ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか?
  1. ホーム » ブログ » ステンレス板を曲げるには?
ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか?

ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか?

ステンレス鋼板には、少なくとも 10.5% のクロム、1.2% 未満の炭素、およびニッケルやマンガンなどの他の合金元素が含まれており、耐食性と硬度が完全に向上します。そのため、装飾品から大規模な産業用途に至るまで、多くの業界で幅広い用途を提供します。ただし、ステンレス鋼プレートの最も一般的な用途の XNUMX つは、特定の用途のサイズや形状に合わせてさまざまな形状に曲げることです。では、ステンレス板を曲げるにはどうすればよいのでしょうか?

ステンレス板曲げ加工とは何ですか?

ステンレス板の曲げ加工は、 ステンレス鋼板 特定の形状に変換します。これは、プレス ブレーキ、パンチング マシン、鉄工機、またはその他の機械を使用することで実現できます。

なぜステンレス板を曲げるのか?

ステンレス鋼シートの曲げには多くの利点があるため、製品やプロジェクトのカスタマイズを検討している人にとって人気の選択肢となっています。

まず、ステンレス鋼板は優れた耐食性を備えており、湿気や紫外線、極端な温度などの過酷な要素にさらされても、簡単に腐食しません。それで、あなたがあなたの体を曲げるとき、 ステンレス鋼板 形に成形すれば、時間の経過とともに錆びたりその他の腐食の兆候が現れることを心配する必要がなくなります。

もう 1 つの利点は、さまざまな形状に曲げた後でも、金属は依然として強度を維持し、時間が経ってもその構造的完全性を失わないことです。そのため、長期にわたる磨耗への耐性が必要なプロジェクトには理想的な選択肢となります。

SSプレート

ステンレス板を曲げるにはどうすればいいですか?

ステンレス鋼板を曲げる一般的な手順は次のとおりです。

1. ステンレス板を用意します。すべてが良好で清潔であることを検査する必要があります。

2. 曲がり部分に印を付けます。巻尺と千枚通しを使用して、ステンレス鋼板の一方の端に沿って曲げ位置を測定し、印を付けます。マークを付けた端と平行に、ステンレス鋼シートの端に XNUMX 番目の曲げマークを付けます。

3. 防護服を着用してください。安全メガネ、手袋、衣服を着用してください。

4. 正しいツールを選択します。ステンレス鋼板を曲げるにはいくつかの異なる方法が利用可能です。プロジェクトの要件と予算の制約に応じて、手動成形 (手動工具を使用)、プレス ブレーキ成形 (プレスを使用)、冷間圧延 (機械を使用) などのさまざまな技術から選択できます。各手法には独自の長所と短所があり、特定のプロジェクトのニーズにどの方法を使用するかを決定する前に、慎重に比較検討する必要があります。

5. パラメータを設定します。ステンレス板の厚みや寸法に応じて、プレスブレーキやベンディングマシンのパラメータを調整します。

6. 曲げ加工を行います。曲げ加工は慎重に行い、プレートに損傷を与えずに必要な角度に曲げられるようにします。

7. 結果を検査します。曲げた後、ステンレス鋼プレートを検査して、必要な仕様と公差を満たしていることを確認します。

ステンレス鋼板を曲げる

ステンレス板を曲げる際の注意点

1. 板厚。ステンレス板を曲げる前に、板の厚さを決めることが重要です。板厚が厚くなると曲げ力が大きくなりますので、プレスブレーキの曲げ力を事前に考慮してください。

2. 曲げ角度。ステンレス鋼板は、引張強度が高く、伸びが低く、必要な曲げ力が大きく、曲げ角度が大きいという特徴があります。

3. 曲げ半径。曲げ半径が大きくなると反発力も大きくなりますので、ステンレス板を曲げる際は曲げ半径や曲げ角度を小さくしすぎると曲げ割れが発生しますので注意してください。

4. 曲げ反発。ステンレス鋼は炭素鋼に比べて降伏強度が高いため、弾性回復が大きくなります。曲げ角度、曲げ半径、金型サイズに誤差が生じる場合があります。したがって、より鋭利な上部パンチを使用すると、曲げ半径が小さくなり、シートの反発が減少します。

