ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか?
  1. ホーム » ブログ » ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか?
ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板を溶接するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板は耐久性があり、腐食に強い丈夫な素材です。そのため、建設、建築、エネルギー、海洋用途などを含む多くの業界で使用される建築材料として人気があります。特定のプロジェクトに合わせて切断、曲げ、溶接、加工することができます。ただし、ステンレス板の溶接は少し難しいです。確実に良好な溶接を行うために、必ず読んでください。

ステンレス板の溶接はなぜ難しいのでしょうか?

溶接 ステンレス板 いくつかの理由から、これは非常に困難な場合があります。

1. ステンレス鋼板は他の金属よりも熱伝導率が非常に高いため、正しく溶接するにはより多くの入熱が必要です。これにより、溶接プロセスの制御がより困難になり、材料の歪みや反りが発生する可能性があります。

2. ステンレス鋼板 クロムが含まれており、溶接電極内の炭素と反応して炭化クロムを形成する可能性があります。このプロセスにより、ステンレス鋼が脆くなり、亀裂が発生しやすくなる可能性があり、これを検出して防止することが困難になる場合があります。

3. ステンレス鋼板は他の金属よりも腐食しやすいため、汚染や汚染を避けるために溶接部を洗浄し、保護する必要があります。

4. ステンレス鋼板はコストが高いため、間違いややり直しはコストと時間がかかる可能性があります。

要約すると、ステンレス鋼板の溶接には、高品質の溶接を確実に成功させるために、高度なスキル、豊富な経験、細部への注意が必要です。

溶接ステンレス鋼板

ステンレス板を溶接するにはどうすればいいですか?

1. 材料を準備する

溶接するステンレス板を用意します。

2. 素材をきれいにする

溶接する前に、材料にほこり、破片、グリースなど、良好な溶接を妨げる可能性のあるものが付着していないことを確認する必要があります。アセトンを使用してステンレス鋼プレートを洗浄し、溶接を開始するときに水分が残っていないことを確認します。

3. 適切な作業領域を選択してください

作業場が清潔で換気されていることを確認してください。炭素はステンレス鋼板を汚染する可能性があるため、炭素鋼製品や炭素鋼の加工領域から遠ざけてください。

4. 適切なフラックスの塗布

表面がきれいで不純物がなくなったら、ステンレス鋼板にフィッティングフラックスを塗布する必要があります。フラックスは、溶接プロセス中に溶接部を酸化やその他の大気元素から保護する役割を果たします。さらに、フィラー材料の優れた流動と分散を促進し、より頑丈で均一な溶接を実現します。フラックスの選択は、特定の溶接プロセスと使用するステンレス鋼の種類によって決まります。

5. 適切な溶接方法の選択

ステンレス板の溶接工程は、素材の厚さや仕上げ、また完成品の用途によって異なります。

ステンレス鋼板を溶接するにはさまざまな方法がありますが、溶接工が最も一般的に使用する方法は 4 つあります。ミグ溶接、スティック溶接、フラックス入りアーク溶接、抵抗溶接です。次のセクションでは、これら 4 つの溶接方法を中心に紹介します。

6. 溶接を行う

溶接を真っ直ぐで安定した状態に保ち、適切な溶接を行うために必要な移動速度が適切であることを確認してください。希望する外観に応じて、必要に応じてステッチ モーションを使用できます。

7. 溶接後の作業

溶接後、溶接の最高の品質と寿命を確保するために、いくつかの重要な考慮事項に対処する必要があります。これらの考慮事項には、スラグやスパッタの除去、溶接部の欠陥の検査、溶接面の洗浄と不動態化、溶接されたステンレス鋼プレートの適切な保管が含まれます。これらの手順により、溶接の品質と寿命が保証され、腐食や損傷が防止されます。

ステンレス板を溶接する方法

ステンレス鋼板の一般的な溶接方法

溶接技術に関しては、望ましい結果を確実に得るために適切な方法を選択することが最も重要です。多数のオプションが存在し、それぞれに独自のメリットと用途があります。ここでは、考慮すべき 4 つの有名な溶接方法を紹介します。

1. MIG(金属不活性ガス)溶接

MIG 溶接、またはガスメタル アーク溶接 (GMAW) は、その迅速さと効率性で知られ、広く採用されている方法です。この技術には、溶接ガンを介して消耗品のワイヤ電極を供給し、その後金属を溶かして融合させます。このプロセスはガス、通常はアルゴンと二酸化炭素の混合ガスによって保護され、溶接部を酸化から保護します。 MIG 溶接は、鋼鉄、ステンレス鋼、アルミニウムなどのさまざまな材料に適しているため、自動車や建設などの業界で好まれています。

