、表面が滑らかで不純物や腐食性物質がないことを確認します。 適切なパイプ継手を選択して、ステンレス鋼パイプ継手とパイプライン接続の気密性を確保します。

ステンレス鋼管継手の設置プロセス: パイプラインの特定の用途に応じて適切な接続方法を選択します。 溶接を選択する場合は、溶接の品質を確保するために、溶接の角度と電流の大きさに注意を払う必要があります。 ねじ接続を選択する場合は、締めすぎによるパイプ継手の損傷を避けるために、ねじ接続の締め付けに注意してください。

ステンレス鋼管継手の設置後:ステンレス鋼管継手の設置後、パイプラインの気密性を確保し、漏れなどの事故を避けるために、圧力試験を時間内に実行する必要があります。 ステンレス鋼管継手を定期的に点検し、清掃してください。 腐食、摩耗、その他の現象がある場合は、適時に修理または交換する必要があります。

ステンレス鋼管継手6

ステンレス管継手と銅管継手はどちらが良いのでしょうか?

ステンレス管継手と銅管継手は一般的な配管接続材料ですが、性能や適用分野も異なります。

耐食性:ステンレス鋼管継手は耐食性に優れており、酸、アルカリ、その他の腐食剤に耐性があります。 銅管継手は耐食性が悪く、さまざまな腐食物質の影響を受けます。

強度と硬度:ステンレス鋼管継手は強度と硬度が高く、高圧に耐えることができます。 銅はより柔らかい素材であり、銅で作られたパイプ継手は強度と硬度が低くなります。

熱伝導性:銅は高品質の熱伝導性材料であり、高い熱伝導性が必要な用途や機会に適していますが、ステンレス鋼は熱伝導性が低いです。

コスト: 銅の価格はステンレス鋼の価格よりも高く、銅管継手のコストはステンレス鋼管継手のコストよりも高くなります。

用途:ステンレス鋼管継手は石油化学、石油、食品加工など高い耐食性が要求される業界に適しています。銅管継手は水道、暖房などの民生分野で使用されています。

ステンレス鋼管継手7

なぜみんなステンレス鋼管継手を選ぶのですか?

耐食性:ステンレス鋼製管継手は耐食性に優れており、さまざまな化学物質の浸食に耐えます。 化学、石油、その他の産業に適しています。 耐食性により、メンテナンスと交換のコストが削減されます。

衛生:ステンレス鋼は人体に害を及ぼす有害物質を放出しない無毒無害な素材であり、衛生および食品安全基準を満たしています。

お手入れが簡単:ステンレス鋼の表面は滑らかで、細菌や汚れが蓄積しにくいです。

被削性:ステンレス鋼は被削性が高く、さまざまな形状や仕様の管継手のニーズに合わせて設計できます。

環境に優しい: ステンレススチールは環境への影響を軽減するリサイクル可能な素材です。

ステンレス鋼管継手3

ステンレス鋼管継手の寿命に影響を与える要因は何ですか?

パイプライン設計がステンレス鋼管継手の耐用年数に及ぼす影響:ステンレス鋼管継手の設計の位置はステンレス鋼管継手の耐用年数にとって非常に重要であり、正しい位置によりステンレス鋼管継手の耐用年数を延ばすことができます。 。 設置プロセス中に、ステンレス鋼管継手がきつすぎたり緩すぎたりすると、ステンレス鋼管継手の損傷が大きくなり、ステンレス鋼管継手の耐用年数が短くなります。

ステンレス鋼管継手の耐用年数に対する壁厚の影響: 管継手の壁厚は、配管システムの圧縮強度に影響します。 肉厚が薄すぎると接続強度や耐食性が低下し、寿命に影響します。

ステンレス鋼管継手の耐用年数に対する環境要因の影響: ステンレス鋼管継手が高温、強酸、強アルカリなどの過酷な環境に長期間さらされると、ステンレス鋼管継手の摩耗や腐食が発生し、その結果、寿命が短くなります。

ステンレス鋼管継手の耐用年数に対するメンテナンスの影響: ステンレス鋼管継手の定期的な検査とメンテナンスにより、腐食、摩耗、その他の問題を効果的に軽減し、ステンレス鋼管継手の耐用年数を延ばすことができます。

ステンレス鋼管継手の耐用年数に対する作業環境の影響: 高温高圧環境では、ステンレス鋼管継手の機械的特性が低下し、ステンレス鋼管継手の耐用年数が短くなります。

ステンレス鋼管継手8

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。