5. 曲げ代の計算。板の外側の広がりである曲げ代は、板厚、曲げ角度、内径がわかれば計算できます。

この計算により、曲げに必要なプレートの長さが決まります。

曲げ代の計算式は、BA=(π/180)×B×(IR+K×MT)、または曲げ代ゲージを使用します。

ステンレス板の曲げ加工

ステンレス鋼板を曲げる一般的な 3 つの方法

1. 手で曲げる

薄くて小さいステンレス板であれば手曲げも可能です。用意されている補助工具は、ケガキペン、角度定規、定規、平ペンチ、ハンマーなどです。

まず折り代を計算し、定規とマジックペンで折り線をマークし、シートのサイズをカットします。シートをフラットジョープライヤーでしっかりとクランプし、ハンマーまたは手でサイズに合わせて曲げます。角度定規を使用して確認し、曲げが完了するまで操作を繰り返します。

2. 熱間曲げ

厚いステンレス板の場合、板を加熱して熱間曲げ加工を行う必要があります。ホットプレス機に金属板を入れ、高周波で金属板を加熱し、金型でホットプレスして成形します。この方法では、大量生産のためにカスタマイズされた金型が必要です。

3. 冷間曲げ

冷間曲げ加工では、通常、油圧プレスブレーキと油圧圧延機が必要です。

油圧プレスブレーキは上パンチを下向きに圧力を加えてステンレス板の表面を所定の角度に曲げることができます。曲げ加工の際には、プレスブレーキの下型の切り欠きに対する板厚の比率も考慮する必要があります。一般的には、ダイチャンネル(V) = 厚さ(T) × 8を選択してください。

冷間曲げ

ステンレス鋼板の曲げにはどのような種類がありますか?

ステンレス鋼板の曲げ加工では、曲げの角度や半径によってさまざまな曲げ形状が得られます。ステンレス板の曲げ加工における主な曲げの種類をいくつか見てみましょう。

1.V曲げ。これは最も一般的な曲げプロセスであり、このプロセスで使用される V 字型のパンチとダイにちなんでこのように呼ばれています。パンチが金属シートを下型に押し込み、V 字型のワークピースを形成します。

2. ボトミング。上パンチは金属シートを下ダイに完全に押し込むため、金型の角度がワークピースの最終的な角度を決定します。ボトミングによりシートの反発が軽減され、良好な精度が得られます。

3. エアベンディング。エアベンディングにより柔軟性が向上し、複数のベンドを調整して 90 ~ 180 度の範囲で結果を得ることができます。もちろん、精度はボトミングよりも低くなります。

4. コイニング。以前はコイニング加工が盛んでしたが、CNCプレスブレーキの発達により、その用途は徐々に減少してきました。

5. U曲げ。 U 曲げは、上パンチを使用して下型を押し下げるという点で V 曲げと似ています。しかし、その形状はU字型であり、主にU字溝鋼の製造に使用されます。

曲げアプローチ

6. ステップベンディング。ステップ曲げはマルチ V 曲げであり、ワークピースを大きな半径で曲げることができますが、小さな V 曲げを複数回連続して実行することもできます。

7. ロール曲げ。このプロセスは、大きなカールを持つワークピースを曲げる場合に使用され、油圧システムで駆動される XNUMX つのロールを使用してシートを曲げます。たとえば、シートを曲げてチューブや円錐にすることができます。必要に応じて、一度または複数回同時に圧延できる大きな半径の曲げも製造できます。

8. 曲げを拭きます。この方法は、板金のエッジを曲げるエッジ曲げに似ており、幅曲げツールによって曲げの内側半径も決まります。下型にプレートを置き、プレスパッドとパンチで突き出た金属に圧力を加えて曲げ加工を行います。

9. エッジの曲げ。上下の金型を上下に動かして曲げる方法です。通常、切れ味を低下させ、曲げ刃の損傷を防ぐために、短いステンレス鋼板に使用されます。

10. 回転曲げ。この方法では、ワークピースを 90 度を超える角度で曲げることができます。最終的なプロファイルは V 曲げに似ていますが、プロファイルの表面はより滑らかです。

ステンレス鋼板の曲げ加工の種類

まとめ

ステンレス鋼プレートを曲げることは、ニーズや好みに応じてプロジェクトや製品をカスタマイズするための優れた方法です。このブログを読むと、不適切なテクニックによる潜在的な損傷や歪みを最小限に抑えながら、プロジェクトを確実に希望通りに仕上げるために多くのことが得られます。さらに詳しい話が必要な場合は、当社の技術チームまでお問い合わせください。 WhatsApp:+ 8619949147586.

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、中国の信頼できるステンレス鋼のメーカー、サプライヤー、輸出業者です。 製造する製品には、ステンレス鋼パイプ、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼板、ステンレス鋼形材、ステンレス鋼箔、ステンレス鋼継手が含まれます。 これまでに同社の製品は120カ国以上に輸出され、1000以上のプロジェクトに貢献し、国内外の多くの顧客に支持されています。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。