ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く
  1. ホーム » ブログ » ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを解読する
ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く

ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを読み解く

ステンレス鋼は、その優れた耐食性、多用途性、美的魅力により、現代工学の驚異に欠かせない金属素材となっています。 家電製品や自動車部品から重機や建築物に至るまで、さまざまな業界で高い需要があります。 ステンレス鋼の領域に深く入る前に、XNUMX つの主要なタイプのステンレス鋼、ステンレス鋼板とステンレス鋼板の違いを理解することが不可欠です。 これらは最終的には同じ製品を指しますが、定義、特性、製造、用途の点で多少の違いがあります。 さあ、見てみましょう!

まずはステンレス鋼板を理解しよう

ステンレス鋼板の定義と特徴

ステンレス鋼板は、ステンレス鋼を平らに薄くしたものです。 これは主に鉄と、最低 10.5 質量%のクロム含有量で構成されており、表面に不動態皮膜と呼ばれる保護層を形成します。 この皮膜により酸化や腐食を防止するステンレス鋼板は、衛生的、美しさ、寿命が要求されるさまざまな用途に最適な素材です。

ステンレス鋼シートには、オーステナイト系 (304、316)、フェライト系 (430)、マルテンサイト系 (410)、二相系 (2205) などのさまざまなグレードがあります。 各グレードは、さまざまな環境や要件に適合する独自の特性を備えています。 例えば、オーステナイト系ステンレス鋼板は非磁性で成形性に優れ、フェライト系ステンレス鋼板は応力腐食割れに対する耐性が優れています。

304 薄いステンレス鋼シート

製造工程と厚みのばらつき(最大6mm)

薄いステンレス鋼板の製造工程は、 冷間圧延。 冷間圧延プロセスでは、ステンレス鋼コイルが室温で一連のローラーを繰り返し通過します。 この圧縮によりシートの厚さが減少し、同時に表面仕上げが向上します。 その後、切断加工を行い、お客様のご要望に応じたステンレス鋼板を製作いたします。 冷間圧延により、メーカーは正確な寸法 (最大 6 mm) と一貫した機械的特性を備えた薄いステンレス シートを製造できます。

冷間圧延ステンレス鋼板

ステンレス鋼板の一般的な用途

ステンレス鋼シートは、その多用途性と次のような独自の特性により、さまざまな業界で幅広く使用されています。

厨房機器および調理器具: 衛生的で耐食性があるため、厨房機器や調理器具の製造によく使用されます。 洗練されたカウンタートップから耐久性のあるシンクやテーブルに至るまで、家庭用および業務用キッチンに魅力的で長持ちするソリューションを提供します。

自動車産業: 自動車産業では、ステンレス鋼板がさまざまな用途に利用されています。 これらは、排気システム、エンジン、サイレンサー、触媒コンバーター、車両フレーム、トリム部品などの製造に利用できます。ステンレス鋼シートが示す高温および耐腐食性により、過酷な条件下でも寿命が保証されます。

建築構造および装飾用途: 屋内および屋外の両方の設置を含む建築用途にも理想的な選択肢です。 建物の外装ファサードから、壁パネル、エレベーターのドア、手すり、装飾スクリーンなどのインテリア デザイン要素に至るまで、ステンレス鋼シートは、現代的な美的魅力と耐候性効果とともに、優れた耐久性を提供します。

台所用品

次にステンレス鋼板を探索する

ステンレス鋼板の定義と性質

A ステンレス鋼板 平らで長方形のステンレス鋼片で、通常はステンレス鋼シートよりも厚いです。 これは主に炭素、クロム、およびマンガン、ニッケル、モリブデンなどの他の元素で構成されています。 これらの追加要素により、化学反応、熱、圧力に対する耐食性が向上し、過酷な環境におけるプレートの性能が向上します。

さらに、 ステンレス鋼板 優れた強度、長寿命、耐腐食性能でよく知られています。高い引張強度や優れた耐衝撃性などの優れた機械的特性を発揮します。また、重い負荷や極端な温度/条件下でも形状を維持できます。ステンレス鋼の金属プレートも同様に、滑らかで光沢のある表面仕上げにより、優れた美的で魅力的な表面を提供します。

厚手のステンレス板

製法と厚み範囲(6mm以上)

ステンレス鋼板は通常、熱間圧延と呼ばれる工程を経て製造されます。 これには、大きな金属スラブを再結晶温度以上に加熱し、ローラーの間を複数回通過させて目的の厚さを達成することが含まれます。 熱間圧延技術は、材料を成形するだけでなく、プレート全体の粒子構造を微細化します。 また、材料から残留応力や不完全性を取り除くことができるため、均一性が高まり、機械的品質が向上します。

ステンレス鋼板の厚さの範囲は主に約 6 mm (0.24 インチ) から数インチまでです。 顧客の特​​定のプロジェクト要件に基づいてカスタム サイズを作成できます。

