ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか?
  1. ホーム » ブログ » ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか?
ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼板をフライス加工するにはどうすればよいですか?

ステンレス鋼プレートのフライス加工には、回転カッターを使用してステンレス鋼のワークピースから材料を除去するプロセスが含まれます。ステンレス板をフライス加工する際に考慮すべき重要なポイントをいくつか紹介します。ステンレス鋼板のフライス加工をより良く行うために、このブログをお読みください。

工具 中古 ステンレス板のフライス加工用

フライス加工に関しては ステンレス板、正確かつ効率的な結果を達成するには、適切なツールと機器を用意することが重要です。フライス加工プロセスで一般的に使用されるいくつかの重要なコンポーネントを次に示します。

1. 製粉機

フライス盤は、ステンレス鋼板をフライス加工するために使用される主なツールです。これらの機械には、ワークピースから材料を除去して希望の形状とサイズを作成する回転カッターが装備されています。縦型フライス盤や横型フライス盤など、さまざまなサイズと構成があり、それぞれが特定のフライス加工要件に応じて独自の利点を提供します。

2. 切削工具

ステンレス板の加工にはエンドミルやドリルなどの切削工具が欠かせません。エンドミルはワークピースに切り込みを入れて材料を除去するために使用され、ドリルはさまざまなサイズの穴をあけます。これらの切削工具にはさまざまな形状、サイズ、材質があり、フライス加工で多用途に使用できます。これらの工具の材質は、耐久性と耐熱性の点で超硬やハイスがよく使われます。

3. クランプまたはバイス

Clamps or vices are used to securely hold the ステンレス鋼板 in place during the milling process. They provide stability and prevent any movement or vibration that could affect the accuracy of the milling operation. Clamps and vices come in different sizes and designs, allowing for flexibility in accommodating various plate dimensions and shapes.

4. クーラントシステム

ステンレス鋼プレートをフライス加工する場合、過熱を防ぎ工具寿命を延ばすために、冷却システムは不可欠です。クーラントは、通常、水とクーラント濃縮物の混合物で、フライス加工中に切削領域に噴霧または浸水されます。熱を放散し、切削工具を潤滑し、ワークピースから切りくずや破片を除去するのに役立ち、スムーズで効率的なフライス加工作業を保証します。

ミルマシン

ステンレス鋼板のフライス加工方法

ステンレス鋼プレートのフライス加工を開始する前に、確実に成功させるためにいくつかの対策を講じる必要があります。これらの対策には次のものが含まれます。

1. ステンレス板の掃除

ステンレス鋼プレートを徹底的に洗浄し、フライス加工プロセスを妨げたりプレートに損傷を与える可能性のある汚れ、破片、汚染物質の痕跡を除去することが重要です。洗浄液と糸くずのない布を併用してプレートの表面を拭き、隅々まで丁寧に拭きます。このステップにより、マーキング材料の優れた接着が促進され、ミリングプロセス中の望ましくない中断が防止されます。

2. 希望の寸法をマークする

ステンレス鋼プレート上に希望の寸法をマークすることは、正確なフライス加工結果を達成するために不可欠な前提条件です。

必要な精度レベルに応じて、スクライブやマーカーなどのさまざまなマーキング ツールを使用できます。

3. SSプレートをフライス盤に固定する

洗浄とマーキングを行った後、プレートをフライス盤にしっかりと固定する必要があります。この措置は、フライス加工プロセス中の不当な動きや振動を回避するために行われ、それによって正確で一貫したフライス加工結果が確実に得られるようにします。機械の設計に応じて、バイス、クランプ、磁気チャックの使用に至るまで、さまざまなクランプ方法が使用される場合があります。

金属を直す

4. 適切な切削速度と送り速度の選択

ステンレス鋼板をフライス加工する場合、切削速度と送り速度の選択を慎重に検討することが不可欠です。これら 2 つの要素が、この取り組みで最適な結果を達成するための鍵を握っています。

切削速度は切削工具が材料の表面を横切る速度を指し、送り速度は工具が材料の中に進む速度を指します。ステンレス鋼の場合は、その硬度と靭性に見合った切削速度と送り速度を選択する必要があるので注意が必要です。切削速度が高すぎると、過剰な熱が発生して材料が硬化し、最悪の場合、切削工具が損傷する可能性があります。逆に、切削速度と送り速度が低すぎると、表面仕上げが不十分になり、材料の除去が非効率になる可能性があります。

5. ステンレス鋼板に適した切削工具の選択

ステンレス鋼板は硬くて摩耗性の高い材料であるため、その恐るべき特性に耐えるように特別に設計された切削工具が必要です。超硬または高速度鋼 (HSS) エンドミルは、その優れた硬度と耐摩耗性により、ステンレス鋼板のフライス加工によく使用されます。これらの切削工具は、機械加工プロセス中に発生する高い切削抵抗と温度に耐える能力を備えています。また、適合する切削工具を選択する際には、ステンレス鋼板の材質、硬度、厚さを考慮することが重要です。鋭い刃先や高いねじれ角などの工具の形状も、ステンレス鋼板をフライス加工する際の性能向上に貢献します。

6. 切り込み深さの設定

切込み深さは、各パス中に切削工具が材料を貫通する距離に関係します。ステンレス鋼をフライス加工する場合、過度の切込み深さを避けることが重要です。そのような方法では、切削抵抗の増加、発熱、および切削工具の摩耗が発生するためです。逆に、切り込み深さを浅くすると、材料の除去が非効率になり、加工時間が長くなる可能性があります。したがって、望ましい表面仕上げ、材料除去率、切削工具の能力など、機械加工タスクの特定の要件に基づいて適切な切込み深さを決定することをお勧めします。

