301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書
  1. ホーム » ブログ » 301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書
301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書

301 ステンレス鋼コイル: 使用説明書

301ステンレスコイルは304ステンレスコイルよりも若干価格が安いコイルです。 高強度、適度な耐食性、良好な加工性を備えた焼入性のオーステナイト系ステンレス鋼です。 オーステナイト系ステンレス鋼コイルの中で最も広く使用されています。 優れた耐食性、優れた延性、高い表面仕上げ、高強度などの特性により、さまざまな用途に最適です。

301 ステンレス鋼コイルの応用

301ステンレス鋼 耐摩耗性、耐食性、高強度、成形性に優れ、様々な用途に使用されています。

スプリングとファスナー

301 ステンレス鋼は、ばねの製造に一般的に使用され、高強度と優れた弾性により、コイルばね、板ばね、皿ばねなどの用途の製造に非常に適しており、ねじ、ボルトなどの留め具の製造にも使用されます。 、ナッツ類。

自動車部品

自動車産業では、車のトリム、排気システム、クランプ、ブラケット、および過酷な条件にさらされるその他の部品に使用できます。

キッチン用品と家電製品

台所用品、調理器具、電気ハウジング、電化製品、シンク、オーブン、冷蔵庫の部品、装飾部品などの製造に使用されます。

航空宇宙コンポーネント

航空宇宙産業では、航空機の構造、ファスナー、チューブなど、高強度、良好な成形性、耐食性が必要なコンポーネントに 301 ステンレス鋼が頻繁に使用されています。

航空宇宙部品

電子部品

301 ステンレス鋼コイルは、コネクタ、端子、スプリングなどの電子部品の製造によく使用されます。

医療機器

手術器具、歯科用器具、歯列矯正用ブラケット、医療用スプリングなどに広く使用されています。

産業用アプリケーション

産業用途で一般的に使用されるのは、コンベヤー ベルト、ブレード、建築構造物、化学処理装置、貯蔵タンクなどです。

これらは 301 の多くのアプリケーションのほんの一例です。 ステンレス鋼コイル。さらに、ステンレス製のゴミ箱、ステンレス製の車の杭、ステンレス製の手すり、その他の一般的な公共施設もいたるところにあります。

301 冷間圧延ステンレス鋼コイル

301 冷間圧延ステンレス鋼コイルが一般的に使用されます。 ステンレス鋼コイル 冷間圧延プロセスによって作られます。 準安定オーステナイト系ステンレス鋼であり、完全固溶状態では完全なオーステナイト組織をとります。 ステンレス鋼の中で、301 は最も冷間変形しやすい鋼です。

ステンレススチールコイル

1。 特徴

  • 優れた耐食性
  • 高強度
  • 優れた処理パフォーマンス

2。 応用

  • 電子製品
  • 自動車部品
  • キッチン
  • 建物の装飾
  • 製造

3。 予防措置

301 冷間圧延ステンレス鋼コイルを購入および使用する場合は、次の点に注意する必要があります。

  • 仕様と寸法: 厚さ、幅、ロール重量などの特定のニーズに応じて、適切な仕様と寸法を選択します。
  • 表面処理: 2B、BA、No.4 などのさまざまな表面処理方法を選択して、目的の装飾効果や表面品質を得ることができます。
  • 品質認証: 購入した 301 冷間圧延ステンレス鋼コイルが関連する品質基準と認証要件を満たしていることを確認します。

熱間圧延ステンレス鋼コイル

熱間圧延ステンレス鋼コイルとは、熱間圧延プロセスによって製造されたステンレス鋼コイルを指します。 あ ステンレス鋼 シートまたはビレットは高温に加熱され、その後一連のロールに通されて、目的の厚さと形状が得られます。

熱間圧延ステンレス鋼コイル

1。 特徴

  • コスト効率の高い生産: 熱間圧延は、ステンレス鋼コイルを大量に生産するコスト効率の高い方法です。
  • 機械的特性の向上: 熱間圧延プロセスは、ステンレス鋼の機械的特性の向上に役立ちます。

2。 応用

  • 公共ステンレス施設
  • 自動車部品
  • 家庭用器具
  • 化学製造

3.考慮事項

熱間圧延ステンレス鋼コイルを扱う場合は、次の要素を考慮することが重要です。

  • 表面仕上げ: 熱間圧延されたステンレス鋼コイルの表面は通常わずかに粗く、望ましい表面品質を得るには酸洗や研磨などのステンレス鋼コイルの表面を準備する追加の手順が必要です。
  • 寸法公差: 熱間圧延ステンレス鋼コイルについては、指定された寸法公差を遵守することが重要です。
  • 耐食性: 熱間圧延ステンレス鋼コイルの耐食性は、冷間圧延コイルに比べて低下する可能性があります。 ステンレス鋼.

301 または 304 ステンレス鋼コイルはどちらが優れていますか?

ステンレススチールコイル2

301 の国家規格は 1Cr17Ni7、304 の国家規格は 0Cr18Ni9 です。 これら XNUMX 種類のステンレス鋼コイルは、市場で最も人気があり、一般的なステンレス鋼コイルです。

304 鋼と比較して、301 材料は C 含有量が多く、Cr および Ni 含有量が少ないです。 304は汎用ステンレス鋼で、高い耐食性と成形性が必要な機器や部品の製造に広く使用されています。 301ステンレス鋼は、変形させると明らかな加工硬化現象を示し、より高い強度が求められる様々な場面で使用されます。

一般に、304 ステンレス鋼は全体的な性能が優れており、広く使用されているステンレス鋼です。 しかし、耐摩耗性の観点から見ると、炭素含有量が 301 よりもはるかに多い 304 の方が優れています。また、同じ厚さおよび硬度の条件では、304 の価格は 301 よりわずかに約 1,000 元/トン高くなります。 。

301 ステンレス鋼と 304ステンレス鋼 それぞれに独自の特性と利点があり、どれを選択するかは特定のアプリケーションと要件によって異なります。 高強度と硬度、そして経済性が求められる場合には、301 ステンレス鋼コイルが最良の選択となります。

中国 301 ステンレス鋼コイル メーカー

ステンレススチールコイルメーカー

  グニー・スティール グループは、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。 安港鋼鉄などの多くの鉄鋼企業に依存しており、造船プレート、圧力容器プレート、橋床版などを含む幅広い製品を取り揃えています。また、パイプ、バー、エンジニアリング設計と製造、および包括的なステンレス鋼ソリューションも提供しています。サービス。 世界中の600社以上の企業と協力しており、年間輸出能力は80,000万トンを超えています。 Gnee Steel Group を選択すると、プロフェッショナルで信頼できる鉄鋼サプライ チェーン パートナーを選択することになります。

著者 頭の画像
著者 : グニー・スティール Gnee Steel は、主に鋼板、コイル、プロファイル、屋外景観の設計と加工に従事する専門のサプライチェーン企業です。 15 年間の発展を経て、同社はセントラル プレーンズにおける国際的な鉄鋼サプライ チェーンの大手企業になりました。

グニー・スティール -グニー鋼輸出ステンレス鋼会社

  • 当社のカスタマーサービスチームが年中無休でお手伝いいたします。
  • 無料サンプル、カスタマイズ可能、豊富な在庫
  • 必要なものが何であれ、私たちはあなたのためにここにいます。