ステンレスパイプはどうやって磨くのですか?
  1. ホーム » ブログ » ステンレスパイプはどのように磨くのですか?
ステンレスパイプはどうやって磨くのですか?

ステンレスパイプはどうやって磨くのですか?

ステンレス鋼チューブは、その強度と流線型の外観により、さまざまな分野で好まれています。 ただし、時間の経過とともに湿気、汚れ、その他の環境変数にさらされると、ステンレススチールが変色し始めることがあります。 しかし、ステンレスパイプの輝きを取り戻すには研磨が手っ取り早く簡単な方法です。

なぜ研磨が必要なのか ステンレス鋼管?

1. 美学: 研磨すると、滑らかで反射する表面が生成され、ステンレス鋼チューブに明るく魅力的な外観が得られます。 建築、インテリアデザイン、自動車用途などの美的に魅力的な分野では、これは非常に重要です。

2. 耐食性: 研磨プロセスは、腐食の原因となる埃、油、酸化物などの表面汚染物質を除去するのに役立ちます。 ステンレス鋼管の表面を研磨すると、これらの汚染物質が除去され、耐腐食性や酸化性が向上します。

3. 衛生と清掃: ポリッシュステンレスパイプは表面が滑らかなので掃除やメンテナンスが簡単です。 研磨鋼管は表面に凹凸や凹凸がなく、ゴミや細菌などが付着しにくいため、食品加工や医薬品製造などの衛生的な用途に適しています。

4. より良い流量特性: 研磨された表面は、パイプを通る流体の流れを妨げる可能性のある粒子の蓄積と摩擦の可能性を軽減します。 ステンレス鋼パイプの研磨された表面は流体移送の効率を高め、配管、HVAC、および流体処理システム業界での用途に適しています。

ステンレスパイプの研磨手順は?

ステップ 1: パイプを掃除する

ステンレス鋼パイプを磨く前に、できるだけきれいであることを確認してください。 まず、柔らかい布またはスポンジを使用し、熱い石鹸水でパイプを掃除します。 パイプに錆びが発生していたり​​、掃除しにくい箇所がある場合は、ブラシやスクレーパーを使用してください。 パイプを洗浄して乾燥させたら、研磨に進むことができます。

ステップ2: パイプ研磨

柔らかい布または研磨パッドを使用して、ステンレス鋼パイプの表面に金属磨きを塗布します。 ポリッシュの選択はパイプの状態によって異なります。 たとえば、ひどく変色または変色している​​場合は、より研磨性の高いクレンザーを使用する必要がある場合があります。 軽度の変色や変色には、穏やかな洗剤を使用してください。 その後、小さな円を描くように表面全体を磨きます。

ステップ 3. 残留物を研磨する

研磨後にステンレス鋼管に均一な光沢を確実に与えるために、ワニスを塗布した後、別のきれいな布で研磨残留物を拭き取ってください。 研磨の際は過度な力で鋼管の表面を傷つけないよう注意してください。 残渣を研磨して作業終了です。

Step5: 洗浄と検査

表面に残っている汚れや傷がないかどうかを確認します。 表面をさらに強化するには、必要に応じて研磨手順を繰り返します。

ステンレスパイプを磨く方法はありますか?

手磨き

ハンドポリッシュは、ハンドツールまたはアプリケーターを使用して、表面を手作業で研磨するプロセスです。 滑らかで輝く仕上げを得るには、ポリッシュ、クレンザー、または研磨剤を表面に塗布し、円を描くようにまたは前後に動かす必要があります。

手動研磨により、ターゲットを絞った研磨が可能になり、小さな欠陥、傷、渦巻きマークを効率的に除去できます。 自動車のディテールや宝飾品の製造など、高度な精度と制御が要求される作業によく使用されます。 その他、天然石、ステンレスパイプ、自動車塗装にも使用可能です。

手磨きには、柔らかい布、スポンジ、フォームパッド、特殊手磨きアプリケーターなど、さまざまな材料やツールを使用できます。 研磨される正確な表面と望ましい結果は、選択されるツールと製品に影響します。

