ステンレス製インク線引きプレート
  1. ホーム » 商品 » ステンレス製墨線引きプレート
ステンレス製インク線引きプレート

ステンレス製インク線引きプレート

ステンレス製インク線引きプレートは、金属の一種で、通常はステンレス鋼板で作られます。表面描画処理に金属乳剤を一定量添加し、表面の光沢を出します。スタイリッシュな見た目と優れた機能性から、近年人気が高まっています。エレベーター、家電製品、電子機器、工業部品、工芸品などに幅広く使用されています。

原料
ステンレス鋼板
表面処理
インク線引き
メーカー
グニー・スティール
セミオーダーサービス
ことができます。
サービス

ステンレス伸線板とは何ですか?

一般にステンレス製墨線引き板とは、以下のような金属製の金属を指します。 ステンレス板。 SSプレートにインクを塗布し、線引き加工を施すことで独特の外観を実現しています。

ステンレス製インク線引きプレート仕様

スタンダード JIS、AISI、ASTM、DIN、SUS、EN、GB
認定証 ISO 9001、SGS、BV
学年 304、316、321、410、410など
厚さ 0.5 – 20 mmまたは顧客の要件として
幅(Width) 600 -1500 mm または顧客の要件として
長さ 800 – 2000 mmまたは顧客の要件として
表面処理 インク線引き
表面パターン 直線、不規則な線、波線、糸
加工サービス 曲げ、溶接、打ち抜き、切断など
配達時間 7-10就業日以内

ステンレス墨線引き版の製造工程

の製造工程 ステンレス鋼板 インク描画プレートには通常、次の手順が含まれます。

1 表面 Treatment: ステンレス鋼板の表面をきれいにして、油、ほこり、その他の不純物を除去します。

2.コーティング Ink: ステンレス板にインクを均一に塗布します。通常、刷毛塗り、スプレー塗布、ローラー塗布などにより塗布します。

3.ワイヤー D: 伸線機を使用してステンレス鋼板を引き伸ばし、表面にテクスチャ効果を形成します。

4.乾燥: インクを塗布したステンレス板を乾燥炉に入れてインクを固めます。

5。 品質 I検査: つや消しステンレス鋼板の品質検査を実施し、表面効果が要件を満たしていることを確認します。

ステンレス墨線引き版の製造工程

ステンレス製インク線引きプレートの利点

1。 良い C腐食 Rエッセンス: ステンレス鋼板製なので、過酷な環境でも優れた耐食性を発揮します。

2. 耐摩耗性: 伸線プロセスによりプレートに優れた耐摩耗性が与えられ、高圧や摩擦に耐えることができます。

3.魅力的な外観: に似ている ステンレス鋼線引きプレート & ブラックチタンブラッシュステンレススチールプレート、シルクの質感が美しく、金属の質感があり、製品の視覚効果を高めることができます。

4. 装飾目的:その独特な表面により、装飾効果が高く、美観と実用性を必要とするさまざまな用途に広く使用されています。

ステンレスインク伸線シート

ステンレス製インク線引きプレートの用途

ステンレス製インク線引きプレートは、さまざまな分野で幅広い用途に使用できます。参考までにいくつかの例を示します。

1.建築 Dエコレーション: ステンレス鋼板は、建築装飾の分野で常に最も一般的に使用される材料の 1 つです。墨線引き加工により、美しさと耐久性が大幅に向上します。

2。 家具 M製造: ステンレス鋼のインク線引きプレートで作られた家具は、その美しさと実用性を高めることができます。

3 メカニカル E機材: ステンレス鋼のインク描画プレートは、伝動ベルト、ベアリングなど、高い摩擦や圧力に耐えられる部品を製造するためによく使用されます。部品の性能と寿命を向上させることができます。

4。 自動車 M製造: 自動車製造において、ステンレス鋼のインク伸線プレートは、排気システムやエンジンフードなど、高温と高圧に耐える必要がある一部の部品の製造にも使用されます。これにより、耐久性と美観が大幅に向上します。

墨線引き加工によるステンレス鋼管

ステンレス製インク線引きプレートのサプライヤー — グニー・スティール

Gnee Steel の工場には現在、乾式研削伸線機 1 台と、冷間圧延インク用と熱間圧延インク用の 2 台のインク伸線機が設置されています。さらに、経験豊富な加工マスターが品質を保証します。ご要望がございましたら、無料の工場訪問をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。