熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い
  1. ホーム » ブログ » 熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い
熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い

熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い

熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板は、どちらも鉄鋼業界で使用される XNUMX つの主要な材料です。 優れた耐食性、高強度、良好な加工性能により、建築、自動車、エネルギー、家電製品などに応用されています。 ただし、両者には違いがあります。 最も大きな違いは、XNUMX つは熱間圧延製造プロセスで作られることです。 もう一方は冷間圧延プロセスによって製造されます。 これは、その後、耐食性、耐久性、特性、使用法、価格に異なる影響を与えます。 今すぐ続きを読んでください。

ステンレス鋼板: 熱間圧延 vs.. 冷間圧延

熱間圧延と冷間圧延は、製品の製造に使用される XNUMX つの異なる製造プロセスです。 ステンレス板。 各プロセスには、さまざまな用途に適した独自の特性と重要な機能があります。 比較すると、熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の主な違いは次のとおりです。

1. 定義

熱間圧延ステンレス鋼板は、ステンレス鋼のスラブを高温にさらし、目的の厚さに圧延することによって作成される鋼の一種です。

冷間圧延ステンレス鋼板は、熱間圧延したステンレス鋼板に追加の冷間圧延および焼鈍処理を施すことによって作成される鋼の一種です。

2. 製造プロセス

熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の主な違いは製造工程にあり、前者は熱間圧延、後者は冷間圧延です。

熱間圧延ステンレス鋼板は、熱間圧延プロセスによって製造されます。 ステンレス鋼のスラブを再結晶温度以上に加熱し、その後、所望の厚さに圧延することによって製造されます。

冷間圧延ステンレス鋼板は冷間圧延加工により製造されます。 熱間圧延したステンレス鋼板を、一連の冷間圧延と室温での焼きなましの工程を経てさらに加工することによって製造されます。

熱間圧延と冷間圧延

3. 外観

製造プロセスが完了すると、最初に外観のいくつかの違いが見つかることがあります。

HR ステンレス鋼プレートは、通常、わずかに丸みを帯びたエッジを備えた、粗くて鱗状の質感を持っています。 このテクスチャーは、圧延プロセス中の高温の結果、鋼が酸化してスケールの層が形成された結果です。 その結果、熱間圧延されたステンレス板は、冷間圧延されたステンレス板と比較して、滑らかさや光沢が劣った外観になります。

CRステンレス鋼板は、熱間圧延板に比べて滑らかで磨き上げられた質感を実現します。 冷間圧延加工により、熱間圧延されたステンレス鋼板の表面に存在するスケールや不純物が効果的に除去され、きれいで洗練された外観が得られます。 また、平面度、真直度にも優れています。

4. 耐食性

熱間圧延ステンレス鋼板は冷間圧延ステンレス鋼板よりも耐食性が高いことがわかりました。 冷間圧延ステンレス鋼板に追加加工を施すと、板自体の表面に一定の損傷が生じ、耐食性が低下します。

熱延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違い

5.  耐久性

したがって、熱間圧延ステンレス鋼板は、通常、冷間圧延ステンレス鋼板よりも耐用年数が長くなります。

6. 機械的性質

それらは、硬度、引張強さ、成形性の点で異なる機械的特性を示します。

硬さ: 冷間圧延ステンレス鋼板は、熱間圧延したステンレス鋼板を冷間圧延機でさらに加工することにより、寸法精度を維持しながら強度と硬度を高めたものです。

引張強度: 熱間圧延ステンレス鋼板は、熱間圧延プロセスにより、冷間圧延されたステンレス鋼板よりも高い引張強度と降伏強度を備えています。

成形性: 熱間圧延ステンレス鋼板は、優れた成形性で高く評価されており、さまざまな用途の要件に応じて簡単に成形、溶接、曲げることができます。 冷間圧延プレートは、追加の加工ステップが必要となるため、成形性が低下する場合があります。

熱間圧延ステンレス鋼板

7. アプリケーション

それぞれのタイプは、異なる特性により独自の用途を持っています。

熱間圧延ステンレス鋼プレートは、高い強度、耐久性、および堅牢な性能を必要とする用途への適合性が必要な用途によく使用されます。 そのため、建設、自動車、製造、機械、エネルギー業界で広く使用されています。

冷間圧延ステンレス鋼板は、滑らかで磨かれた外観で知られており、美的魅力と精密エンジニアリングを必要とする用途に適しています。 これらは、家庭用電化製品、装飾品、精密工学部品、エレベーターに多く応用されています。

8. 費用

冷間圧延ステンレス鋼板は、追加の加工が施されているため、一般に熱間圧延されたステンレス鋼板よりも高価であることに注意することが重要です。

熱間圧延ステンレス鋼板は、成形性に優れ、さまざまな厚さとサイズが幅広く入手できるため、一般的により手頃な価格です。

冷間圧延ステンレス鋼板

要約

つまり、熱間圧延ステンレス鋼板と冷間圧延ステンレス鋼板の違いを理解することは、鋼を扱うことが多い人にとって非常に重要なステップです。 これにより、鉄鋼関連のエンジニアリング プロジェクトの円滑な進行が大幅に促進されます。 冷間圧延ステンレス鋼板と熱間圧延ステンレス鋼板のどちらかを選択する場合は、上記の詳細を考慮するか、 弊社の技術チームにお問い合わせください 助けて。

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、中国の信頼できるステンレス鋼のメーカー、サプライヤー、輸出業者です。 製造する製品には、ステンレス鋼パイプ、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼板、ステンレス鋼形材、ステンレス鋼箔、ステンレス鋼継手が含まれます。 これまでに同社の製品は120カ国以上に輸出され、1000以上のプロジェクトに貢献し、国内外の多くの顧客に支持されています。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。