7. 適切な切りくず排出の確保

切りくずを効率的に除去することは、加工プロセスの効率を維持し、切削工具を損傷から守るために不可欠です。ステンレス鋼の切りくずは長く糸状になる傾向があり、切削工具やワークピースに付着しやすいため、切りくずが再切削され、表面仕上げが標準以下になります。切りくずを効果的に排出するには、適切なチップブレーカー設計を備えた切削工具を使用することが不可欠です。これらのチップブレーカーは、切りくずをより小さく扱いやすい断片に分割するのに役立ち、それによって切削ゾーンからの効率的な除去が容易になります。さらに、適切な冷却剤または潤滑剤を使用すると、摩擦が軽減され、切りくずの流れがスムーズになります。切断領域から定期的に切りくずを取り除き、切りくずコンベアやエアブラストなどの切りくず排出システムを使用すると、ステンレス鋼プレートをフライス加工する際の機械加工プロセスのパフォーマンスがさらに向上し、切削工具の寿命を延ばすことができます。

ステンレス鋼板のフライス加工

ステンレス鋼板のフライス加工手順

ステンレス鋼プレートのフライス加工は、望ましい仕上げ、精度、品質を達成するためにいくつかの慎重に実行されるステップを必要とする細心のプロセスです。これらの手順には、プレートの粗加工、プレートの仕上げ、エッジの平滑化、およびプレートの精度と品質の細心の検査が含まれます。

1. プレートの荒加工

粗加工の初期段階では、ステンレス鋼板は後続の加工に備えて準備されます。これには、粗いフライス加工の技術を通じて、スケールや酸化などの表面の欠陥を除去することが必要です。粗加工プロセスは、その後の作業の基礎を築きながら、均一な表面を作成する目的に役立ちます。

2. プレートの仕上げ

粗加工段階に続いて、ステンレス鋼プレートは、所望の厚さ、平坦度、および表面品質を達成するために、仕上げフライス加工という芸術的な作業を受けます。仕上げ作業では、残っている欠陥をすべて除去し、滑らかで均一な表面を確立するために、より細かいフライス工具が使用されます。この極めて重要なステップは、プレートが要求仕様を確実に満たすために不可欠です。

3. エッジを滑らかにする

ステンレス鋼板のエッジを滑らかにするプロセスは、安全性と美観の両方を保証するために最も重要です。エッジは細心の注意を払ってフライス加工され、鋭利なエッジや不均一なエッジがなくなるように成形されているため、プレートを安全に取り扱うことができ、潜在的な怪我を防ぐことができます。さらに、滑らかなエッジの存在は、完成品の全体的な外観に貢献します。

4. 精度と品質のチェック

フライス加工プロセスが完了したステンレス鋼板は、その精度と品質を確認するために総合的な検査を受けます。この綿密な検査には、プレートの寸法、厚さ、平坦度を測定するための精密なツールと技術の利用が含まれます。要求された仕様からの逸脱は慎重に評価され、必要な調整や是正措置が速やかに講じられ、望ましい規格に確実に準拠します。

ステンレス鋼

ステンレス鋼板のフライス加工時の安全上の注意事項

ステンレス鋼板をフライス加工する場合、安全性の重要性はいくら強調してもしすぎることはありません。遵守すべき重要な安全上の注意事項をいくつか示します。

1. 適切な個人用保護具 (PPE) を着用する

フライス加工作業を開始する前に、自分自身を守るために必要な個人用保護具 (PPE) を確実に着用することが不可欠です。これには、飛来する破片から目を保護するための安全メガネやフェイスシールド、金属粒子や粉塵の吸入を防ぐための防塵マスクや呼吸用保護具、鋭利な刃物や火傷の可能性から手を保護するための手袋の着用が含まれます。

2. 作業エリアの確保

ステンレス鋼板をフライス加工する前に、事故を最小限に抑えるために作業エリアを確保することが重要です。フライス加工プロセスを妨げる可能性のある異物や散らかったものを周囲のスペースから取り除きます。事故につながる可能性のある動きや振動を防ぐために、ワークピースがフライス盤のテーブルに適切にクランプまたは固定されていることを確認してください。

3. クーラントの適切な取り扱いと廃棄

フライス加工では、切削工具とワークピースの潤滑と冷却のためにクーラントが使用されることがよくあります。健康や環境へのリスクを避けるために、冷却剤を適切に取り扱うことが最も重要です。クーラントを取り扱う場合は適切な手袋を寄付し、地域の規制に従って廃棄してください。安全な作業環境を維持するために、クーラントに直接触れないようにして、こぼれた場合はすぐに拭き取ってください。

4. 定期的な機械の保守と点検

ステンレス板のフライス加工を安全かつ効率よく行うためには、定期的な機械の保守・点検が不可欠です。コンポーネントの緩みや安全機能の誤作動など、フライス盤に摩耗や損傷の兆候がないか定期的に検査してください。製造元の推奨に従って可動部品に注油し、事故や機械の故障を避けるためにメンテナンスの問題に迅速に対処します。

PPE (People Protection Equipment)

まとめ

ステンレス鋼板のフライス加工に関するサポートをお探しの場合は、お気軽に当社の技術チームにお問い合わせください。 WhatsApp:+ 8619949147586.

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、中国の信頼できるステンレス鋼のメーカー、サプライヤー、輸出業者です。 製造する製品には、ステンレス鋼パイプ、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼板、ステンレス鋼形材、ステンレス鋼箔、ステンレス鋼継手が含まれます。 これまでに同社の製品は120カ国以上に輸出され、1000以上のプロジェクトに貢献し、国内外の多くの顧客に支持されています。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。