ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響
  1. ホーム » ブログ » ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響
ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響

ステンレス鋼の特性に対する化学元素の影響

ステンレス鋼は、さまざまな産業で広く使用されている材料です。 優れた耐食性と耐久性が評価されています。 ステンレスコンロ、ステンレス階段、ステンレス洗面器、ステンレス包丁、ステンレス装飾品など、生活のいたるところで目にすることができる生きた素材です。ステンレス鋼の元素組成を理解したことがありますか? さまざまな化学元素がステンレス鋼に及ぼす影響を理解していますか? 一緒に話し合ってみましょう!

化学元素はステンレス鋼の性能に影響しますか?

当社のベストセラーのステンレス製品には以下のものがあります。 304ステンレス鋼、316ステンレス鋼、430ステンレス鋼、201ステンレス鋼など。製品の形状に応じて、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼チューブ、ステンレス鋼板、ステンレス鋼箔などに分けられます。簡単にいくつかの例を挙げてみましょう。ステンレス鋼に対するさまざまな元素の影響を見てみましょう。

種類 化学元素 特性
304ステンレススチール クロム(Cr)約18​​8%、ニッケル(Ni)約XNUMX%を含み、他に少量の炭素(C)、マンガン(Mn)、シリコン(Si)、リン(P)などを含みます。 耐食性と靭性に優れています。
316ステンレススチール 304 と同様のクロム (Cr) とニッケル (Ni) 含有量を含みますが、約 2 ~ 3% のモリブデン (Mo、少量の炭素 (C)、マンガン (Mn)、シリコン (Si)、リン ( P) および硫黄 (S) およびその他の元素。 特に高温および酸性環境において、より高い耐食性を示します。
430ステンレススチール 約 17% のクロム (Cr) を含み、ニッケル (Ni) が少なく、モリブデン (Mo) は含まれていません。 430 ステンレス鋼は耐食性に優れていますが、304 ステンレス鋼や 316 ステンレス鋼ほど耐食性はなく、価格は比較的安価です。
201ステンレス鋼 約16〜18%のクロム(Cr)と約4〜5.5%のニッケル(Ni)、高級マンガン(Mn)を含みます。 201 ステンレス鋼は、304 および 316 ステンレス鋼よりも強度と硬度が高くなりますが、耐食性はわずかに劣ります。

上の表に挙げたいくつかの異なる種類のステンレス鋼の例から、ステンレス鋼は主に鉄、クロム、ニッケルなどの元素で構成される合金材料であると結論付けることができます。 これらの元素の含有量と構造はステンレス鋼の性能と特性に重要な影響を及ぼし、各種合金元素の有無と割合は非常に重要です。

さまざまな化学元素の「働き」

ステンレス鋼の性能は、その化学元素組成によって大きく影響されます。以下に、いくつかの一般的な化学元素と、それらがステンレス鋼の性能に及ぼす影響を示します。

鉄(Fe) – 重要な役割

まず、ステンレス鋼の主成分は鉄であり、ステンレス鋼の化学組成の約70~75%を占めます。 鉄の含有量は、強度、可塑性、導電性などのステンレス鋼の基本特性を決定します。同時に、適切な量の鉄は、ステンレス鋼の耐食性を向上させ、寿命を延ばすことができます。 たとえば、オーステナイト系フェライト系 二相ステンレス鋼: オーステナイト系ステンレス鋼とフェライト系ステンレス鋼の両方の利点を備え、超塑性を備えています。 オーステナイトとフェライトはそれぞれステンレス鋼の約半分を占めます。 低C含有量の場合、Cr含有量は18%~28%、Ni含有量は3%~10%、その他の成分はFeとなります。

blog3-Fe

クロム(Cr) – 基礎元素

クロムはステンレス鋼の主要元素の 10.5 つであり、その含有量は通常 XNUMX% 以上です。 クロムの主な機能は、「不動態皮膜」と呼ばれる緻密な酸化皮膜を形成し、外部の酸素や水分による基板の腐食を効果的にブロックすることです。 したがって、クロム含有量が多いほどステンレス鋼の耐食性は向上し、過酷な作業環境に適します。

