Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel
  1. ホーム » ブログ » Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel
Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel

Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー — GNEE Steel

二相ステンレス鋼は、クロム、ニッケル、モリブデン、窒素などの化学原料を主成分とし、特殊な工程を経て製造された、オーステナイト相とフェライト相からなる特殊構造のステンレス鋼材です。 中でも2205ステンレスコイルは耐食性、強度、靱性に優れた二相ステンレス鋼材です。 化学工業、海洋、エネルギー、建設などの分野で広く使用されています。 2205ステンレス鋼コイルは他のステンレス鋼材と比較して、耐食性、強度、溶接性に優れています。 ご要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Gnee Steel Group は高品質のステンレス鋼製品のサプライヤーであり、いつでも対応する準備ができています。

2507 二相ステンレス鋼の組成

2507二相ステンレス鋼はスーパーとも呼ばれます 二相ステンレス鋼であり、その構成には通常次の要素が含まれます。

  • クロム(Cr):約24-26%
  • ニッケル(Ni):約6~8%
  • モリブデン(Mo):約3~5%
  • 窒素(N):約0.24~0.32%
  • 鉄 (Fe): 通常、合金元素の後の残りに存在します。

上記の主な元素に加えて、2507 二相ステンレス鋼には、炭素、シリコン、マンガン、リン、硫黄、銅などの他の元素も少量含まれている場合があり、それらの濃度は通常非常に低いです。

二相ステンレス鋼組成

2507 二相ステンレス鋼の被削性

機械加工性とは、穴あけ、フライス加工、旋削、ねじ切りなどのさまざまな機械加工プロセスを使用して材料を機械加工または形成できる容易さを指します。 機械加工性は、材料の組成や微細構造を含む多くの要因の影響を受けます。

機械加工性に関して言えば、 2507二相ステンレス鋼、一般に他のステンレス鋼グレードに比べて若干劣ると考えられています。 2507 二相ステンレス鋼は強度と硬度が高いため、加工がより困難になります。 2507 の加工パフォーマンスを最適化するには、次の点から進めることができます。

切削工具: ステンレス鋼の加工専用に設計された高品質の切断機を使用してください。 鋭い切れ刃を備えた超硬インサート、適切な工具形状、コーティングされた超硬ナイフなどはすべて、加工性能の向上に貢献します。

切断パラメータ: 特定の加工操作と使用する工具に応じて、切削速度、送り速度、切込み深さを調整します。 2507 二相ステンレス鋼の硬度と強度を考慮して、材料除去率と工具寿命のバランスを取るパラメータを最適化します。

冷却と潤滑: 加工中の熱を放散し、摩擦を軽減するには、適切な冷却と潤滑が不可欠です。 ステンレス鋼に適したクーラントまたは切削液を使用すると、工具寿命の延長とステンレス鋼の表面仕上げの向上に役立ちます。

工具摩耗の監視: 工具の摩耗を定期的に監視して、最適なパフォーマンスを確保します。 加工の品質と効率を維持するために、磨耗または損傷した工具を適時に交換してください。

さらに、2507 二相ステンレス鋼の被削性は、熱処理や加工のわずかな変化により変化する可能性があります。

二相ステンレス鋼の機械加工性

二相 2507 ステンレス鋼の特性

二相 2507 ステンレス鋼は、鉄 (Fe)、クロム (Cr)、ニッケル (Ni)、モリブデン (Mo)、窒素 (N) などの元素で構成される超二相ステンレス鋼グレードです。 のように 2205 ステンレス鋼コイル、オーステナイトとフェライトの構造を持ち、多くの利点があります。

  • 高強度、優れた靱性
  • 優れた耐食性
  • 孔食や隙間腐食に強い
  • 応力腐食割れに対する優れた耐性
  • 良好な溶接性
  • 高い熱伝導率
  • 低い熱膨張

2507 二相ステンレス鋼の溶接

304、316、または 410 ステンレス鋼コイル、または優れた特性を持つ二相ステンレス鋼コイルでは、溶接の品質を確保し、材料の必要な特性を維持するために、溶接時に複数の要素を考慮する必要があります。 2507 二相ステンレス鋼を溶接する際に留意すべき重要なポイントをいくつか示します。

