仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか?
  1. ホーム » ブログ » 仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか?
仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか?

仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何ですか?

高精度で公差管理範囲が広いため、精密ステンレス鋼管は正確です。 精密チューブは、均一な厚さの壁、滑らかな内壁、完璧な表面を備えています。 表面粗さも通常のチューブに比べて粗くなりません。 冷間圧延精密鋼管とは、仕上げ圧延管の別名です。 シームレスパイプの製造方法です。 特にオイルシリンダー用継目無鋼管は他の種類に比べて品質基準が高く、高精度で表面研磨が施されているのが特徴です。 では、仕上げ圧延パイプと精密ステンレス鋼パイプの違いは何でしょうか?

精密ステンレス鋼管とは?

精密ステンレス鋼パイプは以下のサブセットです。 ステンレス鋼管 非常に厳しい公差と優れた寸法精度で製造されています。 これらのチューブの正確な肉厚、内径、外径により、寸法の均一性と精度が保証されます。 これらは、正確な測定と小さな公差が要求される自動車、航空機、医療、半導体などの分野で頻繁に使用されています。 その用途は、計装、高圧システム、流体およびガスの取り扱い、精密機械など多岐にわたります。

精密ステンレス鋼管の製造には、必要な寸法精度と表面研磨を達成するために、冷間引抜きや冷間圧延などの技術が使用されます。 さまざまな気候条件に対する耐久性と耐性を確保するために、これらのチューブは多くの場合、次のような高級ステンレス鋼で作られています。 304, 316L、または他の耐食性合金。

流体やガスのスムーズな流れと伝達を促進するために、正確な寸法と複雑なシステムでもうまく機能する滑らかな表面仕上げも備えています。 信頼性が高く漏れのない接続を実現するために、精密ステンレス鋼チューブが精密継手やカップリングと組み合わせてよく使用されます。

仕上げ圧延鋼管とは何ですか?

適切な形状、サイズ、表面仕上げを行うために最終圧延手順を経た鋼管は、「仕上げ圧延」パイプとして知られています。 通常、このプロセスは、チューブの製造、溶接、成形の最初のステップの後に実行されます。 チューブは仕上げ圧延プロセス中に複数のロールを通過し、それぞれのロールで圧力を加えてチューブを最終形状に成形します。 この手順によりチューブの寸法が改善され、肉厚、直径、長さの要件を確実に満たすようになります。

仕上げ手順は、チューブの形状を整えるだけでなく、適切な表面仕上げを達成するのにも役立ちます。 特定の要件に応じて、外観と耐食性を向上させるために、チューブを研磨、研削、またはコーティングすることもできます。

正確な測定、滑らかな表面、美的配慮を必要とするさまざまな業界や用途では、仕上げ圧延鋼管が頻繁に使用されます。 これらは、建築、建設、パイプライン、輸送システムで頻繁に使用されます。

圧延鋼管は、特定の用途のニーズに基づいて、炭素鋼、ステンレス鋼、合金鋼などのさまざまな鋼種から製造できることに注意することが重要です。

さまざまな産業および商業用途において、細圧延鋼管は寸法精度、表面品質、および構造的完全性を向上させます。

それらの違いは何ですか?

1. 特徴

  • 仕上げ圧延鋼管

所望の形状、サイズ、および表面仕上げを達成するために最終圧延プロセスを経た鋼管は、仕上げ圧延管として知られています。 鋼管は仕上げ圧延プロセス中に一連のロールを通過し、各ロールで圧力が加えられてパイプに最終形状が与えられます。 この手順は、パイプの寸法を調整して、長さ、壁の厚さ、直径の仕様が満たされていることを確認するのに役立ちます。 研磨、研削、またはコーティングは、表面仕上げをさらに改善するために使用できる手順の一部です。

精密な測定、滑らかな表面、美的配慮により、細かく圧延された鋼管はさまざまな産業および商業用途に優れており、さまざまな産業や用途で頻繁に使用されています。

  • 精密ステンレス鋼管

高精度の寸法、厳しい公差、0.5 mm 以内に制御された製品精度、滑らかな内外壁、酸化のない表面はすべて、精密鋼管の製造に使用されます。 測定の精度と一貫性を保証するために、正確な肉厚、内径、外径で製造されています。 優れた万能性能を持ち、高圧、冷間曲げ、フレア、平坦化に亀裂やしわを発生させることなく耐えることができ、さまざまな複雑な機械プロセスを実行できます。

精密ステンレス鋼管にはクロムCr、ニッケルNi、チタンTiなどが含まれるためです。 ニッケルはステンレス鋼管の強度を高め、ステンレス鋼の靭性を維持し、高い酸およびアルカリ耐性を備えます。 クロムは、特に工業環境において、ステンレス鋼の強度、硬度、耐摩耗性、耐酸化性、耐食性を大幅に向上させることができます。 ニッケルは人間の呼吸器系、皮膚、目を酸またはアルカリ環境の影響から保護する重要な機能を持ち、チタンはステンレス鋼チューブの密度を確保して粒界腐食を防ぎます。

精密継目無管の促進と使用は、鋼材の節約、加工効率の向上、高価な装置と手順の必要性の削減、コストの削減、加工工数の大幅な削減、生産と材料の効率の向上、製品の品質の向上、コストの削減に役立ちます。

2。 関数

  • 仕上げ圧延鋼管

自動車、オートバイ、電気自動車、石油化学、電力、船舶、航空機、軸受、空圧機器、低中圧ボイラーなどの業界で精密圧延精密鋼管が幅広く使用されています。

  • 精密ステンレス鋼管

ステンレス鋼熱交換チューブおよびステンレス鋼機械チューブは、精密ステンレス鋼チューブの必要性が高い電子および機械用途で広く使用されています。

まとめ

結論として、完成した圧延パイプは最終圧延プロセスを経て、目的の形状、寸法、表面研磨が行われますが、精密ステンレス鋼パイプは高精度の寸法と厳しい公差で知られています。 用途のニーズ、必要な精度レベル、および表面研磨に応じて、これら XNUMX 種類のパイプのいずれかを選択する必要があります。

著者 頭の画像
著者 : グネススチール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。