ステンレス鋼管の溶接前の準備作業
  1. ホーム » ブログ » ステンレス鋼管の溶接前の準備作業
ステンレス鋼管の溶接前の準備作業

ステンレス鋼管の溶接前の準備作業

よく使用されるパイプの種類の 1 つはステンレス鋼パイプです。一般に、製品の品質を保証するために、使用前に溶接手順を完了する必要があります。将来役立つので、正しい操作技術を習得する必要があります。

よく使用されるパイプの種類の 1 つはステンレス鋼パイプです。一般に、製品の品質を保証するために、使用前に溶接手順を完了する必要があります。将来役立つので、正しい操作技術を習得する必要があります。

ステンレス鋼管の溶接、次の準備を行う必要があります。

1. 製品を溶接する場合、作業員は適切な作業服を着用し、安全を確保するための予防措置を講じなければなりません。

2. 電動研削工具を使用する前に、研削砥石を交換する必要があるか、または緩んでいるかどうかを判断する必要があります。

3. 高所のステンレス鋼管上で作業する場合は、安全ベルトを使用し、足場は信頼性があり安全でなければなりません。

4. 高所で作業し、下に可燃性または爆発性の物質がある場合は、飛沫が落下しないように事前に予防措置を講じる必要があります。

5. 溶接ワイヤには誘導コイルを備えた機器を取り付けることはできません。作業中の鋼管へのアーク損傷を防ぐために、溶接クランプに取り付けられた部品は安定した位置にある必要があります。

何ですか ステンレス鋼管?

耐久性と耐腐食性が認められた汎用性の高い素材は、 ステンレス鋼、ステンレス鋼管と呼ばれる円筒管の製造に使用されます。ステンレス鋼パイプに関する重要な詳細は次のとおりです。

チューブとの違い

「パイプ」と「チューブ」は同義語として使用されることがありますが、同じではありません。鋼管は気体や液体の輸送に使用され、一般的に内径 (ID) で測定されます。一方、鋼管は肉厚と外径 (OD) を使用して測定されます。チューブは構造要素または建築要素として頻繁に利用されます。

異なるグレード

ステンレス鋼管にはさまざまなグレードがあります。 304 / L および 316 / L。これらのグレードの耐食性やその他の望ましい品質は、含まれるクロムの量の違いによって決まります。

あなたが使用します

ステンレス鋼パイプの用途はさまざまな分野や産業にあります。一般的な用途としては、建設、近代建築、製薬、石油およびガス処理、水処理、脱塩、紙パルプ、醸造、造船、エネルギー産業などが挙げられます。

ステンレス鋼の種類

ステンレス鋼管はその成分や特性によって様々な種類が分類されます。オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系、二相鋼、析出硬化型ステンレス鋼は、一般的な種類のいくつかです。どの品種にも、それぞれの特別な性質と用途があります。

溶接とシームレスの比較

ステンレス鋼製のパイプは溶接またはシームレスにすることができます。継ぎ目や溶接継ぎ目がなく、シームレスパイプは単一の鋼材から作られます。高圧や高温に対する耐性はよく知られています。反対に、溶接パイプは、多数の鋼片を溶接または取り付けて作成されます。特定の用途とニーズによって、シームレスパイプと溶接パイプのどちらが最適かが決まります。

ステンレス鋼管を溶接するまでの工程

優れた結果を保証するには、ステンレス鋼パイプを溶接する前に実行する必要がある重要な予備プロセスがいくつかあります。

1. 適切な溶接材料を選択する

ステンレス鋼パイプの溶接を成功させるには、適切な種類の溶接材料を選択することが不可欠です。さまざまな溶接材料は、使用目的の要求に基づいて明確な利点をもたらします。

2. 低炭素金属フィラーを使用する

ステンレス鋼を溶接する場合は、炭素含有量の低い溶加材を選択することをお勧めします。これにより、ステンレス鋼の耐腐食性が維持され、過度の熱を加えることによって引き起こされる問題が回避されます。

3. 一括手配

溶接を成功させるには、接合部を適切に準備する必要があります。通常、パイプのエッジは V 溝または J 溝のベベルを作成するために切断されます。これにより、溶接ヘッドのアクセスが容易になり、完全な融合が促進されます。

4. ワークの整理整頓

溶接の前に、ワークピースを徹底的に洗浄して、溶接の品質を低下させる可能性のある不純物を取り除きます。きれいで丈夫な接合部を維持することが重要です。

5. 入熱の管理

ステンレス鋼は軟鋼やアルミニウムほど熱を放散しないため、溶接中の入熱を調整することが重要です。過度の加熱は材料の耐腐食性を弱める可能性があります。

6. 推奨手順を遵守する

ステンレス鋼の溶接に推奨される手順に従うと、結果が向上し、金属の耐腐食性が維持されます。溶接手順を強化すると、品質を犠牲にすることなく生産量を増やすことができます。

 

著者 頭の画像
著者 : グネススチール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。