機械研磨と比較して、手研磨は満足のいく結果を得ることができますが、時間と労力がかかる場合があります。 機械研磨には電動工具と回転パッドが使用され、より大きな表面やよりひどく損傷した表面でより良い結果が得られることがよくあります。 ただし、より規制されたアプローチが必要な小さい表面や傷つきやすい表面の場合は、依然として手磨きが効果的な選択肢です。

手磨きは表面の状態だけでなく、研磨者の能力や技術にも左右されることを覚えておくことが重要です。 望む結果を得るには、練習して実験する必要があるかもしれません。

機械研磨

加工には研磨ホイールや研磨ベルトを使用する機械研磨法があります。 研磨ベルトは、研磨剤に含まれる研磨剤を使用してステンレス鋼管の表面を研削、研磨し、滑らかな研磨効果を高めます。

0.4μm未満の鏡面光沢は機械研磨で実現可能です。 硬い研磨ホイールまたは研磨ベルトは単純な形状の部品の研磨に使用でき、柔らかい研磨ホイールは高度に複雑な部品の研磨に使用できます。 バッチ照明は、さらにローリング照明、振動機械照明、遠心機械照明、回転照明などに分類され、多数の小さな部品を照明するために使用されます。

また、ステンレス鋼管の表面には機械研磨がほとんどないため、粗い表面を研磨するのは困難です。 現在、前研削プロセスを実行する必要があります。 粗研削、中研削、精密研削は、スラリーに浸した砥石車と研磨ベルトを使用して行われます。 研削後のステンレス鋼管の表面粗さは0.4μmに達することがあります。 サンドブラスト、ショットブラスト、スチールワイヤーブラッシング、その他の表面処理技術を使用して、錆取り、バリ取り、スラグ除去、マット仕上げなどのさまざまなカスタマイズされたニーズを満たすこともできます。

化学研磨

化学研磨中、ステンレス鋼のチューブやその他のコンポーネントは適切な溶液に浸されます。 ステンレス鋼管の表面の突起を早く溶解するため、研磨目的で表面を滑らかにすることができます。 化学研磨は通常、輝度をわずかに向上させるだけであり、研磨能力は劣ります。 しかし、化学研磨法は機械研磨法よりも労力と時間の効率が良く、小さな物の内面も扱うことができます。

化学研磨工程では注意が必要な箇所が様々あります。 前研磨は化学研磨よりも適しています。化学研磨のほうが時間はかかりますが、仕上がりが標準以下であるためです。 化学研磨は表面活性を促進するため、耐食性を確保するには作業表面を不動態化する必要があります。

電解研磨

ステンレス鋼管の表面反射特性の向上、耐食性の向上、加工部品の表面硬度の低下、摩擦係数の低下はすべて電解研磨処理の利点です。

機械的研磨とは対照的に、電気化学的研磨は不動態化された表面を生成し、材料の耐食性を高めますが、これは機械的処理では達成できません。 第二に、電気化学研磨には特定の基板要件があります。 例えば、深い傷は平らに研磨することができず、微細構造が不均一であると研磨面も不均一になります。 一方、機械研磨では基板に対する要求が少なくなります。

電解研磨を使用すると、複雑な形状の部品の処理が簡単になります。 また、電解研磨は機械研磨よりも効果的ですが、大きなワークを使用する場合には注意が必要です。 研磨面の明るさを一定にするためには、電気化学研磨中のワーク表面の電流密度が均一でなければなりません。 電気化学研磨では大電流が流れるため、治具とワークピースは互いに良好に接触する必要があります。 そうしないと、ワークピースの局所的な過熱や焼損が発生しやすくなります。

なお、マルテンサイト系なので、 ステンレス鋼 腐食しやすいため、オーステナイト系ステンレス鋼に使用されるいくつかの研磨技術は使用できません。

まとめ

製品を本当に輝き、反射が見えるほど透明にしたい場合、研磨は重要なステップです。 簡単な方法で、食品やキッチン用品をオリーブオイルなどでさっと磨いて、それが良いと評価するのは簡単です。 残念ながら、この方法は永久に機能するわけではなく、傷は消えません。 研磨には多くの時間がかかりますが、表面を修復し、美しい鏡面仕上げを長持ちさせる唯一の方法です。

著者 頭の画像
著者 : グネススチール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。