熱間圧延ステンレス鋼板

ステンレス鋼板の一般的な用途

ステンレス鋼板は強度、耐久性、見た目の良さから様々な業界で使用されています。 錆びにくいのも特徴です。 一般的な用途には次のようなものがあります。

機械産業: ステンレス鋼プレートは、極端な条件や腐食環境に耐えることができるコンポーネントの製造に使用されます。 たとえば、石油・ガス探査機械、化学処理装置、食品容器、鉄鋼製造機械、貯蔵タンク、その他同様の品目の製造に使用できます。

造船産業: ステンレス鋼板は、過酷な海洋環境に耐えられる頑丈な船体を提供することで、船舶の建造において重要な役割を果たしています。 また、耐久性、強度、耐食性が最重要視されるデッキや隔壁の作成にも使用されます。

建設分野: ステンレス鋼板は、その耐荷重能力と気象条件による腐食に対する耐性により、橋の建設に応用されています。 強度が重要な建物の構造支持体としても使用されます。

化学処理装置

ステンレス鋼板 vs. ステンレス板、何が違うの?

上でステンレス鋼のシートとプレートを紹介したことから、それらの間には実際にいくつかの違いがあることがわかります。 それらは次のような側面で具体化できます。

厚さのばらつき: SS シートは通常 SS プレートよりも薄い

ステンレス鋼のシートとプレートを区別する重要な要素の 0.4 つはその厚さです。 シートは一般に、厚さわずか 6 mm の極薄スライスから約 XNUMX mm までのスリムな形状で知られています。 これらの薄いシートは、ステンレス鋼コイルが一連のローラーを通過してゲージを徐々に小さくする冷間圧延法を使用して製造されます。

一方、プレートは、厚さの点でシートが終わるところから始まります。 厚さは数インチになる場合があり、通常は熱間圧延プロセスを通じて作成されます。 この方法では、ステンレス鋼のスラブを再結晶温度以上に加熱し、頑丈なローラーに通して目的の寸法を実現します。 熱間圧延プロセスにより、プレートは優れた構造的完全性を備えているため、強度と耐久性の向上が必要な用途に最適です。

サイズ寸法: SS プレートは一般に SS シートより大きい

厚さの違いとは別に、それらの間のもう 4 つの大きな相違点は、サイズ寸法にあります。 シートは通常、8×XNUMX フィート以下などの標準サイズで入手できるため、さらに切断したりカスタマイズしたりする必要がなく、さまざまな用途に便利です。

対照的に、プレートはサイズのカスタマイズに関してより高い柔軟性を提供します。 プラズマ切断やウォータージェット切断などの技術を使用して、特定のプロジェクト要件に応じてさまざまな形状や寸法に切断できます。 プレートのサイズを調整できるため、正確な測定が重要な役割を果たすさまざまな業界や設備に適しています。

製造ディ多様性:SSシートは冷間圧延、SSプレートは熱間圧延

上で説明したことから、ステンレス鋼シートは通常、より薄く光沢を出すために冷間圧延されることがわかります。 対照的に、ステンレス鋼板は厚さが 6 mm を超えるため、冷間圧延技術が低くなる可能性があります。 したがって、プレートは熱間圧延されることがよくあります。 それらの異なる製造方法も、それぞれの応用分野の基礎を築きます。

中古欲求不満: SS プレートは SS シートよりも重い分野で多く使用されます

ステンレス鋼板は主に家庭用電化製品、キッチン用品、自動車部品、建築に利用されていますが、ステンレス鋼板は石油やガス、建設などの業界の重機部品でも輝きます。 造船業界では、ステンレス鋼板の強度、耐食性、過酷な海洋条件に対する弾性特性により、耐久性のある船体、甲板、隔壁を構築する際にもステンレス鋼板を利用しています。

今日では、ステンレス鋼板もステンレス鋼板も、その優れた特性とさまざまな業界での幅広い用途により、私たちの日常生活に欠かせないものとなっています。

最高のステンレス鋼板

まとめ

結論として、特定のプロジェクトや用途に合わせてステンレス鋼シートを選択する場合、ステンレス鋼シートとステンレス鋼プレートの違いを理解することが重要です。 ステンレス シートは極薄スライスから厚さ約 6 mm までの薄いプロファイルに優れていますが、より大きな強度と耐久性が必要な場合は、シートの最大厚を超えて数インチに及ぶステンレス プレートが代用されます。 さらに、ステンレス鋼シートは標準サイズで入手できることが多く、便利でコスト効率の高いソリューションが得られます。 一方、ステンレス鋼プレートは、特定の寸法要件を満たすためのカスタマイズをサポートします。 これらの違いを受け入れることで、建設、造船から自動車、厨房製造に至るまでの業界が、性能基準に基づいて十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。 まだ疑問がある場合は、 グニー・スティール 助けます。

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、中国の信頼できるステンレス鋼のメーカー、サプライヤー、輸出業者です。 製造する製品には、ステンレス鋼パイプ、ステンレス鋼コイル、ステンレス鋼板、ステンレス鋼形材、ステンレス鋼箔、ステンレス鋼継手が含まれます。 これまでに同社の製品は120カ国以上に輸出され、1000以上のプロジェクトに貢献し、国内外の多くの顧客に支持されています。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。