溶接プロセス: 2507 二相ステンレス鋼に一般的に使用される溶接プロセスには、電極アーク溶接 (SMAW)、アルゴン タングステン アーク溶接 (GTAW)、プラズマ アーク溶接 (PAW)、およびフラックス入りアーク溶接 (FCAW) があります。 各プロセスには利点と考慮事項があり、適切なプロセスの選択は特定のアプリケーションと要件によって異なります。

溶接-2507-二相ステンレス鋼

予熱とパス間温度: 亀裂のリスクを軽減するには、母材の予熱とパス間温度の制御が重要です。 予熱温度は通常 150°C ~ 250°C (300°F ~ 480°F) であり、過度の熱入力を避けるためにパス間の温度を制御する必要があります。

フィラーメタル: 最適な溶接パフォーマンスのためには、適切な溶加材を選択することも重要です。 通常、AWS A5.4 E2507 または E2594 などの適合または超合金二相ステンレス鋼フィラー金属が使用されます。

シールドガス: ガスシールド付き 2507 二相ステンレス鋼を溶接する場合、通常、大気汚染から溶接池を保護し、窒素吸収のリスクを最小限に抑えるために、高純度のアルゴンまたはアルゴン/ヘリウム混合物が使用されます。

溶接後の熱処理: 一部の用途では、望ましい特性を達成するために溶接後熱処理 (PWHT) が必要です。 これには、溶体化焼鈍とそれに続く水焼入れ空冷、または低温での応力除去が含まれる場合があります。

さらに、目視検査、染料浸透試験、放射線検査などの適切な溶接検査と試験は、溶接の品質を検証するのに役立ちます。

二相 2507 ステンレス鋼の価格

Duplex 2507 ステンレス鋼コイルはハイエンドのステンレス鋼素材です。 価格は300シリーズに比べて比較的高価ですが、 400シリーズステンレス鋼コイル。 時々変動があり、次のような多くの要因の影響を受けます。

Duplex-2507-ステンレススチール-価格

市場の需給状況: ステンレス鋼市場の需給状況は価格に直接影響します。 需要が供給を上回れば、価格が上昇する可能性があります。 供給が過剰になると、価格が下落する可能性があります。

材料仕様: 仕様やサイズが異なる二相 2507 ステンレス鋼コイルの価格も市場によって異なります。 一般に、ゲージが大きいコイルは高価ですが、ゲージが小さいコイルは安価です。

注文数量: デュプレックス2507 ステンレススチールコイル 通常、大量に注文すると、より競争力のある価格で注文できます。数量が多ければ価格は安くなり、サプライヤーと値引きや割引を交渉することができます。

ワンクリックお問い合わせ——>

2507ステンレス鋼コイルの応用分野

  • 石油およびガス産業: パイプライン、貯蔵タンク、バルブなど。
  • 化学工業: 反応器、熱交換器、貯蔵タンク、コンテナ、パイプラインなど。
  • 海洋工学: 海洋プラットフォーム、海底パイプライン、船舶、海水淡水化プラント、高圧逆浸透装置などの製造など。
  • 医療産業: 手術器具、インプラントなど。
  • 建設および構造分野: 2507 ステンレス鋼コイルは、建物のファサード、屋根、橋、その他の構造物に広く​​使用されています。
  • 紙および繊維産業: 蒸気発生器、貯蔵タンク、コンベアなど

2507 ステンレス鋼コイルの応用分野

Duplex 2507 ステンレス鋼メーカー

グニー・スティール グループは、主に鋼板、コイル、プロファイルの加工、および屋外景観デザインに従事する専門的なサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。 安港をはじめとする鉄鋼企業との連携により、造船用プレート、圧力容器用プレート、橋床版などの幅広い製品を取り揃えております。同時に、パイプ、バー、エンジニアリング設計と製造、および総合的なステンレス製品も提供しています。スチールソリューションサービス。 世界中の600社以上の企業と協力しており、年間輸出能力は80,000万トンを超えています。 Gurney Steel Group を選択すると、プロフェッショナルで信頼できる鉄鋼サプライ チェーン パートナーを選択することになります。

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。