304 ステンレス鋼溶接パイプ
  1. ホーム » 商品 » 304 ステンレス鋼溶接パイプ
304 ステンレス鋼溶接パイプ

304 ステンレス鋼溶接パイプ

パイプの接合には、プラズマ溶接、アルゴンアーク溶接、サブマージアーク溶接、光速溶接、高周波溶接などが使用されます。 304ステンレス鋼は代表的なステンレス鋼であり、304ステンレス鋼溶接管は304ステンレス鋼で製造された溶接管の一種です。

Item
304 ステンレス鋼溶接パイプ
スタンダード
ASTM、DIN、GB、または顧客が必要とするカスタマイズされたサイズ
壁の厚さ
0.5〜30mm
外径
6mm〜630mm
サービス

シームレスステンレス鋼管と溶接ステンレス鋼管の違いは何ですか?

ステンレス鋼溶接管、ステンレス鋼装飾管とも呼ばれ、原材料は鋼帯で、鋼帯は溶接され、内壁には溶接があり、その用途は広く、主に装飾、造園工学、家具製品、その他の分野です。 ; 表面は通常マットまたは鏡面ですが、電気メッキ、塗装、スプレーなどのプロセスを使用して表面に明るい色の層を与えることもあります。

ステンレス鋼継目無鋼管は通常工業用パイプと呼ばれ、冷間圧延または冷間引抜きプロセスで使用されます。原材料は丸鋼で、丸鋼から穴を通してパイプブランクにし、その後パイプブランクを次々に冷間圧延または冷間圧延します。冷間引抜。 その表面は通常、酸っぱい白い表面、つまり酸洗いされた表面であり、表面の要件は厳しくなく、壁の厚さは不均一で、管の内面と外面の輝度は低く、固定サイズのコストは高く、内面と外面にはあばたや黒い斑点があり、取り除くのは簡単ではありません。

製品仕様と特徴

Item 304 ステンレス鋼溶接パイプ
スタンダード ASTM、DIN、GB、または顧客が必要とするカスタマイズされたサイズ
材料 C、Fe、Mo、Mn、Si、Nなど
種類 熱間圧延と冷間圧延
サイズ 壁の厚さ 0.5〜30mm
外径 6mm〜630mm

1. 強い耐酸化性: 304 ステンレス鋼は、925°C での連続作業および 870°C までの断続的な作業に耐えることができ、優れた耐酸化性を備えています。

2. 良好な溶接性: 溶加材を使用するかどうかに関係なく、優れた溶接特性を備えており、従来の溶融手順を使用して簡単に溶融できます。

3. 304 ステンレス鋼を溶接する場合、溶接後の焼きなましは必要ありません。

4.幅広いアプリケーション: 建設、食品および飲料、化学および石油化学、航空宇宙、製薬など、さまざまな業界で広く利用されています。 溶接またはシームレスにすることができます。

5.耐食性: ステンレス鋼パイプは、優れた耐食性により、化学腐食や湿気による腐食が伴う厳しい状況での使用に非常に最適です。

6. ステンレス鋼管はメンテナンスが容易で洗浄が容易で腐食しないため、クリーン性を重視する用途に適しています。

7. 安全性と清潔さ: 304ステンレスは衛生基準に適合し、細菌が繁殖しにくい衛生的な素材です。 そのため、食品業界や医療業界などで幅広く活用されています。

8.素敵な外観: 滑らかで輝かしい表面を持ち、装飾が施されており、屋内外の装飾だけでなく建築領域にも適しています。

304の応用例 Sステンレス S引き裂く W長老 Pipe

1. 産業用配管システム: 304 ステンレス鋼溶接パイプは、その優れた耐食性と長寿命により、さまざまな用途の工業用配管システムで頻繁に使用されています。

2. 食品および飲料の加工: 耐高温性、耐腐食性に優れ、清潔で衛生的であるため、食品・飲料業界でよく使用されています。 たとえば、製品の安全性と清潔性を保証するため、電子レンジなどの食品加工機器、弁当箱などの食品保管機器などです。

3. 化学および石油化学処理: 強度が高く、耐食性に優れているため、化学・石油化学分野で幅広く使用されています。 たとえば、石油パイプライン、化学装置、貯蔵タンク、反応器などは、高温と耐食性により、困難な作業状況に適応できます。

4. 建築および建設における応用: 表面が滑らかで長持ちするため、建築構造物や装飾品に最適な素材であり、手すり、階段の手すり、ドアや窓枠、天井、壁の装飾品の製造によく使用されます。 フレーム、ブラケット、椅子、テーブル構造などの家具の作成によく使用されます。

5. 淡水化プラント: ステンレス鋼の溶接パイプは厳しい環境でも腐食に耐えられるため、淡水化プラントで使用されています。

6. 医療産業: ステンレス鋼の溶接パイプは、耐食性と洗浄の容易さにより、医療分野で使用されています。 医療機器、ドラッグデリバリーシステムなど。

7. 運輸業: 強度、耐食性、耐震性が高いことから、自動車の製造や船舶のパイプライン、車体フレーム、部品などの運送業にも活用されています。

304 ステンレス鋼溶接パイプ 溶接時の注意事項

スラグの混入を防ぐため、溶接前に研磨機を使用して溶接箇所を洗浄する必要があります。溶接する前に、保護ガスを開放する必要があります。通常、溶接ムラや溶接部の酸化を防ぐためにアルゴンガスが使用されます。溝を開けるには ステンレス鋼板 強力な溶接を実現するには、鈍いエッジの厚さも考慮する必要があります。溶接の品質は、鈍いエッジの厚さにも影響されます。

市場競争と展望  

世界的な都市化の進展に伴い、インフラ整備の必要性はますます高まっており、重要な配管材料としてステンレス鋼溶接管の需要が増加し続けています。 一方で、持続可能な開発は世界的な潮流となっており、環境保全は世界規模で喫緊の課題となっています。 その結果、これらの要件を満たす材料を選択する分野が増えています。 ステンレス鋼溶接管は、耐食性や衛生性に優れ、環境保護の観点からも需要が高まると考えられます。

さらに、石油化学、化学、エネルギー産業はいずれもステンレス鋼の溶接パイプに大きく依存しています。 したがって、彼らの可能性は非常に大きいです。 結論として、競争の激しいステンレス継目無鋼管業界の市場参加者は、このことを認識し、競合他社との差別化に努める必要があります。

Gnee Steel Group は、パネル、パイプ、プロファイルの設計と製造、屋外造園および小物の国際販売を組み合わせたサプライ チェーン ビジネスです。 2008 年の設立以来、当社は、卓越した信頼性の高い最先端のサービスを提供することで、世界で最も競争力のあるサプライチェーン グループになるという会社の使命の実現に取り組んできました。 長年の努力を経て、Gnee Steel Group はセントラル プレーンズで最も熟練した鉄鋼サプライ チェーンの国際企業として浮上しました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。