ニッケル(Ni) – 強化された耐食性と耐熱性

ニッケルは性能にも重要な役割を果たします。 ステンレス鋼。 ニッケルを添加すると、ステンレス鋼の強度、可塑性、耐食性が向上し、より靭性と耐熱性が高まります。 ニッケルは、高温環境においてステンレス鋼の線膨張係数を低減し、熱安定性を向上させることができ、一般的に使用される合金元素の XNUMX つです。

blog3-Ni

マンガン(Mn) – 強度と加工性

マンガンはステンレス鋼の強度と硬度を高め、ステンレス鋼の冷間加工性と熱間加工性を改善します。 通常、化学組成のバランスをとり、望ましい機械的特性を達成するために、少量のマンガンが添加されます。

カーボン (C) – 強度を強化

炭素はステンレス鋼の一般的な合金元素であり、ステンレス鋼の強度と硬度に大きな影響を与えます。 炭素含有量の高いステンレス鋼は一般に強度が高くなりますが、耐食性がある程度犠牲になる場合があります。

モリブデン (Mo) – 耐腐食性および応力腐食割れ性

モリブデンはステンレス鋼の耐食性を向上させることができ、特に高温および酸性条件下でのステンレス鋼の溶接性能と耐応力腐食割れ性も向上させることができます。 化学組成の主な違いは、 316ステンレス鋼コイル 304 は 316 に Mo が含まれており、高温環境下で 304 よりも耐食性が高くなります。

blog3-Mo

シリコン (Si) – 強化された硬度

シリコンはステンレス鋼の強度と硬度を高めることができ、ステンレス鋼の耐食性と機械的特性にある程度の影響を与えます。

チタン (Ti) – 耐食性の向上

チタンはステンレス鋼の耐食性と強度を高め、優れた性能を必要とする特殊な用途によく使用されます。

リン (P)、硫黄 (S)、窒素 (N) – 調整された組成

ステンレス鋼の良好な耐食性と機械的特性を確保するには、通常、これらの元素の含有量を低レベルに制御する必要があります。 これらの元素は過剰に含有すると材料の性能を損なうため、適量添加する必要がある。

ブログ3-5

ステンレス鋼の性能は、その化学組成、特にさまざまな合金元素の存在と割合に大きく影響されます。 クロム、ニッケル、モリブデン、マンガン、炭素、シリコン、チタン、その他の元素が相互に作用して、ステンレス鋼に優れた耐食性、強度、耐久性、その他の望ましい特性を与えます。

420 ステンレス鋼コイル、高い硬度と耐摩耗性を備え、工具や金型の製造に適しています。 ステンレス模様プレート、優れた延性と強度を備え、装飾目的に適しています。 2205 ステンレス鋼コイル、高強度と耐食性の性的な機会に適しています。 304ステンレスシームレスパイプ、特に化学環境や海洋環境に適しています。 コイル、プレート、チューブのいずれのステンレス鋼材料でも、化学元素組成は異なります。

これらの化学元素の影響を理解することは、特定の用途に最適なステンレス鋼グレードを選択するために重要です。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。最も専門的なアドバイス、最適な製品、最高のサービスを提供いたします。

ブログ3-2

GNEE ステンレス鋼サプライヤー

GNEE スチール グループは専門のサプライチェーン企業であり、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事しています。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。 安港をはじめとする鉄鋼企業との連携により、造船用プレート、圧力容器用プレート、橋床版などを含む幅広い製品を取り揃えております。同時に、パイプ、バー、エンジニアリング設計と製造、および総合的なステンレス製品も提供しています。スチールソリューションサービス。 世界中の600社以上の企業と協力しており、年間輸出能力は80,000万トンを超えています。 Gurney Steel Group を選択すると、プロフェッショナルで信頼できる鉄鋼サプライ チェーン パートナーを選択することになります。

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。