アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか?
  1. ホーム » ブログ » アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか?
アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか?

アルミパイプとステンレスパイプどちらが好きですか?

ステンレス鋼とアルミニウムのパイプには、どちらにも利点と欠点があります。 あるパイプ タイプが他のパイプ タイプより優れているのはなぜですか? アルミニウムとステンレス鋼の両方を製造するには、さまざまな化学的および物理的特性を持つさまざまな合金が使用されます。 一般に、オーステナイト鋼、フェライト鋼、マルテンサイト鋼の XNUMX 種類のステンレス鋼合金があります。 アルミニウムとステンレス鋼のどちらのパイプが適していますか?

アルミパイプとは何ですか?

アルミニウムは軽量で耐食性に優れた金属で、パイプの製造に使用され、アルミニウムパイプと呼ばれます。 アルミパイプはその特性を生かして様々な用途に多用されています。 これらは、窓やドアの枠、建物のファサード、換気や空調システムなどの構造物の構築によく使用されます。 輸送部門では、燃料ラインや吸気システムなどの用途にもアルミニウム パイプが使用されています。 さらに、アルミニウム パイプは軽量設計で耐腐食性があるため、圧縮空気システムで使用されます。 全体として、アルミニウム パイプには長寿命、高い強度対重量比、耐食性などの利点があり、さまざまな用途に柔軟な選択肢となります。

何が ステンレス鋼管?

ステンレス鋼管は中空で長い丸い鋼片で、石油、化学、医療、食品、軽工業などの分野で広く使用されています。 国民経済においてさまざまな用途があり、鉄鋼業界でも重要な製品です。 これらのパイプの製造に使用される最も一般的な 201 つの材料は、XNUMX と XNUMX です。 304.

アルミパイプとステンレスパイプの違いは何ですか?

アルミパイプとステンレスパイプは大きく異なります。 最も顕著なのはステンレスパイプとアルミパイプの価格差です。 ただし、ステンレスパイプはアルミパイプよりも寿命が長いため、より長期間使用できます。 アルミニウムパイプはステンレスパイプよりも安価ですが、耐久性はそれほど高くありません。 たとえば、アルミニウムパイプの寿命が約50年であるのに対し、ステンレス鋼パイプの平均寿命は約10年です。

アルミニウムパイプには、材料が加熱されると膨張するため、熱水がうまく機能せず、時間の経過とともにシステムの漏れにつながる可能性があるという事実など、いくつかの欠点があります。 アルミニウムが時折特定の化学物質とどのように相互作用するかについても懸念があります。 物質間の腐食性相互作用により腐食が発生します。

アルミパイプかステンレスパイプをお選びください

1. 導電性

アルミニウムは強力な導体であり、最高のアルミニウム合金は 1000 シリーズです。 このシリーズを使用してバスバー導体などを生産しています。

2. 重量

アルミニウムは体積で鋼鉄のXNUMX倍の重さがあります。 ニーズに応じて、これが良いか有害かを判断できます。 デフォルトでは、通常、重い金属の方が強度が高くなります。

アルミニウムは、民生用または軽量の用途 (厨房機器、医療機器、航空宇宙など) の場合に採用しやすくなります。 用途が構造的であるか、重量に依存しない場合には、ステンレス鋼が優れた選択肢となります。

3. 強さ

すでに確立されているように、ステンレス鋼の強度の増加には重量の増加が伴います。 スチールはアルミニウムよりも歪みが生じたり変形したりする傾向が少なく、より高い衝撃、応力、圧力に耐えることができます。

高炭素鋼は低炭素鋼よりも硬くて強いため、クロムとモリブデンの含有量を増やすことも全体の強度に寄与し、ステンレス鋼の強度がさらに高まります。

4. 耐久性

ステンレス鋼はアルミニウムよりも強いだけでなく、耐久性にも優れています。 非常に腐食性の高い環境でも使用でき、傷がつきにくいです。 この鋼の優れた耐久性は、クロムとモリブデンの濃度が高いことにも起因しています。

ただし、慎重に機械加工を行ったにもかかわらず、アルミニウムは著しく早く腐食し、高応力条件や用途に対応できません。 美観を損なうだけでなく、腐食や酸化は危険な構造上の欠陥を引き起こす可能性があります。

5. 二次的な操作

一般に、スチールはアルミニウムよりも溶接が容易で、より均一な接合が得られます。 鋼は標準的な機器で溶接でき、専門知識はほとんど必要ありません。 アルミニウムの溶接はより難しく、より高度な専門知識が必要です。

ステンレス鋼の熱処理も簡単です。 一部のアルミニウム合金は熱処理できますが、最初に適切な合金を選択する必要があります。

6. コスト

XNUMX ポンドの鋼のコストは XNUMX ポンドのアルミニウムよりも大幅に安くなります。 アルミニウムは鋼よりも軽いため、XNUMXポンド当たりの材料の使用量が鋼よりも多くなります。 これは、アルミニウム XNUMX ポンドが鋼鉄 XNUMX ポンドよりも多くのユニットを生産できることを示しています。 生産されるユニットあたりのコストは同じかもしれませんが、原材料のコストにより、最終的にアルミニウムの方が高価になる可能性もあります。 最終的なコスト分析では、合金の種類も考慮する必要があります。

まとめ

消耗品を選択するときは、以下の手順をガイドとして使用できます。

ステップ 1: 選択する必要があるパイプのタイプを決定します。

ステップ 2: 材料のコストと入手しやすさを考慮します。

ステップ 3: それぞれの種類のパイプの長所と短所を認識します。

ステップ 4: ニーズと好みに基づいて選択します。

ステップ 5: 堅牢性や美しさなど、あなたにとって重要な追加要素を考慮に入れます。

著者 頭の画像
著者 : グネススチール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。