2. スティック溶接(被覆アーク溶接)

シールド金属アーク溶接 (SMAW) としても知られるスティック溶接は、建設、メンテナンス、修理の作業で頻繁に使用される多用途で持ち運び可能な方法です。これには、フラックスでコーティングされた消耗電極の使用が必要であり、加熱すると保護ガスシールドが生成されます。このシールドは大気汚染を防ぎ、優れた強度と耐久性を備えた溶接を実現します。スティック溶接は、鋼鉄、ステンレス鋼、鋳鉄、ニッケル合金などのさまざまな金属に適用できるため、屋外または遠隔溶接用途に信頼できる選択肢となります。

3. フラックス入りアーク溶接(FCAW)

フラックス入りアーク溶接 (FCAW) は、フラックスが充填された管状ワイヤを使用する半自動または自動溶接方法を表します。フラックスはシールドガスとして機能し、スラグを形成し、溶接部を大気汚染から効果的に保護します。 FCAW は高い溶着速度と深い溶け込みで知られており、厚い材料の溶接や難しい位置での溶接に特に適しています。この方法は、造船、建設、パイプライン溶接などの業界で一般的に使用されています。

4. 抵抗溶接またはスポット溶接

抵抗溶接、または「スポット」溶接と呼ばれることが多い溶接は、最も経済的な溶接の 1 つです。抵抗溶接 (RW) 装置は非常に多用途であるため、小規模プロジェクトでも大規模プロジェクトでも使用できます。

RW は、電流を使用して擦り切れた金属エッジを加熱し、それらをシールします。このタイプの溶接は、金属の歪みを防ぐように調整できるため、低融点の金属に対して非常に生産的です。

溶接継手

よくある質問 — ステンレス鋼板の溶接

Q: ステンレス鋼板に溶接プロセスを使用できますか?

A: いいえ、すべての溶接プロセスがステンレス鋼板の溶接に適しているわけではありません。ガス溶接などの一部の作業では、ステンレス鋼板を効果的に溶接するのに十分な入熱が得られない場合がありますが、アーク溶接などの他の作業では、過剰な熱が発生して歪みや反りを引き起こす可能性があります。

Q: ステンレス鋼板を溶接する場合、どのような溶加材を使用する必要がありますか?

A: ステンレス鋼の耐食性を維持するには、ステンレス鋼を溶接する際に適切な溶加材を使用することが不可欠です。オーステナイト系ステンレス鋼フィラーロッドは、母材の組成と一致し、強力で耐久性のある溶接を保証するため、一般的に使用されます。

Q: 高品質のステンレス鋼板を溶接するための最良の技術は何ですか?

A: 高品質のステンレス鋼プレートを溶接するための最良の技術には、正しい溶加材の使用、酸化を防ぐためのガスのバックパージ、歪みを避けるための溶接プロセス中の入熱の制御、パルス TIG 溶接、レーザーなどの高度な溶接技術の採用が含まれます。溶接、プラズマ溶接などがあります。

Q:家庭でもステンレス板を溶接できますか?

A: 要するに、そうです。ただし、それはより複雑です。熱くなりすぎると曲がったり割れたりする可能性があるので注意が必要です。たとえ割れていなくても、傷や跡が残る可能性があります。ステンレス板の溶接は専門家に任せることをおすすめします。

まとめ

結論として、ステンレス鋼板の溶接は、融点が高く、熱伝導率が低く、歪みや反りが生じやすいため、困難な場合があります。ただし、適切な技術、高度な溶接方法、および適切な溶加材を使用すれば、強力で耐久性があり、耐食性のある溶接を実現できます。適切な専門知識とアプローチがあれば、ステンレス鋼板の溶接は成功し、やりがいのあるものになります。

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、中国の信頼できるステンレス鋼のメーカー、サプライヤー、輸出業者です。 製造する製品には、ステンレス鋼パイプ、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼板、ステンレス鋼形材、ステンレス鋼箔、ステンレス鋼継手が含まれます。 これまでに同社の製品は120カ国以上に輸出され、1000以上のプロジェクトに貢献し、国内外の多くの顧客に支持されています。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。